アニメ ダイの大冒険

【新アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第4話『魔王ハドラーの復活』漫画版(原作)との比較、違い、変更点

新アニメ版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第4話 『魔王ハドラーの復活』漫画版(原作)との比較、違い、変更点、感想記事です。※この記事はネタバレを含んでいます

2020年10月3日(土)AM9:30~新アニメ ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-がスタートしました。

この記事では、漫画版(原作)との変更点を軸に、感想を述べていきたいと思います。

※第4話は、漫画版の第8話「メガネをかけた竜!」第9話「魔王の出現・・・!?」第10話「ハドラーの正体・・・!!」第11話「対決!!ハドラー対アバン」のストーリーでした。

←第3話『勇者の家庭教師』はコチラから

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
『勇者アバンと煉獄の魔王』の単行本がついに発売されました!

注意!この記事はネタバレを含んでいます!

・ダイVSドラゴン(アバン)

①大地斬

漫画では、ダイの初手が"力まかせの剣"とだけの表記でした。

アニメでは、"大地斬"と明言し斬りかかっていきます。(大地斬が力まかせの技であるため、意味は同じですが、より具体的になっていました)

"大地斬"とは明言せず、力まかせに斬りかかる
斬りかかる前に、"大地斬"と明言する

目次に戻る▶▶

②海波斬

漫画では、海波斬の説明に"きとうし"を斬っている描写がありました。また、海波斬を放った後に前述の説明や、アバンに教わる回想がありました。

アニメでは、その様な描写は省略されていました。また、海波斬を放つ前に、アバンに教わる回想シーンがありました。

海波斬の説明に"きとうし"が登場
アバンに教わる回想シーンのみ

目次に戻る▶▶

③アバンの鼻

漫画では、アバンの鼻から血が垂れ、鼻に絆創膏を貼るというシーンがありました。

アニメでは、ダイが"ヒャド"を唱え、出現した氷で鼻を冷やすというシーンに変更されていました。ダイのヒャドは小さい氷しか出せず、その小ささを利用しました。アバンが「ナイスサイズ」と言い、笑いを誘います。

赤い血を流すというのが、テレビ的にはNGだったのでしょうか?小さい氷を「ナイスサイズ」と言ったのには笑いました。

カッコ良くきめたものの、血が垂れてきてしまいます
ダイのヒャドは、小さい氷を出現させるのが精一杯です
鼻を冷やすには丁度いいサイズです

目次に戻る▶▶

キャラクターの必殺技、特徴的なシーンを、アクリルフィギュアで立体再現!「アバンストラッシュ!!」

・ハドラー登場

①海上に出現

漫画では、海上に現れたハドラーに恐れおののく船乗りたちが描かれていました。また、ハドラーがデルムリン島に向けて攻撃しますが、アバンの作った結界に阻まれるというシーンがあります。そこで結界の存在に気付きます。

アニメでは、船乗り、攻撃ともに省略されていました。ハドラーは、すでにデルムリン島の結界に気付いている様子でした。

船乗りたちのそばにハドラーが現れる
誰もいない海上にハドラーが現れる
攻撃するが阻まれ結界に気付く
攻撃はせず結界に気が付いている

目次に戻る▶▶

②上陸

漫画では、アバンたちが洞窟の中にいるため、洞窟の天井に穴が開きそこから登場する。

アニメでは、最初正面から結界の中に侵入しようとし、その後上空から登場します。

洞窟の天井に穴が開き登場する
最初は真正面から侵入してきそうになる
その後、上空から姿を現す

目次に戻る▶▶

③眼力

漫画では、ハドラーの眼力にダイが構え、ポップが怯えます。

アニメでは、ハドラーの眼力によって、突風がおこりました。眼力の強さを際立たせた演出になっていました。

余りにも強い目力に、ただ者ではない事を感じます

突風が起こるほどの目力

目次に戻る▶▶

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!

・ハドラーVSアバン

①対峙

漫画では、人間の命を馬鹿にするハドラーに対して、アバンが「以前にもまして愚劣極まりない性格になった」と言うとハドラーは怒った様子でした。

アニメでは、アバンの言葉に対して特に反応する様子はありませんでした。

魔族であるハドラーからすれば、"愚劣極まりない"というのは当たり前、むしろ誉め言葉という事でしょうか。

アバンの言葉に怒るハドラー
アバンの言葉に特に反応せず

目次に戻る▶▶

②ダイとポップ

漫画では、ダイとポップは洞窟の外へ出るよう言われ、入り口付近に避難します。

アニメでは、そばを離れるよう言われ、岩陰に避難します。

洞窟の外へ避難
岩陰に避難

目次に戻る▶▶

③アバンの弟子たちに対して

漫画では、ハドラーがアバンの後にダイたちを抹殺すると宣言します

アニメでは、アバンの弟子の話は出ますが、抹殺するとは宣言していません

弟子すべてを抹殺と宣言
弟子を抹殺するとは宣言しない

目次に戻る▶▶

④アバンの闘気

漫画では、ハドラーの"ベギラマ"とアバンの"海波斬"の激突のあと、アバンが立ち上がる際に闘気が描かれていました。

アニメでは、特に闘気は描かれていませんでした。

アバンの闘気にたじろくハドラー
闘気の表現なし

目次に戻る▶▶

⑤イオラ

漫画では、ハドラーがダイとポップに攻撃する際、特に呪文名は明言されていませんでした。

アニメでは、攻撃呪文が"イオラ"であった事が明言されていました。

呪文名は不明
呪文名はイオラと明言

目次に戻る▶▶

キャラクターの必殺技、特徴的なシーンを、アクリルフィギュアで立体再現!「アバンストラッシュ!!」VS「イオナズン!!」

まとめ

ハドラーとアバンの戦いが始まりました。

今回もストーリーが変わるような大きな変更はなく、細かい部分の変更のみでした。

目力の描写もそうですが、漫画に比べハドラーのイメージが、より怖く恐ろしいものとなっていました。

漫画に比べてアニメでは、全体的にコミカルな部分が省略されている印象を受けます。

漫画のハドラー、特に初期のハドラーは、驚いたりピンチの時によく鼻水が出ていましたが、アニメではどうなるのでしょうか?

次回は、第5話『アバンのしるし』です

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
『勇者アバンと煉獄の魔王』の単行本がついに発売されました!

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第6話 『あぶない魔導書』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第5話『新天地への旅立ち』はこちらから 今回の内容は ...

-アニメ ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト