漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第312話『死を超えた決着戦』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第312話 『死を超えた決着戦』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 アバンは死んだという、キルバーン。

ミストバーンは、そんな事よりも先ほど彼が言った、正体を知りたいといった言葉が気に入らないようです。

要らぬ詮索は不要と釘を刺してあったと言うミストバーンに対して、キルバーンは「大魔王に協力する義理はあっても、義務はない」という事を忘れては困ると言いました。

数百年前、キルバーンがバーンの前に始めて姿を現した時のことです。

彼は"あのお方"から派遣されたと、バーンの大望の協力者として登場しました。

しかしバーンは、キルバーンという名前から、自身の暗殺者として派遣されてきた事を見抜きます。

そんな物騒な死神であるキルバーンを、バーンは自身の片腕として飼っておく事を決めました。

キルバーンからすれば、ミストバーンの正体がバーンであるとするならば、数百年の間、別人に力を貸してきた事になり、更にはミストバーンとの友情も偽りだったという事になってしまうのです。

ここでキルバーンが呟いた"ミストバーン"という言葉に、一瞬の沈黙のあと、急に怒り攻撃に転じたミストバーン。

それは、キルバーンが彼の事を呼ぶときは"ミスト"のはずであり、偽物であると見破ったからでした。

その予想どおり、キルバーンはアバンが"モシャス"で変身していた、偽物だったのです。

←前回 第311話『影と死神』はコチラから

ここから本文

 

アバンの声を聞いたキルバーンは、ピクピクと不気味に指が動いている、アバンの腕を手に取りました

すると・・・!?

なんとそれは手袋だけであり、中には砂が・・・

そして閃光と共に、アバンとバラバラになったジャッジが姿を現します

しかし、一体何故!?

その答えは、手袋の中の砂でした

その砂は、ムラムーン草を材料に使った、敵に対する目印だったのです

アバンは砂を目印に、"リリルーラ"で後を付けてきたのでした

手袋の中に砂をしのばせ、あえて手を切られるような動きをしたと言うアバン

切られる瞬間に手を引き抜き、手袋ごと現実空間に戻す事に成功したのです

ジャッジに捕まったアバンでしたが、最後の賭けに勝つ事ができました

しかし、キルバーンが驚いているのは、そんな手品の話ではありません

何故、ジャッジの"メガンテ"を食らって、生きているのかという事です

それは、どうやらアバンにも分からないようです

紙一重の奇跡としか言いようがありませんが、生き残ったからには、残る生命を全力でぶつけるのみです!

アバンのスピードに驚愕する、キルバーン!

相当なダメージを負っているはずなのに、何故これほどまでの力が出せるのか!?

死神と呼ばれるキルバーンが、生まれて初めて恐怖を感じていました!!

"ファントムレイザー"を使い切り、ジャッジも失ったキルバーンに、もはや罠は残されていないはずです

「・・・今度こそとどめをっ・・・!」

アバンが止めを刺そうとした、次の瞬間!?

なんとキルバーンは、あろう事か自身の腕を切り落としてしまいました!

しかし、手足や胴が切れても死なない身体だという彼は、正気を失い奇行に走った訳ではありません!!

決して己の身を傷付けない主義のキルバーン

そんな彼が腕を犠牲にしなければならない程、追い詰められたのです!

キルバーンはアバンの事を、流石は大魔王様が認めた男と称賛し、自身最大の必殺技を捧げます!

"バーニングクリメイション"と名付けられたこの技は、キルバーンに流れる魔界のマグマに炎がついた、灼熱地獄に等しい巨大な火球なのです

"アバンストラッシュ"の構えを見たキルバーンですが、恐るるに足らないと一蹴しました!

それだけ、自身の技に自信があるのです!!

しかし、アバンも負けてはいません!

「・・・よく言う!生まれて初めて真剣勝負をするような男がっ・・・!!」

アバンの侮辱をしたような物言いに、怒り心頭のキルバーン!

「ボクはっ・・・あらゆる者の生と死を統括できるっ・・・死の神なんだああっ!!」

キルバーンが灼熱の火球を放つと、なんとアバンは自ら炎に突っ込んでいきました!

その自殺行為ともいえる行動に、キルバーンは喜びを隠せません!

キミの最期に火葬を選んでよかったと、高笑いをしています!!

炎の中から現れたアバン!

なんと!?彼の身体は何一つ燃えていません!!

「さらばだ死神!!」

次回に続く・・・

ファンなら絶対に揃えておきたい!!新装彩録版の全25巻セットです。

まとめ

 ジャッジに捕らわれ絶対絶命のピンチの状態で、アバンは巧妙な罠を仕掛けていたのです。

一か八かの賭けとは言えますが、あの状況でこれだけ機転を利かせ実際に行動に移すとは・・・これはまさに、アバンにしか出来ない芸当ですよね。

しかし、ジャッジの"メガンテ"に巻き込まれたのに、生きていた理由が気になります。

アバンは奇跡と言っていましたが、それだけではかたずけられない"何か"がありそうです。

そして、 "バーニングクリメイション"の中を駆け抜けてこられた事も、普通に考えれば有り得ない事です。

次回以降に明かされるであろう、これらのトリックが気になります。

次回 第313話『裁きは下った・・・!』につづきます。

 




記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第14話 『これが魔王だ』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第13話『炎の再会』はこちらから 今回の内容は、Vジ ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第13話 『炎の再会』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第12話『その名はストラッシュ』はこちらから 今回の内容 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト