漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第72話『勝利!そして・・・』

2020-10-17

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第72話 『勝利!そして・・・』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 ダイは、完成型のアバンストラッシュで見事フレイザードを打ち破りました。

そして、目だけが残ったフレイザード。彼に止めを刺したのは、なんとミストバーンでした。

ミストバーンはフレイザードの最後の火を踏みにじり、どこかへと消えていきました。

その後、中央塔内部に入ったダイたちを待っていたのは、未だ氷漬けのレオナでした。

氷は溶け出しているものの、このまま自然に溶けるのを待っていてはレオナの命はありません。

簡単には溶かせない氷・・・魔弾銃で氷を溶かす作戦にでますが、ポップの魔法力が底をついてしまい八方塞がりかと思われました。

するとダイの額に紋章が浮かび、弾丸にベギラマを込める事に成功します。

見事、氷を溶かしレオナを救い出しますが、魔弾銃は衝撃に耐えかねて壊れてしまいました。

←前回 第71話『さよなら魔弾銃』はコチラから

ここから本文

 

パプニカ神殿跡地では、レオナ奪還を祝してささやかな宴が開かれようとしてました

レオナを救出した後は、マトリフやエイミが気球を修理して迎えに来てくれたそうです

そんな話をしていると、レオナが現れます

レオナはすっかり元気になったようです!

そんなレオナに駆け寄るダイ

レオナの腕を握り、小さい子供の様に喜びます・・・

不穏な空気を感じたダイが見上げると、そこには不満そうな表情を浮かべるレオナの顔が・・・

ダイは素直に喜びを表しただけなのですが、レオナはもっとロマンチックな場面を想像していたのですね

戦いに関してはかなりレベルアップしたダイですが、女の子の気持ちはまだまだよく分かりません

レオナは始めてデルムリン島で会った時に比べ、格段に成長しています

それには理由がありました

どうやらレオナの父であるパプニカ王は、魔王軍の襲撃により亡くなってしまったようです

それ以来レオナは、一人で国民を統制して戦い続けてきました

若干14歳にして一国の王となったレオナ

風格が出るのも無理はありません

そして、ヒュンケルを始めてみたレオナが名前を尋ねます

ヒュンケルは自分の名を名乗りました・・・

魔王軍!?不死騎団長!?

その言葉に、辺りは騒然となりました!

ダイとマァムは、疑いの眼差しを向けられるヒュンケルを擁護します!

不死騎団に国を滅ぼされた、皆の気持ちはよく分かります

しかし、今のヒュンケルは一緒に戦ってくれた仲間なのです

必死に訴えかけるダイたちですが、当のヒュンケルは罰を受けるつもりです

そのために、あえて不死騎団長を名乗ったのでしょう

ヒュンケルは、レオナに自分への裁きを委ねます・・・

レオナの下した判決は、生きる事でした!

但し、ただ生きるだけではなく、アバンの使徒として生きる事・・・

それは正義と愛と友情のために、ダイたちと共に命をかけて戦うことを意味します!

そして、過去にとらわれて歩みを止める事を禁じました

レオナの寛大な言葉に、ヒュンケルの目から涙がこぼれます・・・

心のつかえがとれたヒュンケルは、心おきなく戦える事でしょう

その頃、クロコダインは人気のない物陰で、一人祝杯を上げていました・・・

そこへバダックが現れます

ずいぶんと探したというバダック

クロコダインは、怪物である自分が皆と酒を飲むのはどうか?と遠慮していたようです

勝利の立役者に、人間も怪物もない!

そう言って、バダックはクロコダインと乾杯します

宴も最高潮を迎え、マトリフの歌声が響く中、レオナも随分と酔いが回っているようです

そんな中、マァムがヒュンケルの方に目をやると、彼の姿がありません・・・

マァムが辺りを探していると、ヒュンケルの後ろ姿を見つけました

クロコダインと共に、どこかへ出かけようとしているヒュンケル

彼らは、ある場所へと向かっていました・・・

魔王軍の動向をさぐるために、鬼岩城へと偵察にいくという二人

大勢でいくと目立つため、二人だけでいくつもりです

ヒュンケルとの別れに、少し寂しそうな表情を見せるマァムでした

一方その頃、カール王国では、竜騎将バラン率いる超竜軍が猛威を振るっていました!

難攻不落と言われたカール王国を、たったの5日で壊滅させたバラン・・・

同じ六大団長であるザボエラでも、恐怖さえ感じています

ダイの強さに興味を持つバランは、ザボエラにその様子を尋ねます

額に紋章が輝くと、すさまじい底力を発揮する・・・

それを聞いたバランは、急に激怒しました!!

紋章について詳しく尋ねるバラン!

竜の紋章と竜騎将バラン・・・

これらの関係は一体・・・!?

次回に続く・・・

まとめ

パプニカ城跡で行われてた、レオナ奪還を祝した宴。

ヒュンケルは、皆の前で自分が不死騎団長であった事を告白しました。

包み隠さず全てをさらけ出したヒュンケルは、自分の罪を死をもって償う覚悟でした。

黙っていれば何事もなく過ぎていく・・・しかし、真っすぐな性格のヒュンケルには、そんな事はできなかったのだと思います。

そして、それを寛大に受け止め、その先の道を示したレオナ。若干14歳にして、この風格は誰にでも真似できるものではありません。

ダイに竜の紋章が浮かぶ事を知り、全てを悟った様子の竜騎将バラン。彼の言う、ハドラーの企みとは?

次回 第73話『マァムの決意』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
全巻カバーイラストを稲田浩司先生が新規描き下ろし!連載時のカラーページを再現収録!ダイの大冒険ファンなら持っておきたい一冊です!

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

-漫画 ダイの大冒険

© 2020 ゲームアニメJサイト