漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第209話『恐怖の切り札!!』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第209話 『恐怖の切り札!!』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 不屈の闘志で立ち上がったダイ。

彼は、力が正義だと言うバーンに対し、絶対に間違っていると断言します。

そんなダイの熱い想いに、倒れていた仲間たちも立ち上がりました。

そして、ダイのアバンストラッシュと、バーンのカイザーフェニックスがぶつかり合いましたが、見事ダイは切り裂く事に成功します。

その後、即座に放たれた第2撃をも切り裂いたダイに対し、バーンはイオラの連打を浴びせかけました。

無数のイオラを弾きながら後ずさりするダイ。しかし彼は、叫び声を上げると同時に全ての呪文を弾き返します。

そして、爆煙で視界を遮られたバーンに、ダイの渾身のアバンストラッシュがクリーンヒットしました。

←前回 第208話『恐怖の切り札!!』はコチラから

ここから本文

 

ダイのアバンストラッシュにより、バーンは黒焦げになったまま、その場に倒れました!

まさかの大逆転に、仲間たちは大喜びです!!

今の内に、ダイを回復しなければなりません

ポップの指示にマァムが反応すると、突如!?バーンの身体が光はじめました

その光は、なんと"ベホマ"の光です

そして・・・!?

不死鳥のごとく蘇ったバーン

彼は、身をもって竜闘気の恐ろしさを実感しました

そして、素手では勝てないと結論付けます

「・・・余も使わせてもらうぞ・・・」

そう言ってバーンが手をかざすと、そこに異次元へと続く穴が現れます

どうやら彼愛用の、伝説の武器があるようです・・・

一方、ロンベルクは天に轟く轟音を聞き、バーンが最強の武器を手にしようとしている事に気付きます

しかし、何故そんな事が・・・

なんと!?ロン・ベルクは、バーンの武器を作ったのは自分だと言います!

大魔王バーンが、次元の狭間から取り出した武器・・・それは"光魔の杖"と呼ばれる、禍々しい形をした杖でした!

両者が同じロン・ベルクが作った武器を使えば、その者の本来の強さが勝敗を決する

ロン・ベルクはもともと魔族です

そんな彼は、遥か昔にバーンにいくつかの武器を献上しました

その中でバーンが選んだのが、"光魔の杖"であったのです

そしてその"光魔の杖"は、"理力の杖"と同じように魔法力を打撃力に帰る武器だそうです

しかし、"光魔の杖"には力の限界がありません

膨大な魔力を持つバーン手にした時のみ、その杖は最強最悪の武器へと変わるのです

バーンの掛け声と共に、彼の魔力を吸い出した"光魔の杖"

そしてその杖の先端からは、光の刃が出現しました!

剣を握るダイの手に力が入ります

地上最強の剣が負けるわけない・・・

ダイは渾身の力を込めて、その剣をバーンに振りかざしました!

すると!?

なんとダイの剣が真っ二つに折れてしまいました!

しかもバーンは、両手で杖を持ち防御しただけです!!

次回に続く・・・

まとめ

 アバンストラッシュの直撃を受けたバーンは、素手では勝てないとダイの強さを認めていました。

冷静に明いての強さを分析し、その結果から自身も武器を取るなど、流石に強さだけでなく知性も持ち合わせているようです。

そして、バーンが手にした"光魔の杖"は、膨大な魔力を誇るバーンが扱うからこそ、最強最悪の武器となるようです。

まさに、バーン専用の武器といった所です。

同じロン・ベルクが作った、"ダイの剣"と"光魔の杖"・・・使う者の実力が試される戦いを制したのは、バーンでした。

剣が折れてしまったダイに、果たして勝機はあるのでしょうか・・・!?

次回 第210話『折れたる剣・・・!!!』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第8話 『ガンガディアの戦慄』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第7話『激突・超呪文』はこちらから 今回の内容は ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第9話 『第二の必殺剣』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第8話『ガンガディアの戦慄』はこちらから 今回の内容は ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト