漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第245話『逆転!!女王の死角』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第245話 『逆転!!女王の死角』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 ロン・ベルクが作った"魔甲拳"は、ヒュンケルの"鎧の魔槍"と同じく鎧化する武器でした。

完璧な魔法防御を誇るその鎧は、"サウザンドボール"を簡単に防ぐ事が出来ました。

そして、マァムのスピードに乗せればオリハルコンを砕く事も出来ます。

しかし、スピードで上回るアルビナスに翻弄されてしまいます。

そこで彼女は、もう一つの武神流奥義である"猛虎破砕拳"を使う事を決意しました。

諦めずに向かってくるマァムに、アルビナスはそのスピードを活かした攻撃を繰り出します。

それは、彼女の周りを高速で動き、一刺し加えてまた離れるヒットアンドアウェーを繰り返し、マァムの体力を奪うという作戦でした。

←前回 第244話『愛の超激突!!!』はコチラから

ここから本文

 

アルビナスの凄まじいスピードに、手も足も出す事が出来ないマァム

彼女の出会った敵の中でも、そのスピードは群を抜いています

「・・・女王はうかつに動かぬのが定石・・・」

アルビナスの言葉を思い出したマァムは、はっとしました

そして、ネイル村での出来事を思いだ出します

これしかないと覚悟を決めたマァムは、無防備にも大の字になって寝ころびました

それを見て彼女が諦めたのだと思ったアルビナスは、最後の一撃をお見舞いするつもりです!

そしてアルビナスがマァムの胸元に向かった、次の瞬間!?

凄まじいスピードで迫ってきたアルビナスに、マァムが砕いた破片が無数に突き刺さりました!

彼女は、彼女自身のスピードによってその威力を生み出してしまったのです!!

身体中がボロボロになりながらも、まだ諦めてはいないアルビナス

しかし、そのスピードは半減しています!

今ならアルビナスの動きがハッキリと見えるマァムは、最後の一撃を放ちました!!

武神流奥義奥義"猛虎破砕拳"の破壊力によって、アルビナスの胸元に大きな風穴を空きました!

どうやらこれで、勝負あったようです!!

もう立つ事も出来ないアルビナスは、素直に負けを認めました

核を貫かれた彼女の身体は、もう間もなく爆発してしまいます

こうするしかなかったと謝るマァムでしたが、気に病む必要はないと言います

マァムの方が力だけでなく、"誰かのために"という気持ちが強かっただけだと・・・

そして、作られた駒である自分たちでは、"想い"の強さで人間にはかなわないと・・・

私の代わりに、あの方の勇姿を見届けてほしいと、爆発する寸前に、アルビナスは言いました

彼女はやはり、女性だったのです

アルビナスのハドラーに対する"想い"

それは・・・

次回に続く・・・

まとめ

 アルビナスは、自身の凄まじいスピードによってある意味、自滅したような形となりました。

恐らく彼女は、その危険性がある事を知っていながらも、ハドラーのために前線へと出て行ったのでしょう。

やはりアルビナスはマァムの言う通り、ハドラーに対して"愛"という感情を抱いていたようです。

なんとか打ち勝つ事が出来たマァムですが、他の仲間たちは無事なのでしょうか・・・!?

次回 第246話『想いよ走れ・・・!!』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第9話 『第二の必殺剣』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第8話『ガンガディアの戦慄』はこちらから 今回の内容は ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第10話 『海に消えた勇者』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第9話『第二の必殺剣』はこちらから 今回の内容は、 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト