漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第311話『影と死神』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第311話 『影と死神』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 迫りくる光の矢に対し、手をかざしたミストバーン。

彼はなんと、"メドローア"をポップたちの方へと弾き返してしまいました。

ポップとブロキーナを失った一同は、もはやミストバーンを倒す術を失い、絶望に打ちひしがれます。

どうやらミストバーンは、"フェニックスウイング"という、あらゆる呪文を弾き返す禁断の技を使ったようです。

ヒュンケルはこの"フェニックス"という言葉に、ミストバーンがバーンである事に気が付きます。

ヒュンケルに謎を解き明かされたミストバーンは、彼らを始末しようと手をかざしました。

そこへ、ボクもキミの正体を知りたいと、キルバーンが現れます。

←前回 第310話『戦慄の事実・・・!!!』はコチラから

ここから本文

 

アバンは死んだと言う、キルバーン

彼はその事実が信じられないマァムたちに、落ちていたアバンの腕を証拠として持ってくればよかったかと、嬉しそうに尋ねました

ポップとブロキーナに続き、アバンまでもを立て続けに失ったマァムは、耳を押さえながら発狂しています

しかし、ミストバーンには、そんな事よりも気になる事があります

彼は、先ほどキルバーンが言った言葉が気に入らないようです・・・

キルバーンは、ミストバーンがこの姿で闘う所を、この数百年の間に何度か見た事があるようです

そして、その時にも釘を刺されていました

いらぬ詮索は無用と・・・

いかにキルバーンでも、この姿の真の意味を知れば、生命はない!

それはミストバーンでも同じ事であり、だからこそキルバーンは、以前パプニカで姿を晒そうとした時に、彼を殺そうとしたのです

それなのに何故!?

しかし・・・

「そちらこそ、忘れてもらっちゃ困るな」

ミストバーンは、思い出しました

キルバーンだけは、全魔王軍の中でも別格だという事を・・・

なんと彼は、大魔王バーンと対等に近い立場にあるのです

ミストバーンは、キルバーンが初めて彼の前に現れた日の事を、未だに忘れないと言います

それは数百年前のある日のこと、バーンの前に1枚のトランプのカードが舞い降りてきました

そして、そのカードは道化師へと変化します

「・・・どちら様が・・・バーン様で・・・?」

その名前にピンときたバーン

「・・・まさか、あやつのッ・・・!」

バーンの予想は当たっていました

彼の特技は暗殺・・・道化の姿も、バーンのためにわざわざコーディネートしてきたようです

あの方からの友情の証として、バーンの大望を実現するために、協力者になれと派遣されてきたと言います

しかし、協力者という言葉に笑うバーン

そんなものは名ばかりであり、バーンが計画をしくじれば、たちどころに彼の暗殺者へと変貌する事は見え見えなのです

そんな物騒な死神を飼っておくのも、一興だと懐の深さを見せるバーン

この瞬間からキルバーンは、ミストバーンと共に大魔王バーンの片腕となったのです

ミストバーンとキルバーンは、対極の性格ながら妙に気が合いました

しかしキルバーンは、自分だけが騙され続けていたと嫌味を言います

当然、彼の言い分も分かります

彼は、自らの主の命により、大魔王に強力していただけ・・・

もし、目の前にいるミストバーンが本物のバーンであるのなら、別人に力を貸していたという事になり、ミストバーンとの友情も偽りだったという事になってしまうからです

「違うのかね?」

一瞬の沈黙のあと、突如ミストバーンは手を上げ、キルバーンを殺しにかかります!

その突然の奇行にキルバーンだけでなく、その場にいた全員が目を疑いました!!

キルバーンは、彼の事を"ミストバーン"とは呼びません!

彼は最初からずっと、"ミスト"と呼んでいるのでした!!

「偽物ッ!正体をあらわせッ!!」

ミストバーンの攻撃が、キルバーンの顔面をかすります!

そして・・・!?

なんと!?そこに現れたのは、死んだはずのアバンでした!!

後から駆け付けてきたと言う彼は、丁度ヒュンケルが謎解きをしている時に到着したようです

そこで、"モシャス"でキルバーンに変身し、秘密を聞き出そうとしていたのでした

「大魔王を助ける義理はあっても、義務はない」

この言葉も、キルバーン本人から拝借したまで

そして、彼がここにいるという事は・・・

次回に続く・・・

ファンなら絶対に揃えておきたい!!新装彩録版の全25巻セットです。

まとめ

 キルバーンの過去が明かされました。

彼は始めてバーンと会った時から、その飄々とした態度は変わっていないのですね。

彼は"あの方"から派遣されたと言っていましたが・・・大魔王を殺そうとしている人物とは、一体誰なのでしょう?

また、バーンも自身の生命を狙っている者を、あえて傍に置いておくとは、その余裕には驚きです。

そして、アバンが生きていました。

しかし彼は、異世界でジャッジの"メガンテ"に巻き込まれて死んだはずです。

ミストバーンの正体や、アバンがなぜ生きていたかなど、分からない謎が増えてきました。

次回以降、それらの謎が解明されていくはずです。

次回 第312話『死を超えた決着戦』につづきます。

 




記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第14話 『これが魔王だ』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第13話『炎の再会』はこちらから 今回の内容は、Vジ ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第13話 『炎の再会』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第12話『その名はストラッシュ』はこちらから 今回の内容 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト