漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第310話『戦慄の事実・・・!!!』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第310話 『戦慄の事実・・・!!!』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 アバンと共に魔王ハドラーと闘った過去を明かした、ブロキーナ。

彼はミストバーンが、何らかの方法で自身に"凍れる時間の秘宝"をかけて、戦闘に応用しているとにらんでいます。

そして、次なる世代を救うために本気を出したブロキーナは、攻撃をかわすだけでなく顔面に連打をぶち込んでいます。

ポップの準備が整うと、ブロキーナはミストバーンを宙に浮かせるため、"武神流土竜昇破拳"を放ちました。

しかし、フルパワー状態が1分しか持たず、不発に終わり捕らえられてしまいます。

このまま"メドローア"を放てば、間違いなくブロキーナは死んでしまいますが、彼はそのまま撃てといいました。

その言葉に、本当にそのまま"メドローア"を放ったポップ。

彼はその後すぐに、"ルーラ"を唱え光の矢を追い抜くと、ブロキーナを救い出しミストバーンの顔面を踏み台にして、飛び上がりました。

体制を崩されたミストバーンは、距離的にも"メドローア"を絶対にかわす事が出来ない状態です。

←前回 第309話『直撃!!極大消滅呪文』はコチラから

ここから本文

 

あの体勢では、絶対によけようがない!

その時、誰もが勝ちを確信しました!!

しかし・・・!?

なんとミストバーンが襲い掛かる光に矢に手をかざすと、そのままブロキーナを抱くポップの方へと弾き返してしまいました!!

信じられない事が起きてしまいました!

まさか、"メドローア"を弾き返すなんて!

そして、宙に浮いていたポップとブロキーナは、跡形も無く消えてしまったのです!!

「・・・終わりだ・・・!」

ヒュンケルがそう呟くと同時に、マァムは膝から泣き崩れてしまいました

他の仲間たちも俯いて、下を見たままです

開き直ったヒムは、煮るなり焼くなり好きにしろと座り込んでいます

彼らの姿を見たミストバーンは、ポップがいかに大きなウエイトを占めていたのかを知りました

キルバーンが言っていた、チームのムードメーカーであり真っ先に倒すべき相手だという、言葉の意味を理解したようです

そして、彼の健闘は尊敬に値すると言うミストバーン

「この私に、フェニックスウイングまでも使わせたのだからな・・・」

あらゆる呪文を弾き返すという、禁断の技"フェニックスウイング"

こればかりは、"メドローア"でも例外ではないようです

しかし、ミストバーンが今の姿で闘う事自体が、禁断の行為だと言うミストバーン

その意味でもポップたちは、称賛に価するのです

ここでヒュンケルの中で、疑問や違和感という点と点が、線に繋がります

・・・フェニックス・・・!不死鳥・・・すなわち!!

情けをかけられるなどという侮辱を味わうぐらいなら、早く殺せと言うラーハルト

今自分が死んでも、必ずダイ様がお前を殺しに行くと捨て台詞を吐き捨てます

そんな彼に、ミストバーンは一瞬で楽にするつもりです

そして、後から来るダイをあの世で待っていろと・・・

なんと!?ヒュンケルは、大魔王バーンを殺す事が不可能であるという事を、否定せず、むしろ肯定しました

ダイにバーンを殺す事は出来ないと言うヒュンケル

なぜならそれは、本物のバーンが彼の目の前にいるからです!!

にわかに信じがたいヒュンケルの発言に、ヒムが食って掛かります!

ミストバーンとバーンが一緒にいる所は、ここにいる誰もが何度も見ているはずだと!!

ヒュンケルは、最初にミストバーンが素顔を見せた時から、その気配が誰かに似ていると感じていました

それは他でもない、大魔王バーンだったのです

その声は若々しい声であれこそ、口調は発音などはバーンと同じだと言うヒュンケル

おまけに、仕草も戦法も全てがバーンに通じる物があると言います

ミストバーンが長年無言を強いられていたのも、万に一つバーンをよく知る相手に聞かれた場合に、共通点を見抜かれる恐れがあったからではないか?

大魔王が黙れぬなら、その影が黙る以外に方法はない!

「ほぼ正解だとだけ言っておこう」

そう言うとミストバーンは、彼ら全員をあの世へ送ろうと手をかざします

すると・・・!?

ミストバーンの背後に、人影が現れます

「・・・そりゃあないよ・・・!」

その人影は、せっかくここまで言ったのであれば、最後まで言わせてあげたまえとミストバーンを説得しました

次回に続く・・・

ファンなら絶対に揃えておきたい!!新装彩録版の全25巻セットです。

まとめ

 まさか、"メドローア"を弾き返してしまうとは・・・もはや、打つ手なしといった所です。

それもそのはず、ミストバーンの正体は大魔王バーンそのものであったのです。

いくら何でも、相手が悪すぎたのですね。

それにしてもポップとブロキーナは、本当に跡形も無く消え去ってしまったのでしょうか?

もし"メドローア"の直撃を受けてしまったのであれば、残念ながらもうこの世にはいないでしょう。

余りにもあっけない最期に、何とか生きていて欲しいと願うばかりです。

そして、ミストバーンだけでも打つ手なしの状況で、キルバーンまで登場してしまいました。

果たしてヒュンケルたちは、この絶対絶命のピンチを脱する事が出来るのでしょうか!?

次回 第311話『影と死神』につづきます。

 




記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第14話 『これが魔王だ』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第13話『炎の再会』はこちらから 今回の内容は、Vジ ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第13話 『炎の再会』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第12話『その名はストラッシュ』はこちらから 今回の内容 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト