ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

【スピンオフ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 外伝 勇者アバンと獄炎の魔王・第9話『第二の必殺剣』

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第9話 『第二の必殺剣』ネタバレ、感想記事です。

←前回、第8話『ガンガディアの戦慄』はこちらから

今回の内容は、Vジャンプ2021年8月号でご覧になれます。

今回の内容は、Vジャンプ2021年8月号でご覧になれます。

単行本第2巻が発売されました!

※ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

・地底魔城にて

地底魔城に戻っていたガンガディアは、キギロにアバンたちと戦った事を話していました。

そして、どうやらハドラーは、アバンたちがホルキア大陸にいると聞いて、場内で大暴れしていたようです。

ガンガディアがなだめた事で、何とか大人しくなったようですが、彼にもその高ぶる気持ちが痛い程わかります。

今や、ハドラー、キギロ、ガンガディアの3人は、それぞれアバンを倒すのは自分だと考えているのです。

キギロと話すガンガディア
ハドラーの高ぶる気持ちが分かります

しかし、ガンガディアが再度ハドラーの元を訪れると、彼の姿はありませんでした・・・

目次に戻る▶▶

・巨大ガニラスとの戦い

一方、ウルス村を訪れていたアバン一行は、とてつもなく巨大なガニラスと戦闘中でした。

マトリフの呪文で動きが止まったガニラスに、アバンは以前ハドラーとの戦いで見せた剣技を放ちました。

後の"アバンストラッシュ"です。

その後、レイラの"ピオラ"で素早さの上がったロカが、"豪破一刀"で止めを刺します。

まだ完成形ではありませんが、この威力です
エビルマージを倒した技です

目次に戻る▶▶

・マトリフの読み

町の近くの森で、キャンプを設営した一行。

スケベなマトリフが、レイラの背後から身体を触ろうと近寄りますが・・・

そんな事はお見通しの彼女は、軽くいなしてしまいます。

娘のマァムは触られた後に腕力で仕返ししていましたが、レイラは触る事さえさせません。

こんな言われ方をすれば、手は出しにくいですね
マァムは簡単に触られてしまいます
中々のやり手です
その後に腕力で仕返ししますが・・・

先ほどとは一変、今度はマトリフが真剣な話をします。

ヨミカイン魔導図書館で3人の心を読んだマトリフ。

しかし、アバンだけは心が読めなかったそうです。

マトリフが言うには、そういった心が読めない者は、意志が弱いか、逆に強い意志で心を閉ざしているかのどちらかのようです。

アバンの意志が弱いはずはないので、後者だと思われますが・・・一体、何故?

しかしアバンは、そんな自分にも心を開ける仲間が出来たと言います。

そして、マトリフもその仲間に加わってくれればいいなと願っています。

意味深な表情を浮かべるアバン
何故、心を閉ざしているのでしょうか?

目次に戻る▶▶

・第2の必殺剣

森の木々を使って、まるで忍者のように走り込みを続けるアバン。

どうやらこれは、第2の必殺剣のための特訓のようです。

この技を会得すれば、"幻の一撃"の完成に一歩近づきます。

アバンを見たロカは、基礎体力が必要な"大地斬"は完成しているのに、何故そこまで走り込みをするのか不思議でなりません。

"幻の一撃"の威力が上がっていました
何故、走り込みを?

アバンは、マトリフから"光る何か"を渡されていました。

これが何なのかは今の時点では分かりませんが、恐らく第2の必殺剣に関係する物だと思われます。

そして、寝る前に軽く運動してくると言って、何処かへ消えていきました。

そんなアバンの後ろ姿を見つめるマトリフは、天才児とは難儀だと呟きます。

これは一体なんでしょうか?
何処かへ消えていきます

アバンが向かった先は、浜辺でした。

彼は迫りくる波に向かって、第2の必殺剣を試し撃ちます。

"ピオラ"で開眼したロカの一撃を見て、この技を思い付いたというアバン。

この技こそがスピードの剣である、"海波斬"だったのです。

アバンは、自身の素早さを上げるために、走り込みを続けていたのですね。

"海波斬"が、ロカの動きから生まれたという事実に驚きです。

ついに"海波斬"の登場です
ダイの"海波斬"

目次に戻る▶▶

・海底宮殿

アバンが疲れ切り砂浜で座りこんでいると、海を見つめる一人の女性を発見します。

どうやら彼女は、漁に出て戻ってこない夫を心配しているようです。

そして、向こうの方に座礁した船を見つけた二人は、急いで駆け寄りました。

その船こそが、彼女の夫の乗っていた船だったのです。

そうしていると、海中から1本の巨大な触手が襲ってきました。

最初の1本こそ剣で切り裂き事なきを得たアバンでしたが、更に2本目、3本目と襲ってきた触手に剣を弾かれてしまい、最終的には海の中に引きずり込まれてしまいます。

見るも無残な船
海中に引きずり込まれてしまいます

気を失っていたアバンが目を覚ますと、そこは海底の宮殿でした。

この宮殿の支配者であるという"オトギリ姫"は、巨大ガニラスを倒したアバンに興味津々です。

どうやら彼女は、そんな強い男との出会いを待ち焦がれており、アバンを自分の夫にするつもりで彼を海中に引きずり込んだようです。

強い男を待っていたようです
かなり強引なオトギリ姫です

ドラクエ11には、"セレン"という人魚の女王がいましたが・・・

似ているのは、美人という所ぐらいですね。

海底王国ムウレアの女王です

目次に戻る▶▶

・ハドラーが訪れたのは・・・

一方その頃、地底魔城を抜け出たハドラーは、どこか怪しい森の中にいました。

そして、誰かの隠れ家の様な場所に着いたハドラー。

なんと!?

そこにいたのは、原作で登場した"ザムザ"でした。

超魔生物に変身し、ダイたちを苦しめたザムザは、六大団長の一人ザボエラの息子です。

ということは・・・?

ザムザの登場です
超魔生物に変身しダイたちを苦しめました

ハドラーは、ザムザに会いにきたのではありません。

彼の目的は、ザムザの父親である"ザボエラ"だったのです。

そして、聞き覚えのある、甲高い笑い声と共に現れたザボエラ。

まさか、この頃から二人が顔見知りだったとは・・・

原作ファンにはとても嬉しいザボエラの登場ですが、果たしてハドラーが彼を尋ねた目的は!?

なんとザボエラまで登場しました!
ずる賢さは天下一品ザボエラでした

目次に戻る▶▶

・感想、まとめ

アバンが"海波斬"を習得しました。あとは"空裂斬"を習得すれば"アバンストラッシュ"は完成します。

そして何よりも、ザムザとザボエラの登場に驚きました。

第1話でヒュンケルが登場し、ザボエラも現れたということは、もしかしたら若かりし頃のクロコダインやバランも登場したりするのでしょうか?

今後が楽しみです。

 次回 第10話「海に消えた勇者」はこちらから→

今回の内容は、Vジャンプ2021年8月号でご覧になれます。

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第9話 『第二の必殺剣』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第8話『ガンガディアの戦慄』はこちらから 今回の内容は ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第10話 『海に消えた勇者』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第9話『第二の必殺剣』はこちらから 今回の内容は、 ...

-ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

© 2021 ゲームアニメJサイト