ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

【スピンオフ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 外伝 勇者アバンと獄炎の魔王・第34話『我が生命尽きるとも(後編)』

【最新話】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 外伝 勇者アバンと獄炎の魔王・第34話『我が生命尽きるとも(後編)』ネタバレ、感想記事です。

←前回、第34話『我が生命尽きるとも(前編)』はこちらから

今回の内容は、Vジャンプ2023年11月号でご覧になれます。

今回の内容は、Vジャンプ2023年11月号でご覧になれます。

最新の単行本はこちら↓

※ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

・魔族と人間の違い

キギロの呪いがこもった破片は、彼が死んでも消えないようです。

つまり、ロカはもう長くは生きられません。

しかし、「オレの勝ちは変わらない」と言うロカ。

死を宣告されたロカ
お互い死んだとしても、己の勝ちは変わらないと言います

キギロの逆恨みからアバンを守る事が出来れば、その後の事などどうでもいいと思っていたと言うロカ。

ロカは、アバンを守るという使命を果たしたのです。

それに、今すぐ死ぬ訳でないのであれば、魔王を倒し村に戻る事は叶いそうです。

彼にとっては、もう一度マァムを抱いてやる事が出来たら、それだけで充分満足なのです。

死を宣告されたにも関わらず、恐怖心どころか満足げなロカが全く理解できないキギロ。

寿命の長い魔族には、寿命の短い人間の後世へ託すと言う考えは分からないのでしょう。

ロカはマァムが生まれた事で、次の世代に希望を残せました。

人間としての役目は全うしたのです。

そして、今までアバンの盾になる事ぐらいしか出来なかったロカでしたが、今回は己の手で強敵を退けました。

アバンの友だと胸を張れる戦いが出来たと、とても満足な気持ちで満たされているようです。

マァムが生まれた事で希望を残せました
満足気な表情のロカ

自分より大事なものが、この世に存在するのか?

自分の得にならない事に、何故そこまで生命を懸ける事が出来るのか?

ロカの言っている事が、心底理解できないキギロ。

ここで彼は気付きます。

もし、それらが人間というものなのであれば、最初から勝ち目がなかったという事を・・・

キギロの最期を見届けたロカでしたが、なにやら様子が変です。

燃え尽きたとでも言うべきか、生気が無い様子で立ち尽くしています。

人間たちの感情はどうやっても理解できないようです
ロカからは生気が感じられません

目次に戻る▶▶

・その頃アバン達は

一方そのころ、先を急ぐアバンたちは確実に魔王の元へと近づいていました。

その証拠に、"不死鳥のかがり火"もずっと一点を指すようになったようです。

真っ暗な部屋の入り口でレイラが"レミーラ"を唱えると、だだっ広い部屋の中に一本の道が姿を現しました。

最終決戦は近そうです
不気味な一本道が姿を現しました

そして、その先には魔王の間の入り口に繋がるであろう階段が見えます。

ただし、敵陣で一本道は危険だと忠告するアバン。

強者を置いて、確実に侵入者を撃滅するための構造でもあるからです。

原作のバーンパレス内でも、アバンは一本道の危険性を教えていました。

一本道に雑魚敵の姿なし。これは原作のバーンパレスで、ミストバーンが現れた場面と同じです。

強敵が待ち構えているのは間違いなさそうです
原作より:一本道の危険性を教えるアバン
原作より:バーンパレスではミストバーンが守りについていました

目次に戻る▶▶

・新たな敵

"地獄門"を守るバルトスは、何者かの殺気に気付きます。

殺気を感じた方向に剣を投げつけると、剣が突き刺さった壁から大声が上がります。

声だけで姿を現さない何者かは、自身がまだ生まれたばかりであり、またバルトスと同じ様にハドラーから生まれた"弟分"である事を明かしました。

なんと彼もまた、ハドラーの禁呪法で生み出された魔物だというのです。

突然、何者かが大声を上げました
彼もまた、バルトスと同じ様にハドラーの禁呪法で生み出されたようです

バルトスの事を兄貴と呼ぶ彼ですが、その言葉遣いの汚さはバルトスとは正反対です。

禁呪法で生み出された魔物は、創造主の感情の影響を強く受ける事を知っていたバルトスは、その品のない物言いに疑問を感じました。

しかし、それ以前にそんな魔物を急遽生み出したという事は、先ほどのハドラーは激励に来たのではなく、門番のバルトスを信じていないという裏返しでもあります。

バルトスは知らないハドラーの性格が影響を与えているのでしょうか?
ある意味ハドラーの勘は鋭かったのですね

場面は変わり、一本道を進むアバンとレイラ。

その背後の地面から、"不気味な顔"が姿を現します。

それはまるで、原作のフレイザードの生き写しの様な顔でした。

フレイザードにそっくりな顔が現れました
原作より:13年前はまだフレイザードは生まれていません

目次に戻る▶▶

・感想、まとめ

キギロを撃破したロカでしたが、最後の描写が気になります。

もしかしたら彼は、マァムに再会する前に息絶えてしまったのでしょうか?

また、前回のハドラーの行動は、禁呪法で魔物を生み出していたのですね。

それにしても、新たに生み出された魔物は、顔も性格もフレイザードそっくりです。

フレイザード自体は、13年後の原作の時点で生まれてから1年しか経っていないと言っていたので、似てはいますが全くの別人だと思われます。

次回 第35話「凶暴な切り札」はこちらから→  




『ダイの大冒険』最終回までに登場する、人物・魔王軍・モンスターたちに秘められた「物語」を徹底解剖! 主要キャラ20人には、今だからこそ言える三条陸先生と稲田浩司先生のコメントつき! さらに、『ダイ』の世界の歴史や呪文・技の分析、三条陸先生と芝田優作先生(『勇者アバンと獄炎の魔王』作画担当)の対談、稲田浩司先生へのインタビューなど、『ダイ』を深堀りする豪華コンテンツが盛りだくさん!

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第40話『最後の激突』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第39話『我は魔王』はこちらから 今回の内容は、Vジャン ...

2

アバンの使徒たちの知られざる物語(サブクエスト)を描く、ドラゴンクエスト ダイの大冒険 初の小説『それぞれの道』の感想、紹介記事です。 ※この記事はネタバレを含みます。 『それぞれの道』 「ダイの大冒 ...

3

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 幻の続編といわれた【魔界編】の徹底考察記事です。 ※2022年4月26日、加筆修正 ※2022年10月24日、加筆修正 ※2022年12月7日、加筆修正 ※本編のネタバ ...

4

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の最終話 第348話 『さらば!!!愛する地上よ』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。 ※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。 前回のあら ...

-ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

© 2024 ゲームアニメJサイト