ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

【スピンオフ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 外伝 勇者アバンと獄炎の魔王・第35話『凶暴なる切り札』

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第35話『凶暴なる切り札』ネタバレ、感想記事です。

←前回、第34話『我が生命尽きるとも(後編)』はこちらから

今回の内容は、Vジャンプ2023年12月号でご覧になれます。

今回の内容は、Vジャンプ2023年12月号でご覧になれます。

最新の単行本はこちら↓

※ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

・グランナード登場

魔王の間へと急ぐアバンとレイラを、ハドラーによって生み出された魔物が背後から襲います。

地中から現れた魔物に、足を掴まれたレイラ。

アバンが咄嗟に"大地斬"を放った事で、何とか事なきを得ました。

しかし、その時に"不死鳥のかがり火"が地面に落ちてしまい、割れてしまいました。

魔王の間は目前という事で問題は無さそうですが、地面に落ちたかがり火が一斉に同じ方向になびいています。

これは、先ほどのキギロ同様、強力な魔力を持つ新たな敵がこの場に現れたという事です。

大地斬を放つアバン
強敵の登場です

「せっかくだから、ご挨拶でもしておこうか・・・勇者のボウヤ・・・!」

地中から現れたのは、岩の魔物でした。

彼の名は"グランナード"

勇者たちを皆殺しにするために造られた、地底魔城の切り札だといいます。

アバンたちが言うように、ここから先は一本道だと言うグランナード。

まずは、地底魔城最強の剣士が守る"地獄門"

そして、その先にはハドラーのいる魔王の間。

いよいよ、闘いも大詰めです。

彼の名は"グランナード"
地獄門ではバルトスが待ち受けています

アバンたちに飛び掛かったグランナード。

レイラをかばいながら戦うアバンは、そのとてつもないパワーに押されています。

グランナードの膝から鋭利な角が出現し、強烈な膝蹴りがアバンを襲いました。

しかし、何とかギリギリの所でかわしたアバン。どうやらグランナードは、身体の至る所を武器に変化できるようです。

そして、着地と同時に剣を構えるアバン。

魔王が新たに生み出した邪悪な生命体であるという事から、"あの技"であれば倒す事が出来ると考えたのです。

身体のあらゆる部位が武器になります
邪悪な生命体に効く技といえば・・・

アバンが放った技は、"空裂斬"でした。

いままで数々の邪悪な生命体を葬ってきた"空裂斬"であれば、グランナードを倒せる筈です。

しかし・・・!?

なんとグランナードは、3枚の岩石の壁を造り出し"空裂斬"を防いでしまいました。

グランナードは、地底魔城を形成する"花崗岩"から禁呪法で生み出された魔物です。

そのため、ここ地底魔城で戦う限り、彼は圧倒的に有利なのです。

それはまるで、無限の武器庫にいるようなものだと言います。

地底魔城の番人としては、最適だとその実力を認めたアバン。

しかし、番人と呼ばれた事が気に入らなかったのか、それはこの先で待ち構える剣士の役目であり、俺は1秒でも早く人間を始末したくて遊びに来てやったのだと、再び二人に襲い掛かりました。

地形を使い圧倒的有利に戦いを進めるグランナード
この辺の性格はフレイザードに似ています

目次に戻る▶▶

・レイラの作戦

アバンに飛び掛かったグランナード。

咄嗟にかわしたアバンでしたが、地面に激突したグランナードはそのまま地中へと姿を消しました。

そして・・・!?

何と今度は、天井から姿を現し再度アバンを急襲します。

凄まじい威力の攻撃に、アバンの鎧の一部が崩れ落ちてしまいました。

ここでレイラは、自身がいる事でアバンの負担が大きくなってしまっている事に気付きます。

「奴を倒すには生命の源・・・すなわち核を砕くしかありません」

グランナードを倒すには、"空裂斬"や"アバンストラッシュ"であれば可能ですが、相手は地の利を活かした戦法でたちまち距離を詰めてきます。

大技を繰り出す隙を与えてくれないのです。

「・・・つまり・・・接近戦の間合いで核を砕けばいいんですね・・・」

何かを悟ったような表情のレイラは、どうやら策を思い付いた様子です。

このままでは、アバンの体力を温存する事は出来ません
何か策を思い付いた様子のレイラ

逃げ帰る相談か!?

二人の雰囲気からそう感じ取ったグランナードは、逃げ場など何処にもないと再び攻撃を開始しました。

すると・・・!?

なんと二人は、城の奥の方に逃げ出したのです。

レイラの作戦が理解できないアバン。しかしレイラは、このまま全力で出口まで走れと言います。

しかし、グランナードが簡単に逃がしてくれる筈もありません。

彼は壁面に潜り、まるで土竜の様に地中を猛スピードで走り、一瞬にしてアバンたちの頭上に移動しました。

突如、逃げ出した二人
一瞬で追いつかれてしまいました

何とかアバンが出口に達した、その瞬間!?

なんとレイラは急停止し、頭上のグランナードめがけて"バギマ"を放ったのです。

突然の突風に驚くグランナード。

レイラは足止めに成功しましたが、"バギマ"の風によって天井が崩壊し始めました。

どうやらここまでが、レイラの作戦だったようです。

彼女はアバンを先に進ませるために、マトリフやロカと同じ事をしたのです。

見る見る内に天井の岩石が落下し、遂に出口を塞いでしまいました。

"バギマ"を放つレイラ
ロカやマトリフと同じ事をしたレイラ

目次に戻る▶▶

・接近戦の間合い

レイラは、アバンに一人で先に進む決断をさせるために、出口を岩石で防いだのです。

どんなに説得されても、アバンはレイラを置いて先に進む事は出来なかったに違いありません。

そこまでしてくれたレイラの想いを無駄にしないためにも、アバンは単身、魔王の間へと急ぎます。

一方、身を挺してアバンを先に進めたレイラでしたが、グランナードは地中に潜る事が出来ます。

生き埋め覚悟のレイラの行動に対して、足止めにすらなっていないと言うグランナード。

しかし、ここでレイラはグランナードにアバンを追わせないよう、煽る様な発言をします。

「まさか私をほっといて魔王様のところに逃げ帰ったりしないわよね?」

アバンを決心させるためにレイラを己を犠牲にしたのです
こんな事を言われては、彼女を無視する事は出来ないでしょう

案の定、グランナードはブチ切れます。

そして、かがんでいたレイラを思いっきり蹴り飛ばしました。

一方、魔王の間へと急ぐアバン。

しかし、魔王の間へと続く"地獄門"の前には、"バルトス"が待ち受けていました。

遂に、原作で語られたアバン対バルトスの死闘が始まろうとしています。

その頃、苛立ちを押さえられないグランナードは、レイラを一方的に痛めつけていました。

彼は、レイラの顔が気に入らないようです。

「か弱いアタクシが勇者様のために身を捧げます」と訴えているようなその顔が・・・

遂に、原作で語られた死闘が始まろうとしています
レイラの顔が気に入らないと言うグランナード

生意気に足止めしようと考えた事を後悔させてやる。

確かに、地底魔城はグランナードが全力を発揮できるフィールドです。

ここでの戦いは、彼の有利に間違いありません。

死んでも続くぐらいの地獄の痛みで後悔させてやると、グランナードが止めをさしにかかります。

「・・・接近戦で・・・砕く・・・」

グランナードの攻撃を華麗にかわしたレイラは、瞬時にナックルを右手に装着し、そのまま顔面に会心の一撃を喰らわせました。

「・・・あいにく様。ここなら私も全力で戦えると思うわ。」

久しぶりに"影女"へと姿を変えたレイラ。

接近戦で核を砕く作戦とは、この事だったのですね。

止めをさしにかかるグランナード
顔面に拳が思いっきりめり込んでいます

目次に戻る▶▶

・感想、まとめ

レイラもまた、ロカやマトリフのように身を挺してアバンを先に進ませました。

そして遂に、地獄門前でのアバンとバルトスの死闘が始まろうとしています。

それにしても、やはりグランナードとフレイザードは性格が似ています。

恐らく、ハドラーが封印された時に感じた、人間たちへの恐怖と憎しみが影響しているのでしょう。

レイラも"影女"へと変身しましたが、そう簡単に倒せる相手ではなさそうです。

一体、どの様にして"核"を砕くのでしょうか?

次回 第36話「邪悪への鉄槌」はこちらから→ 




『ダイの大冒険』最終回までに登場する、人物・魔王軍・モンスターたちに秘められた「物語」を徹底解剖! 主要キャラ20人には、今だからこそ言える三条陸先生と稲田浩司先生のコメントつき! さらに、『ダイ』の世界の歴史や呪文・技の分析、三条陸先生と芝田優作先生(『勇者アバンと獄炎の魔王』作画担当)の対談、稲田浩司先生へのインタビューなど、『ダイ』を深堀りする豪華コンテンツが盛りだくさん!

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第43話『揺れる世界』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第42話『運命の出会い』はこちらから 今回の内容は、Vジ ...

2

アバンの使徒たちの知られざる物語(サブクエスト)を描く、ドラゴンクエスト ダイの大冒険 初の小説『それぞれの道』の感想、紹介記事です。 ※この記事はネタバレを含みます。 『それぞれの道』 「ダイの大冒 ...

3

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 幻の続編といわれた【魔界編】の徹底考察記事です。 ※2022年4月26日、加筆修正 ※2022年10月24日、加筆修正 ※2022年12月7日、加筆修正 ※本編のネタバ ...

4

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の最終話 第348話 『さらば!!!愛する地上よ』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。 ※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。 前回のあら ...

-ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

© 2024 ゲームアニメJサイト