ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

【スピンオフ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 外伝 勇者アバンと獄炎の魔王・第36話『邪悪への鉄槌』

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第36話『邪悪への鉄槌』ネタバレ、感想記事です。

←前回、第35話『凶暴な切り札』はこちらから

今回の内容は、Vジャンプ2024年1月号でご覧になれます。

今回の内容は、Vジャンプ2024年1月号でご覧になれます。

最新の単行本はこちら↓

※ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

・影女の実力

レイラは旅立ちの前夜、彼女の父であるアリアムから"聖なる杖"を受け取っていました。

それは、回復呪文だけでなく攻撃呪文の威力も増す、神の祝福を受けた宝具です。

そしてなんと、影女に変身した彼女が装備しているナックルも、父からもらった武器だったのです。

相手が真の邪悪なら、神に仕える者としてではなく、一人の人間として怒りの矛先を向けるのは当然のこと・・・

神の御前で大きな声では言えないと言うアリアムでしたが、そんな外道に出会ったら遠慮せず「ぶちのめせ!」と耳打ちしていました。

聖職者でありながら、刃のついたナックルを渡すアリアム
ぶちのめしてもいいと了承は得ていました

ここから、レイラの一方的な攻撃が始まります。

その目にも止まらぬスピードに、グランナードはなす術がありません。

魔物であるグランナードをしても、その強さは正に"ケダモノ"です。

そして、レイラを追い払えないとふんだグランナードは、強行策に出ます。

なんと彼は、無数の岩石の刃を己に向かって放ったのです。

これには流石のレイラも、その場を離れるしかありませんでした。

岩石の刃の串刺しになったグランナードでしたが、最初に少々痛いだけだと言います。

原作でフレイザードが、"弾岩爆花散"を放つ前に「ハンパじゃなく痛い」と言っていたのを思い出しました。

無数の岩石の刃を己に放つグランナード
少々痛いだけだと言います
原作より:"弾岩爆花散"は半端無く痛いようです

岩石の刃が刺さったグランナードにダメージはありません。

むしろ、そのまま武装になってしまいました。

己の両足から2本の刃を造り出したグランナード。

ここから彼の逆襲が始まります。

レイラも何とか応戦しますが、ナックルが砕けてしまいました。

そして、蹴り飛ばされてしまい体勢を崩した彼女に、グランナードの一撃が襲います。

ダメージどころか武装になってしまいました
止めの一撃がレイラを襲います

目次に戻る▶▶

・地底魔城の外では

一方その頃、地底魔城の外では、フローラたちが魔物の軍団に勝利していました。

残りはディードックが引き受けると言い、フローラたちはアバン一行の後を追います。

傷付いたアバンたちを助けるために、回復呪文に長けた者が招集されました。

するとそこに、チョコマの姿が・・・

魔物の軍団に勝利したフローラたち
チョコマも地底魔城内部へ

幼い彼女に驚くフローラでしたが、チョコマは探索系の呪文に長けているようです。

ここでチョコマは、フローラにアバンと付き合っているのは本当かと、直球で質問しました。

いきなりの質問に、フローラは動揺しまくっていました。

その頃、"魔法の筒"を手に、まだ息のある魔物を回収するよう指示を出している人物の姿が・・・

パプニカの"テムジン"です。

この時に回収した"魔のサソリ"が、原作でレオナを襲う事になるのですね。

急な質問に動揺しまくりのフローラ
不敵な笑みを浮かべるテムジン
原作より:この"魔のサソリ"が後にレオナを襲います

目次に戻る▶▶

・核を破壊せよ!

ボロボロになったレイラに対して、しょせんは人間、それも数合わせの回復要員とこき下ろすグランナード。

なんとか立ち上がったレイラは、アリアムからもらった"聖なる杖"を拾いました。

しかし、レイラが使える攻撃呪文は"バギ系"のみであり、回復呪文を少々強化した所で状況は変わりません。

諦めずに立ち上がった姿を、グランナードは哀れで惨めったらしいと吐き捨てました。

それと同時に、人間の悪あがきを見ていると心から気分が晴れると、ニヤついています。

そんな姿を見たレイラは、本当に魔王が生み出した魔物なのか?という疑問をぶつけました。

禁呪法で生み出された魔物は、主の心に強く影響を受けます。

レイラが以前戦った魔王は、残虐だが威厳はありました。

しかし、グランナードからは威厳なんて物は感じられず、むしろ"下劣"という言葉がピッタリです。

魔法力を上げた所で状況は変わりそうにありません
グランナードを下劣と言い放つレイラ

レイラの言葉が癇に障ったのか、グランナードの表情は今までに無いほど怒りに満ちています。

彼女は更に追い打ちをかけるように、「あんたもしょせんは外道の魔物!それも数合わせのかまえ犬!私に倒されるには丁度いい相手だ!」とボロカスに言い放ちます。

怒りが頂点に達したグランナードは、叫び声を上げながら全身の棘を合体させ、巨大な武器を造りました。

怒りに満ちた表情のグランナード
原作より:この時のグランナードはフレイザードにそっくりです
これで殴られたら、ひとたまりもありません

「チマチマとオレの薄皮一枚削ることしか出来ねえくせに!」

ホームグラウンドである地底魔城でお前ごときに負けたら馬鹿だと、渾身の力を込めてその武器を思い切り投げつけました。

しかし、その行動を読んでいたのかのごとく、瞬時にかがんで避けたレイラ。

彼女は一気に距離を詰めると、"聖なる杖"をグランナードの胸元に突き刺しました。

たまらず叫び声を上げたグランナードでしたが、それもその筈、彼の胸元には弱点である"核"があるのです。

レイラは最初から、攻撃や呪文でグランナードを倒す気はありませんでした。

「薄皮一枚削り続けられれば十分だったのよ」

彼女は、"核"から漏れる光を探し当てるために、致命傷にはならなくとも凄まじい手数で攻撃を当てていたのでした。

・・・接近戦の間合いで核を砕けばいい・・・

レイラは、これまでの戦いと同じ様に、アバンの教えを信じて愚直に実行しました。

その結果、見事"核"を見つけ一撃を食らわせる事に成功したのです。

グランナードは必死に杖を抜こうとしますが、神の祝福を受けた杖は抜く事が出来ません。

レイラが"聖なる杖"を突き刺したのには、ちゃんと理由があったのです。

グランナードの"核"を探し当てたレイラ
原作より:フレイザードも"核"が弱点でした
神の祝福をうけた杖は抜けないようです

ハンマースピアを拾ったレイラは、思いっきり助走をつけて、グランナードの胸元に刺さった杖を殴りつけました。

その勢いで、杖は"核"ごとグランナードの胸を完全に貫きます。

"核"を破壊された彼の身体は、ボロボロと音を立てて崩れ始めました。

「末代まで祟ってやる・・・」と、死の間際にレイラの足を掴んだグランナードでしたが・・・

人を恨む前に、『バカな部下でごめんなさい』と地獄で魔王に謝れと、残った顔面を思い切り踏み付けるレイラでした。

"核"を完全に破壊する事に成功しました
下劣な奴にはお似合いの最期です

その頃、地獄門の前で対峙するアバンとバルトス。

「・・・見事だ・・・とまず言っておこう」

先に口を開いたのは、バルトスでした。

魔王軍の強敵たちを全て突破しなければ、ここに来ることは出来ない。

しかし、アバンは己の力ではなく、仲間たちが前に進めてくれたと言います。

「信じるに値しない者には、仲間も身を投げ出しはしない」

ハドラーから信頼されていない事を悟ったバルトスのこの言葉は、何か内に秘めた物を感じます。

そして、バルトスが名を名乗り、自身が地獄門の番人である事を告げました。

そんな、バルトスの正々堂々たる態度に痛み入ると、経緯を表したアバン。

「私は・・・私自らそう望んだことはなかったが・・・人々が皆そう呼んでくれた・・・その想いを胸に・・・今ここで名乗らせていただこう!」

「・・・我が名は勇者アバン!」

お互いに名を名乗った二人。生死をかけた一対一の戦いが始まります。

己の名を名乗るバルトス
アバンが初めて自分の事を勇者と名乗りました

目次に戻る▶▶

・感想、まとめ

レイラとグランナードの戦いに終止符が打たれました。

グランナードの最期は、原作のフレイザードと同様に"核"を破壊するといった内容でした。

そして遂に、アバンとバルトスの戦いが始まろうとしています。

バルトスの「信じるに値しない者には、仲間も身を投げ出しはしない」という発言は、この後の彼の裏切りに繋がりそうな言葉です。

次回は、新章「最終決戦編」の開幕と記載されていました。

いよいよ、物語は大詰めに差し掛かろうとしています。

次回 第37話「決闘・地獄門」はこちらから→ 




『ダイの大冒険』最終回までに登場する、人物・魔王軍・モンスターたちに秘められた「物語」を徹底解剖! 主要キャラ20人には、今だからこそ言える三条陸先生と稲田浩司先生のコメントつき! さらに、『ダイ』の世界の歴史や呪文・技の分析、三条陸先生と芝田優作先生(『勇者アバンと獄炎の魔王』作画担当)の対談、稲田浩司先生へのインタビューなど、『ダイ』を深堀りする豪華コンテンツが盛りだくさん!

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第39話『我は魔王』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第38話『おお勇者よ』はこちらから 今回の内容は、Vジャン ...

2

アバンの使徒たちの知られざる物語(サブクエスト)を描く、ドラゴンクエスト ダイの大冒険 初の小説『それぞれの道』の感想、紹介記事です。 ※この記事はネタバレを含みます。 『それぞれの道』 「ダイの大冒 ...

3

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 幻の続編といわれた【魔界編】の徹底考察記事です。 ※2022年4月26日、加筆修正 ※2022年10月24日、加筆修正 ※2022年12月7日、加筆修正 ※本編のネタバ ...

4

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の最終話 第348話 『さらば!!!愛する地上よ』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。 ※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。 前回のあら ...

-ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

© 2024 ゲームアニメJサイト