ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

【スピンオフ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 外伝 勇者アバンと獄炎の魔王・第6話『あぶない魔導書』

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第6話 『あぶない魔導書』ネタバレ、感想記事です。

←前回、第5話『新天地への旅立ち』はこちらから

今回の内容は、Vジャンプ2021年5月号でご覧になれます。

今回の内容は、Vジャンプ2021年5月号でご覧になれます。

最新の単行本はこちら↓

※ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

・マトリフの願い

罠によって、本に閉じ込められたしまったマトリフ。

本から出るには、図書館にある"罠を解除する魔導書"を探し出す必要があるみたいです。

そのために、誰か助けてくれるような、腕っぷしの持ち主をずっと待っていました。

そこで現れたのが、ロカだったのです。

マトリフはロカに、助けてくれたら新しい力をやると約束します。

仲間たちとの力の差に悩んでいたロカにとっては、願ったり叶ったりです。

罠によって本に閉じ込められてしまったマトリフ
需要と供給がマッチしました

ロカたちが図書館に向かおうとすると、突然"バーサーカー"が襲い掛かってきました。

そこでマトリフは、ロカに右手を突き出すよう指示します。

すると!?なんとロカの手から、バギ系の最上位呪文である"バギクロス"が発せられたのです!

マトリフに言われた通りに手を突き出すと・・・
バギ系の最上位呪文である"バギクロス"

魔法も扱える、万能戦士。

呪文が使えない事に劣等感を抱いていたロカは、マトリフの力とはいえ呪文を放てた事に心を躍らせます。

このままでは力の差が開く一方です
心躍らすロカ

目次に戻る▶▶

・ヨミカイン魔道図書館内部へ侵入

図書館に着いたロカたち。

しかし、何処にも入り口が見当たりません。

そこで、マトリフから言われた通りに手をかざし動かすと、中へと続く入り口が出現します。

中に入るとそこは、無数の本が保管される"ヨミカイン魔導図書館"のメインホールでした。

どういう仕掛けか、入り口が出現しました
何とも不思議な構造です

下手なダンジョンよりも、複雑な構造をしている"ヨミカイン魔導図書館"。

安易に考えていたロカですが、そんなに簡単にはいかないようです。

一体、どこまで続くのでしょうか?

ふとロカは、マトリフが何を探しに図書館を訪れたのかを尋ねました。

学術書を探していたというマトリフですが、少し様子が変です。

では、なぜ罠にかかってしまたのか・・・それは、ある本を見つけ興味をそそられてしまったからでした。

その本とは、いわゆるHな本です・・・

やはり、スケベな性格は昔から変わっていないのですね。

まさに"罠"にかかった訳です
スケベな性格は、この先も変わりません

一方その頃、ロカを見失ったレイラは、アバンと共に図書館を訪れていました。

ロカが消えた場所に立ったアバンは、すぐにその壁の仕掛けに気付きます。

手をかざし動かし始めたアバン
仕掛けがある事に気付きます

仕掛けがある事に気付いただけでなく、その秘密を解読してしまうアバン。

やはり彼は、常人とは頭の構造が違うようです。

この事は、原作で"魔弾銃"を修理しようとしたバダックも言っていました。

いわゆる"天才"です
バダックも言っていました

目次に戻る▶▶

・マトリフの想い

Hな本の罠に、大賢者が引っかかってしまう訳がありません。

ここでマトリフは、開き直ったかのように自分は"大悪党"であると言い出します。

そして、ここまで来れば自分だけでやれると、背表紙を向けて去っていきました。

大悪党だと開き直るマトリフ
力をやるつもりは本当にあったようです

去り際にマトリフは、ロカに礼を言いました。

本当に、根っからの大悪党であれば、礼など言わないはずです。

そこでロカは、何故3人の内から自分に声を掛けたのかと尋ねました。

アバンとレイラは、賢くて用心深そうに見えたと言うマトリフ。

ロカは、バカで不器用でお人好しそうに見え、一番利用しやすそうだったと言います。

しかしマトリフにとっては、そんなロカが昔の自分に似ており、"一番ほっとけない奴"なのです。

去り際に礼を言うマトリフ
昔の自分によく似ているようです

マトリフの言葉に、ロカは本から出す所まで付き合うと言い出します。

お人好しというのは、逆を返せば"情に厚い"という事です。

何か、二人の間に友情が芽生えた様に見えました。

友情が芽生えた瞬間です

目次に戻る▶▶

・襲い掛かる魔の手

魔物に襲われるロカたち。

その魔物は、"ミイラおとこ"の頭部に"メドーサボール"が合体した化物でした。

マトリフ曰く、この化物は"禁呪法"で生み出されたようです。

見た事もない化物です

この2体の合体です

"禁呪法"といえば、原作でも"フレイザード"や"ハドラー親衛騎団"も、ハドラーの"禁呪法"によって生み出されていました。

禁呪法で氷と炎が合体していました
オリハルコンから生み出された"ハドラー親衛騎団"

ロカは、マトリフの力で"メラゾーマ"を放ち、1体を丸焼きにします。

敵も"ラリホー"で応戦してきますが、なんとかかわし、丸焼きになった魔物をこかして敵の足を止める事に成功しました。

この状況で眠らされたら終わりです
機転を利かしたロカ

なんとか敵をまいたロカたちでしたが、なんとマトリフに引火している事に気付きます。

どうって事ないと言うマトリフでしたが、実は魔法の火はそう簡単には消せないのです。

これ以上、ロカを巻き込む訳にはいかないと考えたマトリフは、ロカを安心させるために嘘を付いたのでした。

そして更に、マトリフはロカを外に逃がすために、引き返そうと言い出します。

しかし、このままではマトリフが死んでしまう事に気付いているロカは、彼を見捨てるような真似はしません。解除の魔導書を見つけ、マトリフを罠の本から助けだすつもりです。

本に引火してしまいました
魔法の火は簡単には消せません
マトリフを見捨てないロカ

アバンと親友のロカは、一緒に旅をする事で、対等だと思っていた彼とのレベルの差を痛感しました。

その凄さに、いつも上を見上げている様な感覚に陥ってしまいます。

しかし、マトリフは違います。ロカと同じ視線で彼の気持ちを分かってくれました。

ロカは、そんなマトリフを死なせたくないのです。

マトリフはロカの気持ちを分かってくれました
同じ目線で話を聞いてくれたのです

今度は、"さまようよろい"と"メドーサボール"が合体した化物が現れます。

鎧で武装された姿は、先ほどの"ミイラおとこ"よりも強そうです。

今度は"さまようよろい"と合体しています

この2体の合体です

そして、魔物たちの背後から"館長"と名乗る"エビルマージ"が登場します。

ゲームでは、強力な呪文や"火炎の息"を吐いてくる強敵です。

エビルマージの登場です
ドラクエⅢではバラモス城で出現した強敵です

エビルマージ"火炎の息"が、ロカたちを襲います。

炎がマトリフに当たれば、ひとたまりもありません。そこでロカは、身を挺してマトリフを守ります。

しかし、このままでは守っている方のロカが丸焦げになってしまいます。

そんな絶対絶命のピンチに、アバンが現れ炎をかき消します。

こういった、ピンチに現れ戦況を変えるのが、まさしく勇者といった所です。

マトリフに当たったら一巻の終わりです
勇者アバンの登場です
ダイも親友であるポップのピンチを救いました

目次に戻る▶▶

・おまけ

この時点で、ロカがレイラに惚れている事が判明しました。

これまでの言動から、好意を抱いているという予想は出来ましたが、はっきりと言及されたのはこれが始めてです。

今後、二人の恋がどのように発展してくのかが楽しみです。

マトリフには全てお見通しです

・感想、まとめ

マトリフとロカの出会いから、友情が芽生えていくまでの過程が明らかになりました。

こういった、原作では語られなかった部分が明かされていくのも、勇者アバンと煉獄の魔王の醍醐味です。

また、禁呪法という、原作ファンならつい反応してしまうワードも飛び出してきました。

ハドラーはこの頃から、禁呪法を得意としていたのでしょうか?

そして、アバンがヨミカイン魔導図書館を訪れた目的も気になります。

次回が本当に楽しみです。

 次回 第7話「激突・超呪文」はこちらから→

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第9話 『第二の必殺剣』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第8話『ガンガディアの戦慄』はこちらから 今回の内容は ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第10話 『海に消えた勇者』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第9話『第二の必殺剣』はこちらから 今回の内容は、 ...

-ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

© 2021 ゲームアニメJサイト