ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

【スピンオフ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 外伝 勇者アバンと獄炎の魔王・第17話『孤高なるギュータ』

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第17話『孤高なるギュータ』ネタバレ、感想記事です。

←前回、第16話『次の高みへ』はこちらから

今回の内容は、Vジャンプ2022年4月号でご覧になれます。

今回の内容は、Vジャンプ2022年4月号でご覧になれます。

最新の単行本はこちら↓

※ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

・マトリフの師匠

ギュータに入ったマトリフは、昔を懐かしむように過去の光景を思い浮かべます。

そこには、若い男女が仲良く腰掛けています。

男性の方は若かりし頃のマトリフだと思われますが、この女性は一体・・・?

この女性がマトリフが苦手だと言う、"カノン"なのでしょうか?

仲つむまじく腰掛ける男女の姿が・・・
相当苦手な相手のようです

ギュータは、"命懸けで強さを追い求める奴らのための里"だと言うマトリフ。

ここで、彼の師匠の名前が明かされます。

その名は、"バルゴート"

世界最高の賢者として名高いバルゴートは、アバンの実家の書物に記されているほどの有名人です。

しかし、彼はある日人間の限界を悟り、忽然と姿を消したと言われています。

そのバルゴートが、更なる力を身に付けるために築き上げ、後進をも育成していた鍛錬場こそがギュータなのです。

アバンのその存在を知っていました
12話より、そのバルゴートも実力を認めるマトリフ

目次に戻る▶▶

・カノン

アバンたちの前に小さな女の子が現れます。

とても怯えた様子の彼女は、どうやらマトリフを見て驚愕しているようです。

女の子は悲鳴を上げながら一目散に逃げていくと、畑で作業をしていた女性にしがみつきました。

この女性こそが、"カノン"だったのです。

せきぞうさまとは?
彼女が"カノン"です

なんとカノンは、マトリフを見るなり攻撃呪文を放ちました。

よほどの恨みがあるのでしょうか・・・?

その場は一旦、アバンが勇者である事を名乗り、未完の奥義を極めるためにやって来た事を説明しおさめますが、カノンはマトリフが勇者と共に魔王と戦っている事が信じられない様子です。

彼女はマトリフの事を、ギュータの数少ない卒業生でありながら、傲慢で自分勝手で女となると見境いが無いクズだと言い放ちます。

よほどの恨みがあるのでしょう
レイラの一言が火に油を注ぎます

先ほど女の子が、「せきぞうさまがうごきだした!」と驚いていましたが、ギュータには巨大なマトリフの像があるのです。

そして、それはマトリフだけでなく、カノンや彼らの師であるバルゴートの像も。

アバンに力を貸してくれると言うカノンですが、一つだけ条件があります。

それは、アバンの腕を見せろという、つまり彼女と戦って強さを証明しろという条件でした。

幻の賢者、バルゴート
戦って強さを証明しろと言うカノン

目次に戻る▶▶

・腕試し

闘いの正装である、ギュータの法衣に着替えたカノン。

その姿は、マトリフにそっくりです。

マトリフの特徴的な衣装は、ギュータの法衣だったのです。

半端な力で"勇者"を名乗る者の存在を許さないと言うカノンは、凄まじい圧を放っています。

アバンは"メラ"で先制しますが、なんと彼女は拳で炎をかき消してしまいました。

その後、一気に距離を詰めたカノンは、渦巻き状の特殊な攻撃でアバンを圧倒します。

ギュータの法衣を身に纏うカノン
特殊な攻撃を使います

カノンの猛攻に対し、"海波斬"で対抗するアバンでしたが、それを上回る彼女のスピードの前になす術がありません。

近づいても離れてもやられる・・・

マトリフはアバンに、逃げ続けてカノンのスタミナ切れを待てと指示しますが、アバンはそれを拒否しました。

一瞬で間合いを詰められてしまいます
弱点が見当たりません

高齢の身体を押して、全力でアバンを試してくれているカノン。

初対面の彼女がここまで向き合ってくれている以上、真っ向から受ける以外の選択肢は無礼にあたるとアバンは言います。

そして、そんなアバンにカノンは感動していました。

あのマトリフが、もう人生も終わろうかという頃にアバンのような男に出会えたなんて、神様がくれた最後のチャンスとしか思えないと。

しかし、だからといってカノンの手が緩められる訳ではありません。

彼女が、例の渦巻き状の攻撃を放ちます。

それに対しアバンは、カノンの拳に"バギ"の空気流を放ちました。

どうやら彼は、先制の"メラ"でカノンの拳の気流の流れを探っていたのです。

そして、それと同方向の気流を作って押し当てたのでした。

彼女もマトリフの実力は認めているようです
カノンと同方向の気流を押し当てたアバン

アバンがカノンと同方向の空気の流れを作った事によって、空気の流れが急加速しました。

そうなれば、必然的に体重が軽い方が吹っ飛ばされる事になります。

カノンは物凄い勢いで回転しながら、宮殿の壁に激突してしまいました。

誰もが、彼女が大ダメージを負ってしまったと思いましたが、そこは流石はアバン、先回りしてカノンを守ってくれていました。

アバンはカノンを倒したかったのではなく、彼女に認めてほしかった訳ですから、彼女が倒れてしまってはそれは叶いません。

カノンはアバンとの戦いで、彼の"力"、"呪文"、そしてなによりも"とっさの機転"を認めました。

アバンこそが、ギュータが求めていた真の勇者だと。

マトリフからも改めてカノンに願い出ると、彼女はアバンたちの宿の用意を指示します。

そしてここで、カノンがバルゴートの娘である事が明かされました。

アバンこそがギュータが求めていた真の勇者なのです
なんとカノンはバルゴートの娘でした

目次に戻る▶▶

・復讐に燃える者

一方、地底魔城ではガンガディアが、キギロがデルムリン島を発ったという情報を得ていました。

しかし、悪魔の目玉たちでも見つけられないアバンの居場所を、どうやって見つけたというのでしょうか?

どうやらキギロは、新しい力に目覚めたようです・・・

新し力とは!?
なんと!?顔が何個も!!

目次に戻る▶▶

・感想、まとめ

マトリフの因縁の相手である、"カノン"が登場しました。

詳しい彼らの関係は、次回以降明らかになっていくのでしょうか?

また、マトリフがいつも着ている独特な衣装が、ギュータの法衣である事が明かされました。

原作でポップに譲った、"変なベルト"もいずれ登場するかもしれません。

そして、復讐に燃えるキギロがパワーアップを遂げたようです。

次回 第18話「禁断の修練」はこちらから→

 




『ダイの大冒険』最終回までに登場する、人物・魔王軍・モンスターたちに秘められた「物語」を徹底解剖! 主要キャラ20人には、今だからこそ言える三条陸先生と稲田浩司先生のコメントつき! さらに、『ダイ』の世界の歴史や呪文・技の分析、三条陸先生と芝田優作先生(『勇者アバンと獄炎の魔王』作画担当)の対談、稲田浩司先生へのインタビューなど、『ダイ』を深堀りする豪華コンテンツが盛りだくさん!

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第23話 『決闘・ウロド平原』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第22話『未来のために(後編)』はこちらから 今 ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 オフィシャルファンブックの感想、レビュー記事です。 もくじ1 オフィシャルファンブックとは2 オフィシャルファンブックの構成3 人の章4 地の章5 魂の章6 まとめ オ ...

3

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 幻の続編といわれた【魔界編】の徹底考察記事です。 ※2022年4月26日、加筆修正 ※本編のネタバレを含みますので注意。 もくじ1 魔界編とは?2 仲間3 魔界編の黒幕 ...

4

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の最終話 第348話 『さらば!!!愛する地上よ』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。 ※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。 前回のあら ...

-ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

© 2022 ゲームアニメJサイト