ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

【スピンオフ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 外伝 勇者アバンと獄炎の魔王・第1話『勇者誕生』

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 の外伝的なスピンオフ作品である、勇者アバンと獄炎の魔王の第1話 『勇者誕生』ネタバレ、感想記事です。

今回の内容は、Vジャンプ2020年12月号でご覧になれます。

今回の内容は、Vジャンプ2020年12月号でご覧になれます。

最新の単行本はこちら↓

※ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

・内容

原作を忠実に再現

Vジャンプで連載が始まった「ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-勇者アバンと獄炎の魔王」(原作・三条陸 漫画・芝田優作)は、若かりし頃のアバンが魔王時代のハドラーと戦う物語で、時代としてはダイの大冒険本編より15年以上前になります。

本編では、勇者を育てる家庭教師のアバン先生として、若手の育成に励んでいるアバンですが、元々は魔王を倒し世界を救った勇者でした。

その記念すべき第1話は、最後の部分は違うものの、ダイの大冒険の単行本13巻(デラックス版は8巻)に外伝として収録されている「番外編 勇者アバン」の内容が忠実に再現されていました。

※左=勇者アバンと獄炎の魔王 右=【番外編】勇者アバン

勇者アバンと獄炎の魔王

原作 番外編 勇者アバン

ダイの大冒険本編がドラクエⅢとすれば、「勇者アバンと煉獄の魔王」は、アバン=ドラクエⅠの勇者、ハドラー=りゅうおう、フローラ=ローラ姫、といった具合にドラクエⅠを意識した物語となっています。

※左=勇者アバンと獄炎の魔王 中=【番外編】勇者アバン 右=ドラクエⅠ

左、中はアバン。右はドラクエⅠの勇者。

勇者アバンと獄炎の魔王
原作 番外編 勇者アバン
ドラクエⅠ

左、中はハドラー。右はドラクエⅠのりゅうおう。

勇者アバンと獄炎の魔王
原作 番外編 勇者アバン
ドラクエⅠ

左、中はフローラ。右はドラクエⅠのローラ姫 フローラは戦う事のできるローラ姫といった所です。

勇者アバンと獄炎の魔王
原作 番外編 勇者アバン
ドラクエⅠ

目次に戻る▶▶

ストーリー

世界征服を目論む"魔王ハドラー"が、"フローラ姫"をさらうためにカール王国を襲撃します。

そこで、カール騎士団であるアバンとロカ(マァムの父親)が協力し、ハドラーを撃退します。

しかしハドラーは死んでおらず、アバンとロカはハドラーを倒す旅に出ます。

ドラクエⅠでは、ローラ姫は物語開始時には既にさらわれています。

そして、勇者が一人でローラ姫を救出し、その後りゅうおうを倒すというストーリーでした。

※左=勇者アバンと獄炎の魔王 右=【番外編】勇者アバン

カール騎士団のアバンですが、いつも調理場にいるようです。デルムリン島で料理を披露したのを思い出しました。

勇者アバンと獄炎の魔王
原作 番外編 勇者アバン

アバンがフローラを助けた、というのが二人の出会いでした。

勇者アバンと獄炎の魔王
原作 番外編 勇者アバン

ハドラーは、魔法の筒から出現させた多数のモンスターと共に、王宮内で大暴れします。

勇者アバンと獄炎の魔王
原作 番外編 勇者アバン

アバンは"毒蛾の粉"でモンスターたちを混乱させ、戦況を優位にします。

勇者アバンと獄炎の魔王
原作 番外編 勇者アバン

ハドラーが"イオナズン"を唱えようとしますが、ロカが片腕を切り落とし阻止します。

勇者アバンと獄炎の魔王
原作 番外編 勇者アバン
勇者アバンと獄炎の魔王
原作 番外編 勇者アバン

アバンは、この時点では未完成ですが、後の"アバンストラッシュ"でハドラーを撃退します。

勇者アバンと獄炎の魔王
原作 番外編 勇者アバン

ハドラーはまだ死んでおらず、アバンとロカはハドラーを倒す旅に出ます。

勇者アバンと獄炎の魔王
原作 番外編 勇者アバン

と、ここまでが「番外編 勇者アバン」と同じ内容でした。

目次に戻る▶▶

キャラクターの必殺技、特徴的なシーンを、アクリルフィギュアで立体再現!「アバンストラッシュ!!」VS「イオナズン!!」

本作オリジナル

アバンとロカが旅に出たあと、ハドラー軍の幹部が"地底魔城"に集う場面がありました。

幹部は4名。

まずは、本作オリジナルキャラクターの2名。

人面樹の亜種キギロと、トロルの亜種ガンガディア

そして、原作から2名。

地獄の騎士バルトス!!と鬼面道士のブラスじいちゃん!!

ブラスじいちゃん昔はこんな悪そうだったんですね・・・

原作には、ブラスじいちゃんがハドラーの部下であったという描写あります。黄金の筒を手渡されるとは、相当信用されていたのだなと思っていましたが、幹部だったとは・・・

ザボエラに洗脳された時の顔と似ています。

バルトスは、ヒュンケルに貰った勲章を胸にかけています。

ハドラーによって破壊されるシーンも再現されるのでしょうか?

目次に戻る▶▶

・感想、まとめ

ハドラーが魔法の筒から呼び出したモンスターに、多少の変更はあるものの、原作が忠実に再現されていました。

モンスターの変更と言っても、ゴーレムやリカントなどドラクエⅠを代表するモンスターに変更という、良い改変だったと思います。

そして、何よりもハドラー軍の幹部たちのインパクトが非常に強かったです。

特に、地獄の騎士バルトスと鬼面道士ブラスが、一体どのようにアバンたちを苦しめるのかも見ものです。

またロカをはじめとし、レイラ、ブロキーナ、マトリフといったアバンパーティーとの出会いや、彼らの活躍が今後描かれていくと思うと、胸が高鳴ります。

次回 第2話「魔の森の影女」はこちらから→

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第9話 『第二の必殺剣』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第8話『ガンガディアの戦慄』はこちらから 今回の内容は ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第10話 『海に消えた勇者』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第9話『第二の必殺剣』はこちらから 今回の内容は、 ...

-ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

© 2021 ゲームアニメJサイト