漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第96話『竜騎衆最後の男』

2020-11-12

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第96話 『竜騎衆最後の男』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 ポップのピンチを救ったヒュンケルは、「ガルダンディ-はポップには絶対に勝てない!」と断言します。

その言葉に怒るガルダンディ-は、空中に飛びあがりポップに照準を合わせます。

するとポップは"トベルーラ"を唱え空中へと飛び、更にガルダンディ-の体を踏み台にし上空へと飛びあがりました。

その途端、片方の翼がちぎれたガルダンディ-。間髪入れずにポップが残りの魔法力全てを込めた"イオ"をぶち込みました。

ガルダンディ-は黒焦げになり、地面にめり込み絶命します。

実はヒュンケル、ポップを助ける際に"ブラッディースクライド"を放っていたのです。

それに気づいていないガルダンディ-の体は、相当なダメージを負いもろくなっていました。

そのため、ポップに踏みつけられて翼がちぎれてしまったのです。

「ただではすまさんぞ!」と、仲間をやられて怒りだすボラホーン。

「それはこっちのセリフだ!」と、ヒュンケルはボラホーンの2本の牙を根本からへし折りました。

←前回 第95話『猛反撃!!アバンの使徒』はコチラから

ここから本文

 

自慢の牙をへし折られたボラホーン!

その怒りは頂点に達しています!

「天下無双とうたわれた、海戦騎ボラホーン様の力をうけてみるがいいわ!」

そう言ってボラホーンは、ヒュンケルの顔の倍以上はあるであろう、その拳でおもいきり殴り掛かりました!!

ボラホーンの拳がヒュンケルの顔面を捉えたか!?と思われましたが・・・

なんと!?彼はその攻撃を片手で受けてめてしまいました!!

この細い身体のどこにそんな力が・・・!?

ボラホーンは驚き顔がこわばりますが、ヒュンケルは余裕の表情です

「天下無双の力とは笑わせる・・・俺の仲間には、お前の倍は腕力が強いやつがいるぞ!」

クロコダインを引き合いにだし、ボラホーンをこき下ろしたヒュンケルは、彼の腹を思い切り蹴り上げました!!

たまらず、腹を抱えて苦しむボラホーン!

力ずくではダメならばと、今度は口から"凍てつく息"を吐き冷気でヒュンケルを襲います!!

マヒャドの効果があるという"凍てつく息"

ガチガチに凍りついたところを攻撃すれば、どんな相手でも粉々になってしまう

ボラホーンは宣言通り、ヒュンケルを粉みじんにするつもりです!

吹雪の向こうにかすかに見えるヒュンケルの影

その影からは、なにか金属音の様な音が聞こえてきます・・・

その音に少し焦るボラホーンでしたが、動ける訳がないと自分に言い聞かせ、手に持っていた鎖鎌を思い切り投げつけました!!

鎖鎌を軽々と受け止めたヒュンケル!

彼は呪文が全く効かない鎧の魔剣によって、"凍てつく息"の冷気を完全に防御していたのです!!

吹雪を受け付けない、魔剣の鎧に驚く竜騎衆たち!

ヒュンケルは鎖鎌の鎖を断ち切り、ボラホーンの武器を奪います!!

鎖を断ち切られ、ボラホーンが体勢を崩しました!

その隙に、一気に距離を詰めたヒュンケル!

反撃のすきを与えないような素早い動作で、下から突き上げるようにアッパーを食らわします!!

なす術もなく宙に舞うボラホーン!

ヒュンケルは無防備状態のボラホーンに、止めの一発"ブラッディースクライド"をおみまいしました!!

"ブラッディースクライド"に体を貫かれたボラホーンは、血しぶきを上げながら地面へと真っ逆さまです!

2人の戦いの一部始終を見ていたラーハルト

彼は、「俺を他の2人と一緒にしないほうがいい」と自信をのぞかせています

そして、鎧の魔剣についても知識があるようです・・・

「俺は武具ではお前にひけをとらない・・・」

そう言うとラーハルトは、自分の槍をヒュンケルに見せました

"鎧の魔剣"と形が似ているラーハルトの槍

これはまさか!?

嫌な予感がするヒュンケル

それは"鎧の魔槍"という、おなじ"ロン・ベルク"が作った武器だそうです・・・

"鎧化"!の掛け声と共に、"鎧の魔槍"がラーハルトを包みます!

"鎧の魔剣"と同じ機能を持った、"鎧の魔槍"!

ヒュンケルの悪い予感が的中してしまいました!!

「これで互角・・・いや腕は俺の方が上だから俺が有利かな・・・?」

自分の方が明らかに実力が上・・・そう言わんばかりのラーハルトに、ヒュンケルが力一杯斬りかかります!

しかし、ラーハルトの左腕にはシールドが装着されており、簡単に防がれてしまいました!!

ヒュンケルの"ブラッディースクライド"を見たラーハルトは、今度は俺の秘技を見せてやろうといい、シールドの部分から槍を抜きました・・・

ラーハルトが槍を突くと、一瞬にして矛先がヒュンケルの顔面を襲いました!

"鎧の魔剣"の弱点である、兜の隙間を的確に狙うラーハルト!!

果たしてヒュンケルの命運やいかに・・・!?

次回に続く・・・

まとめ

 自慢の牙をへし折られたボラホーンは、ヒュンケルを粉みじんにしてやると息巻いています。

天下無双の怪力を持つというボラホーンが思い切り殴り掛かりましたが、ヒュンケルは片手で簡単に受け止めてしまいました。

流石に、竜騎衆たちをザコ扱いするだけの事はあります。そして、打撃で勝ち目がないとみたボラホーンは、"凍てつく息"で凍らせてから破壊するという作戦にでます。

その作戦が必勝法だと言っていましたが、天下無双の怪力が自慢だったのではなかったんでしょうか?何か少し言っている事が矛盾しているような気がしますが・・・

そして、竜騎衆の最後の一人であるラーハルトは、ヒュンケルの"鎧の魔剣"と同じ機能を持つ"鎧の魔槍"を持つ強敵でした。

腕前は自分の方が上であると豪語するラーハルト相手に、ヒュンケルは打ち勝つ事が出来るのでしょうか?

次回 第97話『鎧化体鎧化!!』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
全巻カバーイラストを稲田浩司先生が新規描き下ろし!連載時のカラーページを再現収録!ダイの大冒険ファンなら持っておきたい一冊です!

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

-漫画 ダイの大冒険

© 2020 ゲームアニメJサイト