漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第106話『ポップの最期』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第106話 『ポップの最期』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 ついにダイとバランが顔を合わせてしまいました。

紋章の共鳴により、バランを父親と認めたダイ。しかしそこにポップが、ダイを取られてたまるかと割って入ります。

邪魔をされたバランがポップに迫ります。魔法力が底をつき、追い詰められたポップは、ある秘策を思いつきます。

そして、バランの攻撃をかわしたポップは、両手の指をバランのこめかみに突き刺しました。

前回 第105話『おれたちのダイ・・・!!!』はコチラから

ここから本文

 

ポップが強大な敵に挑み、帰り討ちにされ死んでしまう・・・

突如、悲鳴を上げ飛び起きたメルル!

・・・!?

どうやら夢であったようです・・・

しかし・・・これは予知夢!?

メルルはとても嫌な予感がしました・・・

ポップの身に何か不吉な事が!?

一方バランは、ポップの指を引き抜こうとしていました!

しかし、どれだけ力を入れてもポップの腕はビクともしません・・・

それもそのはず、ポップは指先に全生命エネルギーを込めているのでした!!

これはまさか!?

バランは、ポップが何をしようとしてるのか気付きました!

それは、自分の生命と引き換えに大爆発を起こす呪文・・・

"メガンテ"でした!!

神の祝福を受けている僧侶であれば、万に一つの可能性で蘇生する事ができると言います

しかし、魔法使いであるポップが使えばどうなるか・・・

場合によっては、バラバラに吹っ飛んで欠片も残らない場合も・・・

そう、それはアバンのように!!

アバンの事は尊敬しているが、"メガンテ"だけは真似したくなかったと言うポップ

しかし"メガンテ"であれば、竜闘気以上のエネルギーをぶつける事が出来ます!

以前バランが言っていた竜闘気の弱点を覚えていたポップは、唯一の方法として"メガンテ"を選択したのでした!!

「勇者のために死ぬんだ・・・」

ここでバランを倒す事が出来れば、いつかダイが記憶を取り戻し魔王軍と戦ってくれるはずだ!

そんな、人間の未来のために死ぬなんて、こんなカッコイイ死に方は他にはない!!

そう言うポップは、自分にも言い聞かせている・・・そんな印象も受けます・・・

目の前の光景に既視感を覚えるダイ!!

何が起こっているのか理解は出来ませんが、目の前で繰り広げられている壮絶な緊張感に、ダイの記憶が揺さぶられます!!

そして、このままではとても悲しい事が起こってしまう・・・

頭の中を駆け巡る、なんともいえない感覚・・・

自分がなんとかしなくてはいけないのに・・・!?

しかしダイは、その一歩を踏み出す事が出来ません!!

どうやっても指を引き抜けない事に苛立つバランは、腕ご引きちぎろうと試みます!

しかし!?

ポップが更にエネルギーを注ぎ込むと、バランはたまらずその手をはなしました!!

「レオナ・・・ヒュンケル・・・クロコダインのおっさん・・・」

「み・・・みんな・・・あとはたのまぁ・・・」

ポップがみんなに別れを告げます・・・

「マァムには・・・うまく言っといてくれや・・・」

マァムの事が気がかりなポップですが、彼女を悲しませない様にと多くは語りません・・・

そして、震えながら立ち尽くしているダイに目をやります・・・

目をつぶり、うつむきながらグッと歯を噛みしめたポップ!!

一瞬の沈黙の後、ポップが再度ダイの方を振り返ります・・・

その表情は悲しい物ではなく、満面の笑みを浮かべていました

しかし、ポップの目からは涙があふれ出ています・・・

最期は笑ってお別れだ・・・

ポップの頭の中に、今までの思い出が走馬灯のように駆け巡ります・・・

色々あったけど、楽しかったぜ!

でも・・・

俺の冒険は・・・ここまでだぜ・・・!!

ポップが生命エネルギーを最大限まで送り込みます!

もうバランですら、どうする事も出来ません!!

そして、限界を超えたエネルギーが送り込まれると共に、ポップが呪文と唱えました!!

眩い閃光と共に大爆発が起こります!!

そして、それと同時にダイが"ポップ"の名を叫びました!!

爆風が吹き荒れる中、メルルが駆け付けました!

しかし、もうそこにはポップの姿はありません・・・

"メガンテ"が引き金になり、ダイは全てを思い出しました・・・

ポップの自らの命と引き換えに起こした行動が、ダイに奇跡を起こしたのです!!

次回に続く・・・

キャラクターの必殺技、特徴的なシーンを、アクリルフィギュアで立体再現!「メラゾーマ!!」

まとめ

 ポップの奥の手とは、自らの命と引き換えに大爆発を起こす呪文・・・"メガンテ"でした。

以前、バラン自ら語った、竜闘気を貫く方法を覚えていたのですね。

人間の未来のためと、彼がこんな勇気ある行動をとれる様になったのも、ダイと出会ったからでした。

みんなの希望であるダイを守るためとはいえ、自分を犠牲にするなど普通なら絶対にできない行為です。

アバンも同じように、ダイに希望を託し"メガンテ"で散っていきました。信念を貫くためなら死をも恐れないという、アバンの教えを体現しているようです。

マァムにはもっと色々言いたい事があったはずですが、彼女が少しでも悲しまない様に多くを語らなかった辺りにも優しさを感じました。

そして、ポップの行動が奇跡を起こしました。記憶を揺さぶられていたダイでしたが、"メガンテ"が引き金となって完全に記憶が戻りました。

この後、ダイはどの様な行動をとるのでしょうか?

次回 第107話『吠えろ!!怒れ!!!』につづきます。

 




記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト