漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第202話『父・バランの死』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第202話 『父・バランの死』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 人知を超えた巨大さを誇る、バーンパレス。

特殊な材質で出来たバーンプレスは、大魔王バーンの驚異的な魔力で浮遊しているのでした。

そして、ポップが上空から入り口を見つけます。

"ルーラ"で入り口まで移動した一行は、ダイとバランが破壊した"魔宮の門"から内部に侵入しました。

そこで彼らは、驚きの光景を目にする事になります。

その後、目を覚ましたダイ。彼が見上げると、そこにはなんとバランの変わり果てた姿がありました。

←前回 第201話『天かける不死鳥』はコチラから

ここから本文

 

ダイに、お前にいる場所をよく見てみろと言うヒュンケル

ダイが辺りを見回すと、彼が立っている場所だけが無傷です

それはまるで、ダイを守ったかのように見えます・・・

大爆発からダイを守るために、全闘気を使い果たしたバラン

そして彼は、力なく地面へと落下していきました

そんなバランに駆け寄る、ダイの目には涙が・・・

ダイがバランに駆け寄り、必死で呼びかけます

どうやら、かすかではありますが、息はあるようです

バランが生きている事を確認したダイは、"ベホイミ"をかけるようマァムをせかしますが・・・

マァムは、ある程度の生命力が残っている肉体にしか、回復呪文は効果がないと言います

そして今のバランには、その生命力は残されていません・・・

「・・・よせ・・・ダイ・・・」

力なく語り掛けるバランは、もう目が見えないようです

仲間は無事かという問いかけに、ダイはバランの手をしっかり握りながら答えます

そしてバランは、もう自分は助からないと言いました

彼はあの瞬間、黒の結晶をハドラーの身体から引きちぎり、"ドルオーラ"の応用で全竜闘気を放出し爆発の規模を抑えたと言います。

これも全て、息子であるダイを守るためです

もはや、一片に生命力さえ残されていないと言うバラン

父親の死を受け入れられないダイは、真の竜の騎士は最強なんだろ!?と食い下がります

そんなダイを見て、過去の自分を重ねたヒュンケルには、痛い程その気持ちが伝わってきました

「私は真の竜の騎士ではない・・・」

竜の力と魔族の魔力、そして人間の心を持つ竜の騎士

バランには驚異的な力と魔力はありましたが、心の部分が足りませんでした

そしてバランは、ダイが人間の心を持っているのは、彼を育てた"ブラス"のおかけだと言います

「私の死などで泣く事は無い・・・お前にとっては、その方が父だ・・・」

そう言って諭すバランでしたが、ダイにとってブラスは、あくまでも育ての親です

俺の"父さん"とは違うと言います

もう、言葉すら聞き取る事が困難になってきたバラン

クロコダインは、最後に大きな声で"父さん"と呼んでやれと、ダイの肩を叩きました・・・

もう涙で言葉も出ないダイ

バランは最後の力を振り絞り、ダイの手を握りしめます

強く生きろ・・・

そう言い残したバランの手から、力が抜けていきました・・・

そしてダイの叫び声だけが、辺りに響き渡ります・・・

次回に続く・・・

まとめ

 命を捨てて、ダイを守ったバラン。

最後の最後に彼は、ダイが持つ"人間の心"の強さを認めていました。

そして、それを持つダイこそが、真の竜の騎士である事も・・・

そんなバランに、彼の事を"あの人"と呼んでいたダイも、"父さん"と認めます。

目の前で父親が死んでしまう・・・しかも自分を助けるために・・・

こんな辛い状況に追い込まれたダイは、果たしてこのまま戦い続ける事が出来るのでしょうか・・・!?

次回 第203話『屍を超えて・・・!!!』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
『勇者アバンと煉獄の魔王』の単行本がついに発売されました!

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第6話 『あぶない魔導書』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第5話『新天地への旅立ち』はこちらから 今回の内容は ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト