漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第173話『激突!!!集団戦闘』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第173話 『激突!!!集団戦闘』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 "メドローア"の構えをとるポップ。

そこに、まだ戦えると立ち上がったノヴァが、ハドラー親衛騎団に向かって"マヒャド"を放ちました。

すると!?シグマの胸元に隠された"シャルルの鏡"が呪文を吸い込み、そのままダイたちに向かって跳ね返してしまいます。

呪文が跳ね返ってくる事を知ったポップは、うかつに"メドローア"を放つ事が出来ません。

そして、身体が凍り付き瀕死になったノヴァの身体を、ヒムが止めを刺そうと天高く放り投げました。

もうだめかと思われましたが、とっさにヒュンケルが助けに入ります。

なんとヒュンケルの槍は、ヒムの頭を貫通しているのでした。

←前回 第172話『両刃の剣』はコチラから

ここから本文

 

ノヴァを間一髪の所で救ったヒュンケル!

そして彼だけでなく、マァムとクロコダインも到着しました

クロコダインはダイたちを見るや否や、"ヒートブレス"を吹きかけました

少々荒っぽいですが、これで凍り付いていた体も元通りです

これで5対5です・・・役者は揃いました

先ほど、頭に風穴を開けられたヒムでしたが・・・彼の目から生気は失われていません

むしろ今の方が、闘志に満ち溢れている様に見えます

ハドラー親衛騎団は、フレイザードと同じ禁呪法で生み出された金属生命体です

そうであれば、どこかに"核"があるはずです・・・

なんと!?ヒムは自身の胸を指さし、「俺たちの核はここだっ!お前ら人間と同じ位置よっ!!」と、自ら"核"の位置を明らかにしたのです!

自分で弱点をさらけ出すとは・・・よほどの自信があるのでしょう

一方のポップも、シグマの"シャハルの鏡"さえなければ"メドローア"で一掃できると、自信を覗かせています

マァムはシグマを、クロコダインはブロックをそれぞれ相手にするつもりです

そしてヒュンケルは、この中でボスは誰なのかをダイに問いました

頭をぶち抜かれたヒムは、ヒュンケルに仕返しをしなければ腹の虫が収まりません!

しかしアルビナスは、ヒムにダイと戦う事を命じます

彼らは、あくまでもハドラーの駒です

アルビナスは、どうせ戦うのなら、全員の戦力全てを暴いた方がハドラーの役に立つと考えました

私情よりも、勝ちにこだわらなければならないのです

お互い睨み合い、相手の出方を探っているようです・・・

両者の間に、息苦しくなるほど張り詰めた空気を感じます

氷柱が折れ、乾いた音がこだまします!

それと同時に、両者一斉に駆け出しました!!

一番最初に激突したのは、マァムとシグマです!

マァムはシグマの腕を掴み、豪快に投げ飛ばしました!!

続いて、ダイとヒムが激突します!

"ダイの剣"ではなく"パプニカのナイフ"を手にしているダイですが、果たして勝敗やいかに・・・!?

次回に続く・・・

まとめ

 続々と仲間たちが駆けつけてくれました。

ハドラー親衛騎団を倒すには、彼らの核を破壊するしかありません。

スピードのマァムとシグマ、力のクロコダインとブロックがそれぞれ戦い、ヒュンケルがアルビナスと、ダイがヒムと戦う事になるでしょう。

そうなると、ポップはフェンブレンが相手になりそうです。

自らの弱点の位置をさらけ出すなど、自信満々のハドラー親衛騎団。果たして、ダイたちは打ち勝つ事が出来るのでしょうか・・・!?

次回 第174話『チェスの原則』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
『勇者アバンと煉獄の魔王』の単行本がついに発売されました!

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第6話 『あぶない魔導書』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第5話『新天地への旅立ち』はこちらから 今回の内容は ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト