アニメ ダイの大冒険

【新アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第1話『小さな勇者、ダイ』漫画版(原作)との比較、違い、変更点

2020-10-08

新アニメ版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第1話 『小さな勇者、ダイ』漫画版(原作)との比較、違い、変更点、感想記事です。

2020年10月3日(土)AM9:30~新アニメ ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-がスタートしました。

この記事では、漫画版(原作)との変更点を主に、感想を述べていきたいと思います。

※第1話は、漫画版の第1話「デルパ!イルイル!前編」第2話「デルパ!イルイル!後編」第3話「ダイ爆発!!!前編」冒頭のストーリーでした。

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
全巻カバーイラストを稲田浩司先生が新規描き下ろし!連載時のカラーページを再現収録!ダイの大冒険ファンなら持っておきたい一冊です!

主な変更点

・ブラスじいちゃんの色

・ニセ勇者一行が乗ってきた船

・ニセ勇者がゴメちゃんを献上する場所

・ダイとニセ勇者の戦いの場

・魔法の筒の中身

・覇者の冠

これらの変更点を順に見ていきたいと思います。

・ブラスじいちゃんの色

漫画からの変更ではなく、旧アニメからの変更となります。

旧アニメではオレンジ色でしたが、新アニメでは淡い水色となりました。

これは元々、漫画では淡い水色であったので(カラーページ)、新アニメでは原作が忠実に再現されたという事になります。

漫画(水色)→旧アニメ(オレンジ色)→新アニメ(水色)

鬼面道士といえば、あずき色のようなピンク色のような・・・

恐らく、ただの鬼面道士と棲み分けしているのだと思います。

もしかしたら、ザボエラに操られている時には色が変わるのかもしれません。

注目点、変更点一覧へ戻る▶▶

キャラクターの必殺技、特徴的なシーンを、アクリルフィギュアで立体再現!「アバンストラッシュ!!」

・ニセ勇者一行が乗ってきた船

漫画ではそこそこ大きな船に乗って、デルムリン島にやってきました。

アニメでは、小船に乗ってやってきます。

大きい船が見えるため、この船に搭載されていた小船だと思われます。

そして、大きい船には事項で紹介する、ロモス王とロモス兵たちが乗っています。

注目点、変更点一覧へ戻る▶▶

・ニセ勇者がゴメちゃんを献上する場所

漫画ではロモス城にて、ロモス王にゴメちゃんを献上します。

アニメでは、先ほど紹介した大きな船の上で献上します。

ロモス城で待つロモス王に会いに行ったのではなく、ロモス王と共にデルムリン島にやってきた、ということになります。

注目点、変更点一覧へ戻る▶▶

・ダイとニセ勇者の戦いの場

漫画ではロモス城にダイが忍び込み、奇襲をかけて戦います。

アニメではダイが船に乗り込み、正面から戦いをしかけます。

そのため、ずるぼん(ニセ僧侶)を捕獲し、メンバーの弱点を聞き出すシーンは無くなっていました。

それに伴い、捕らわれたずるぼんが見張りのスライムたちに、お色気を使って抜け出すとうシーンも無くなっていました。

土曜日の朝からお色気シーンはNG・・・それとも、テンポよく物語を進めるためなのかは分かりません。

後に合体してキングスライムになるこのスライムたちの登場シーンが、後述する魔法の筒の項目で用意されていました。

注目点、変更点一覧へ戻る▶▶

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!

・魔法の筒の中身

基本的なモンスターは変わっていませんでしたが、アニメではブラスじいちゃんが出てきました。ダイの事が心配でついてきたのでしょうか?

また、漫画では黄金の筒から、ダイが見たこともないモンスターが大量に出現しました。その後、ずるぼんのお色気作戦により捕まってしまったスライムたちに暗示?をかけ、合体させキングスライムを出現させるというシーンがありました。

アニメでは黄金の筒の中身が、1本目はスライムたち(後で合体してキングスライムになります)、2本目がドラゴンでした。

注目点、変更点一覧へ戻る▶▶

キャラクターの必殺技、特徴的なシーンを、アクリルフィギュアで立体再現!「アバンストラッシュ!!」

・覇者の冠

漫画では、ロモス王に覇者の冠を被せてもらう際に、ダイは疲れて寝てしまっていました

眠っているダイをモンスターたちが取り囲み、捕らえようとしている兵士たちから守るシーンがあり、モンスターから絶大な信頼を得ていることが伺えました。

アニメでは起きた状態で、きちんと目を見開いた状態でした。そして、覇者の冠を被せたロモス王は、ダイを「未来の勇者」と称えます。

勇者という言葉に喜び、笑みを浮かべるダイでした。

ここでタイトルの「小さな勇者ダイ」の誕生となります。

注目点、変更点一覧へ戻る▶▶

まとめ

いくつか変更点はありましたが、違和感は全く感じませんでした。

旧アニメと比べると、格段に画質が向上し綺麗で鮮やかに感じました。

そして、テンポの良さがとても印象的で、飽きの来ない観やすい作品になっていました。

次は、第2話『ダイとレオナ姫』です

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
全巻カバーイラストを稲田浩司先生が新規描き下ろし!連載時のカラーページを再現収録!ダイの大冒険ファンなら持っておきたい一冊です!

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

-アニメ ダイの大冒険

© 2020 ゲームアニメJサイト