ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

【スピンオフ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 外伝 勇者アバンと獄炎の魔王・第25話『凍てついた両雄』

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第25話『凍てついた両雄』ネタバレ、感想記事です。

←前回、第24話『そして時間は・・・』はこちらから

今回の内容は、Vジャンプ2023年1月号でご覧になれます。

今回の内容は、Vジャンプ2023年1月号でご覧になれます。

最新の単行本はこちら↓

※ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

・獣王の狙い

前回、地中から登場したクロコダインは、ハドラーを連れ去ってしまいました。

彼は原作でダイを苦しめた、"やけつく息"ヒートブレスで地下を移動して侵入したのでした。

ハドラーを地底魔城に運んできたクロコダイン。どうやら彼は、ザボエラに頼まれてハドラー救出を実行したようです。

バルトスとガンガディアは、クロコダインの名を知っていました。

この頃から"獣王"として名を馳せていたのですね。

彼は、魔王の封印を知って世界中の魔物が覇権を狙っていると警告し、その場を後にします。

"ヒートブレス"で地下を溶かしながら移動してきたのです
原作より "ヒートブレス"を吐くクロコダイン
クロコダインはザボエラに頼まれてハドラーを救出したようです

クロコダインが去ったあと、ザボエラがザムザを従えて登場します。

悪賢いザボエラは、ハドラーを助ける事によって彼に恩を売ろうと考えたのです。

更に、"凍れる時間の秘宝"を解きたければ、遠慮せずに頭を下げに来いと言い残し、地底魔城をあとにしたザボエラ。

"凍れる時間の秘宝"の解き方を知っているのかと思いきや、なんとザムザにガンガディア達より先にその方法を見つけ出せと、無理難題を押し付けていました。

相変わらず、息子のザムザを自分の"道具"としか考えていない、毒親全開のザボエラでした。

そして、知恵のある者を尊敬するガンガディアですが、知力さえあれば良いというものではないと、完全に軽蔑していました。

クロコダインの事を馬鹿にするザボエラ
原作より いつの時もクロコダインを馬鹿にするザボエラ
ガンガディアはザボエラを軽蔑しているようです

クロコダインが地上に出ると、ガルーダに水をあげているヒュンケルの姿がありました。

こんな所に人間の子供がいるなど、奴隷かと勘違いしていましたが無理もありません。

実はこのヒュンケルとガルーダは、原作で因縁があります。

ヒュンケルがまだ魔王軍にいた頃、ダイに止めを刺そうとした所をクロコダインに割って入られ、更にガルーダにダイとポップを連れ去られるという場面がありました。

ガルーダに水をあげているヒュンケル
原作より ダイとポップを連れ去るガルーダ

目次に戻る▶▶

・神のご慈悲

勇者側、魔王側共に呪法の解き方が分からず手をあぐねいている中、マトリフは次の動きを既に始めていると言います。

恐らく、両者の封印が解けた後の戦いに備えているのだと思われますが、両手が包帯でぐるぐる巻きになっている事から"メドローア"習得に向けて動き出しているようです。

両手を怪我しているという事は・・・
原作より "メドローア"を構えるマトリフ

一方、皆既日食の力を利用した"凍れる時間の秘宝"という呪法とまでは解明したガンガディアですが、超古代の呪法ゆえにあまりにも情報が少なく苛立ちを隠せません。

そこへ・・・!?

何者かの指先から、ガンガディアの手に光線が放たれます。

すると、彼の手が勝手に動き出し、図形の様なものを描き始めました。どうやらこれは、呪法の解き方のようです。

そして、この光線を放った者の正体が明かされます。

ガンガディアの背後から彼を見つめる者・・・それはなんとミストバーンだったのです。

まさか、呪法の解き方をミストバーンが伝授していたとは、驚きです。

ガンガディアの手が勝手に!!
まさか、ミストバーンの仕業であったとは驚きです

場面は変わって、アバンを動かすというマトリフ。

フローラは場所を聞きますが、ホルキア大陸の何処か、現在マトリフが修行地にしている場所としか言えないようです。

マトリフは、アバンだけを復活させたかったが事情が変わったと言っており、ハドラーの復活が近い事を察知しているみたいでした。

しかし、それは同時にアバンも復活するという事です。

そのため、アバンと共に決戦用の奥義を極め、敵が態勢を整え直す前に先手を取る作戦です。

今まで、アバンに対して一番真剣な目をしていた人物は、ロカだったと言うフローラ。

そして、今ではそこにマトリフも加わったと、彼のアバンに対する強い思いを認めていました。

常に次の一手を考えているマトリフ
フローラもマトリフを認めているようです

目次に戻る▶▶

・謎の男

マトリフは、ジュニアール家の執事であるドリファンから数日分の保存食を受け取ると、アバンと共に"ルーラ"で飛び去って行きました。

すると・・・茂みの中から、いかにも怪しい謎の男が現れます。

どうやらその男は、マトリフたちの会話を盗み聞きしていたようです。

雰囲気的には、原作で登場した"キルバーン"を彷彿とさせる彼は、一体何者なのでしょうか?

謎の男・・・彼は一体?
原作より 雰囲気が"キルバーン"に似ています

マトリフたちがカール王国を離れてから数週間後、地底魔城の闘技場では呪法を解く準備が完了していました。

皆既日食が起こった正午の真逆である深夜に呪法を発動させ、凍れる時間の因果を解くのです。

ミストバーンから伝授された方法を実行します
これで両者の封印が解けるのでしょうか?

一方、修行を続けるマトリフ。疲れ切ってよろめく彼は、川の水で負傷した腕を冷やしています。

原作でも、同じ様にポップが腕を冷やしているシーンがありました。

川の水で両腕を冷やすマトリフ
原作より ポップも川の水で腕を冷やしていました

アバンのいる洞窟から、天に向かって光が放たれました。

その光を見たマトリフは、遂にアバンが復活すると期待を馳せます。

すると!?マトリフの背後に、先ほどの謎の男の姿が・・・

なんと彼は、これでアバンを殺せるようになると、勇者復活を歓迎しているようです。

マトリフが謎の男に対して、お前は魔王軍かと尋ねますが、「・・・どうかな?」とはぐらかしていました。

男を敵とみなしたマトリフが呪文を放ち攻撃しますが、マントで跳ね返されてしまいます。

そして、歪な形をした剣を抜き、マトリフ目掛けて斬りかかる謎の男。

一方でアバンの指が、ピクリと動き出しました。

遂に勇者復活か?しかし、マトリフが絶対絶命のピンチです。

この時を待っていたかのようです
遂に勇者復活なるか?

目次に戻る▶▶

・感想、まとめ

この時すでにクロコダインは、"獣王"として名を馳せていたのですね。

また、"凍れる時間の秘宝"の解除に、ミストバーンが一枚噛んでいたとは驚きです。

知略に優れるアバンを警戒する大魔王バーンが、ハドラーを使って彼を抹殺しようと目論んでいたという事です。

そして、今までの敵とは何か感じが違う謎の男が登場しました。

 個人的には、原作で登場した"キルバーン"に雰囲気が似ている様な気がしますが、一体何者なのでしょうか?

次回 第26話「幽霊騎士団」はこちらから→




『ダイの大冒険』最終回までに登場する、人物・魔王軍・モンスターたちに秘められた「物語」を徹底解剖! 主要キャラ20人には、今だからこそ言える三条陸先生と稲田浩司先生のコメントつき! さらに、『ダイ』の世界の歴史や呪文・技の分析、三条陸先生と芝田優作先生(『勇者アバンと獄炎の魔王』作画担当)の対談、稲田浩司先生へのインタビューなど、『ダイ』を深堀りする豪華コンテンツが盛りだくさん!

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第27話『全てを斬る』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第26話『幽霊騎士団』はこちらから 今回の内容は、Vジャ ...

2

アバンの使徒たちの知られざる物語(サブクエスト)を描く、ドラゴンクエスト ダイの大冒険 初の小説『それぞれの道』の感想、紹介記事です。 ※この記事はネタバレを含みます。 『それぞれの道』 「ダイの大冒 ...

3

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 幻の続編といわれた【魔界編】の徹底考察記事です。 ※2022年4月26日、加筆修正 ※2022年10月24日、加筆修正 ※2022年12月7日、加筆修正 ※本編のネタバ ...

4

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の最終話 第348話 『さらば!!!愛する地上よ』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。 ※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。 前回のあら ...

-ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

© 2023 ゲームアニメJサイト