ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

【スピンオフ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 外伝 勇者アバンと獄炎の魔王・第5話『新天地への旅立ち』

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第5話 『新天地への旅立ち』ネタバレ、感想記事です。

←前回、第4話『渾身の一刀』はこちらから

今回の内容は、Vジャンプ2021年4月号でご覧になれます

今回の内容は、Vジャンプ2021年4月号でご覧になれます。

最新の単行本はこちら↓

※ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

・新天地への旅立ち

①キギロ撃破!?

"大地斬"によって真っ二つになったキギロ。その体から、何かの"玉"が出現します。

集まってきた"しにがみ"たちが、キギロの体から出現した"玉"手に取り、その場を去っていきました。

原作では、ロモス城から飛び降りたクロコダインを棺桶に入れる役目を、"ゆうれい"が担っていました。

※"ゆうれい"は鎌を持っておらず、"しにがみ"は鎌を持っています

この玉は一体・・・?
この種族は"死"を嗅ぎつけてくるのでしょうか?

鎌を持っている"しにがみ"
鎌を持っていない"ゆうれい"

どうやら先ほどの玉は、キギロの"種"のようです。

植物だけに、種を植えればまた生えているのでしょうか?

完全にこの世から消し去る事は、出来なかったみたいです。

しかしアバンは、ブロキーナから「見事に大地を斬れた」と、"大地斬"習得の太鼓判を押してもらいました。

植物だけに"種"を残していたのです
"大地斬"成功です

その場を去るアバン。

しかしここでブロキーナは、巨大マンイーターにしっかりと止めを刺しておきます。

彼は、武神流奥義である"閃華裂光拳"を放ち、マンイーターを完全に消し去るのでした。

※閃花裂光拳とは、過剰な回復促進エネルギーで標的の生体組織を壊死させ破壊する、武神流の奥義の一つです。

元祖"閃華裂光拳"というわけです
マァムも得意技としていました

目次に戻る▶▶

②3人目の仲間

ネイル村へと帰還したアバンたち。

大怪我を負っていたロカですが、レイラに気遣い我慢していたようです。

彼らは、これ以上長居すると皆に迷惑がかかると、明日にも旅立つつもりです。

そんな二人の会話を聞いていたレイラは、複雑な表情浮かべていました。

レイラを気遣うロカ
レイラは複雑な心境です
マァムに気があるポップ
マァムは物思いにふけっていました

出発の朝、アバンたちを見送る村人たち。

そこにはレイラの姿も・・・

不器用なロカは、胸中を上手く言葉に出来ません。

そして、二人は旅立っていきました。

そんな二人を無言で見送る、レイラの目には涙が・・・

想いを伝えられないロカ
レイラの目には涙が・・・
マァムもダイたちを見送りました
マァムの目にも涙が・・・

アバンたちの力になりたい!

そんな思いと葛藤していたレイラは、アバンたちに付いていく事を決心します。

彼女は村人たちの前で"影女"に変身し、僧侶の身でありながら刃物を手にした自分を破門にするよう、自ら名乗り出ました。

こうやって強引に村から出て行こうとしたレイラ。そこで父親であり神父のアリアムは、「勇者様が世界に平和を取り戻す、その日まで」村への立ち入り禁止を命じます。

これは裏を返せば、アバンと共にレイラが世界に平和を取り戻す事が出来れば、村に帰ってきても良いと捉える事ができます。

アバンと共に魔王軍と戦う旅に出る事を、認めてくれたというわけです。

優しい父親です
こうやって村を飛び出したのでした

持ち前の素早さで、先回りしてアバンたちを待ち構えていたレイラ。

こうして、正式にレイラが仲間に加わります。

これで、戦力が一気に増強されました。

先回りしていたレイラ
マァムは後ろから追いかけてきました

僧侶と盗賊という、二つの職業をこなすレイラ。

アバンは、そんなレイラが仲間に加わって欲しいと願っていたようです。

レイラ、マァム共に3人目の仲間であったというのは、運命なのかも知れません。

3人目の仲間レイラ
マァムも3人目の仲間でした

レイラは、アバンには"様付け"ですが、ロカには呼び捨てです。

しかも、"あんた"と呼ぶなど、二人の距離がグッと縮まった感がありました。

将来的には結婚する彼ら・・・今後の発展が楽しみです。

目次に戻る▶▶

③キギロの末路

場面は変わって、ここは"地底魔城"です。

何やら如雨露を持った"ミイラおとこ"が、植物に水を与えています・・・

その植物は、なんとキギロです!

彼はハドラーの罰として、こんな所に植えられていたのでした。

情けない姿に・・・
地底魔城と言えば"ミイラおとこ"です

強者にしか興味がないと言う、ハドラー。

だから、アバンの活躍を気にかけているのです。

彼はこの頃から、強さのみを信じる心を持っているのでした。

強さに失着するハドラー
そこが大魔王バーンのお気に入りでした

アバンたちの行動を監視するガンガディア。

次に訪れようとしている場所とは・・・?

アバンの行動を監視するガンガディア
意味深な表情を浮かべています

目次に戻る▶▶

④大魔導士

フローラ姫の元に、アバンからの手紙が届きました。

アバンたちの次の目的地は、何処かの秘境のようです。

その秘境は人が立ち入り難く、良くない噂しか聞かないという、とても危険な場所みたいです。

手紙を受け取り嬉しそうなフローラ姫
相変わらず、気が利くアバンです
とても危険な場所のようです

アバンたちが向かった秘境・・・そこは、古来より様々な願いを叶える摩訶不思議な力が眠ると言われる、秘境の里"ヨミカイン遺跡"でした。

そこで彼らを待ち受けていたのは、"バーサーカー"の大軍です。

人が立ち入り難い秘境とは、"バーサーカー"が根城にしているからだったのです。

秘境、ヨミカイン遺跡
バーサーカーの大軍です
バーサーカーと言えば、4コマ漫画劇場を思い出します

アバンは早速、"大地斬"で敵を蹴散らします。

元々の戦闘センスが高い彼にとって、一度覚えた"大地斬"はお手の物のようです。

完全にマスターしたようです
ダイの"大地斬"
ダイも短期間でマスターしました

そして、仲間に加わったレイラも大活躍です。

持ち前の素早さで、"バーサーカー"に反撃する余地さえ与えません。

しかし、ロカだけは苦戦を強いられているようです・・・

一瞬で敵を切り裂きます
苦戦を強いられるロカ

劣勢のロカが、とっさに素手で敵をぶん殴ります。

すると・・・!?

その余りの超威力に、"バーサーカー"たちは逃げ出していきました。

顔面にめり込むロカの拳
戦士としてのプライドがズタズタに・・・
マァムの怪力は父親譲りです

アバンは、ここ"ヨミカイン遺跡"で何かを探しにきたようです・・・

そして、偵察に行ったレイラが発見したのは"ヨミカイン図書館"という、何とも不思議な形をした建造物でした。

この図書館には、一体どの様な秘密が隠されているのでしょうか?

何かを探しているアバン
ヨミカイン図書館には一体何が?

ひとり項垂れるロカ。

怪力だけしか取り柄のない彼は、パーティーにおける自分の必要性に悩みます。

そんな彼に、何処からともなく語り掛けてくる声が聞こえてきました・・・

そして、声に導かれたロカが発見したのは、岩の下敷きになった一冊の本でした。

突然、ロカに語り掛ける声が聞こえてきます
岩の下敷きになった一冊の本が・・・

なんと!?本の表紙には、人の顔が・・・!?

どうやら、ロカに語り掛けていたのはこの本のようです。

よく見ると、その顔は大魔導士マトリフにそっくりなような・・・?

何処かで見覚えがあるような・・・?
この人に似ているような・・・?

目次に戻る▶▶

・感想、まとめ

原作でのレイラが言っていた、15年前に村を飛び出したという経緯が明らかになりましたね。

レイラが仲間に加わる流れが、原作のマァムが仲間に加わる流れのオマージュになっており、感慨深いものがありました。

そして、次は"あの人"が登場しそうです。

次回 第6話「あぶない魔導書」はこちらから→

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第9話 『第二の必殺剣』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第8話『ガンガディアの戦慄』はこちらから 今回の内容は ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第10話 『海に消えた勇者』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第9話『第二の必殺剣』はこちらから 今回の内容は、 ...

-ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

© 2021 ゲームアニメJサイト