ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

【スピンオフ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 外伝 勇者アバンと獄炎の魔王・第13話『炎の再会』

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第13話 『炎の再会』ネタバレ、感想記事です。

←前回、第12話『その名はストラッシュ』はこちらから

今回の内容は、Vジャンプ2021年12月号でご覧になれます。

今回の内容は、Vジャンプ2021年12月号でご覧になれます。

最新の単行本はこちら↓

※ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

・それぞれの想い

港町サババを訪れた一行。

どうやら、この町に来たいと言い出したのは、マトリフのようです。

しかし、彼は一度も来た事がないらしく、"ルーラ"では行けないため、舩を漕いできました。

アバンと行動を共にするレイラは、何やらアバンに相談があるようです。

それは、ロカが言った「レイラは大事な仲間だから特別だけど、基本的に女の子とかには興味がない」という言葉についてでした。

ロカの事が好きなレイラは、その言葉にショックを受けてしまったのです。

一方、マトリフと共に路地裏を歩くロカ。

彼は彼で、レイラがアバンの事が好きなのではないかと思っているようです。

ロカは、レイラが故郷を捨ててまでついてきたのは、アバンの事が心配だったからだと思い込んでいます。

そしてロカは、その事をレイラに聞いたら怒られたようです。

そんな事から、図星だったのではないかとショックを受けたのでした。

ロカの本心が読めないようです
レイラは、ロカの事が心配でついてきたんですよ!

お互い好き同士なのに鈍感なのか、相手の気持ちが全く理解できていないようです。

娘のマァムの鈍感さは、どうやら両親譲りのようですね。

そしてまた、マァムのお相手であるポップも相当鈍感でした。

マァムはこの時に初めて知ったようです
ポップも相当鈍感でした

目次に戻る▶▶

・不死鳥のかがり火

目的の場所に着いたと言う、マトリフ。

彼が指さす先には、一か所だけ陽の差し込み方が違う扉があります。

なんと、その扉は幻であり、すり抜ける事が出来ました。

その中で店を構えるいかつい店主は、どうやらマトリフの知り合いのようです。

見るからに怪しい扉です
マトリフを"旦那"と呼ぶ店主

なんと彼は、過去に同じ師の元で、マトリフと修行をしていた事があるようです。

しかし、あまりにも厳しい修行に、途中で逃げ出してしまったみたいです。

ここでディードックの口から、"まぞっほ"の名前が出てきました。

まぞっほがマトリフの事を"兄者"と呼び、心酔していた過去が明かされます。

そしてマトリフは、まぞっほの事を"才能はある奴"だったと認めていました。

いずれ"まぞっほ"も登場するのでしょうか?
原作では再会していました

本題に入るというマトリフ。

彼はディードックが、"不死鳥のかがり火"を手に入れたと知って、彼の元を訪れたと言います。

しかし、ディードックは在り処を教えようとしません。

痺れを切らしたマトリフが「早くしろ!」と催促すると、彼は渋々在り処を教えてくれました。

髑髏の中に隠されていた"かがり火"は、死の大地まで行って、ようやく見つけたお宝のようです。

炎の不死鳥の羽根から落ちた、火の粉と言われている"不死鳥のかがり火"。それは、滅多な事では消えず、邪悪な力に強く反応するのです。

ここでロカは、マトリフの狙いが分かりました。

それは、この"かがり火"が、魔王を探し当てる道具になるという事でした。

魔王の力に強く反応してくれるはずです
不死鳥といえば"ラーミア"です

目次に戻る▶▶

・魔王登場

一方、アバンとレイラは食事中でした。

アバンは、ロカが意地っ張りであり、たまに心に思った事と反対の事を言ったりすると説明します。

そして、すぐに分かるようになると、フォローを入れていました。

その時です・・・

二人は、何か凶々しい視線を感じます。

アバンに様子を見てくるよう頼まれたレイラは、"影女"の姿へと変身し、一瞬で屋根の上へと移動しました。

彼女が気配を探っていると、背後から"悪魔の大目玉"の触手に捕らえられ、"あまい息"※を浴びせられてしまいます。

レイラ絶対絶命のピンチですが、ここでアバンの登場です。

出された料理は全て食べきるという彼は、しっかりと2人分の食事を済ませてから現れたのです。

※あまい息:あまい匂いの息を吐き掛け、眠り状態にするというもの

迷惑はかけない主義です
料理を無駄にはしません

見た目にたがわず、物凄いスピードで攻撃を仕掛けてくる"悪魔の大目玉"。

"大地斬"では捉えきれず、ここで使えば町を破壊してしまう事から、"海波斬"で仕留めるしかありません。

即座にそれを察知したレイラは、"バギマ"を使い敵を浮かせ、動きを封じる事に成功しました。

そして、敵が宙に浮き動けなくなった所に、アバンが"海波斬"をぶち込みます!!

敵を浮かすレイラ
見事な連携プレーです

禁呪法で生み出された"悪魔の大目玉"を、始めて見たアバン。

彼は、その消滅の仕方から、何者かが生体機能に手を加えたと推測しました。

その頃、"不死鳥のかがり火"を持って帰ろうとしたマトリフは、ディードックから30000ゴールドを要求されます。

しかしながら、そんな大金を持っていないマトリフたちは、"かがり火"を諦め、その場をあとにしました。

外に出たロカは、マトリフに金のアテはあるのかと問います。

ところが、そんな物は必要ないと言うマトリフ。

なんと彼は、秘かに呪符に火を付けていたのです。

その後、呪符を瓶に入れると突然、炎の色が変わり激しく燃え始めました。

悪い男です
突然、炎の色が変わり激しく燃え始めました!

燃え上がる炎を見て、嫌な予感がするマトリフ。

どうやらその予感は、的中してしまったようです。

見る見る内に、上空には暗雲が立ち込め、海上には雷鳴と共にある男の姿が・・・

あの男の登場です・・・
原作での初登場は、同じ登場の仕方でした

その男とは、アバンの宿敵である"魔王ハドラー"です。

二人の対面は、カールの城での闘い以来になります。

久しぶりの対面です

目次に戻る▶▶

・感想、まとめ

マトリフの修行仲間である、ディードックが登場しました。

あんないかつい姿をした彼が逃げ出してしまうとは、マトリフの師匠の修行はよほど厳しかったのでしょう。

そして、原作ではお馴染みの"まぞっほ"が、名前だけですが登場しましたね。

原作では、最後の最後で世界平和に貢献した彼もまた、夜逃げをしてしまったようです。

また、アバンの前にハドラーが姿を現しました。

まだ"アバンストラッシュ"を完成させていないアバンですが、果たしてどの様にして闘うつもりなのでしょうか!?

  次回 第14話「これが魔王だ」はこちらから→

今回の内容は、Vジャンプ2021年12月号でご覧になれます。




記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第14話 『これが魔王だ』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第13話『炎の再会』はこちらから 今回の内容は、Vジ ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第13話 『炎の再会』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第12話『その名はストラッシュ』はこちらから 今回の内容 ...

-ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

© 2021 ゲームアニメJサイト