漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第328話『渾身!!!』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第328話 『渾身!!!』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 ポップの挑発に乗り、"天地魔闘の構え"をとるバーン。

彼は、ダイとポップの2人しかいない状況で、どの様にして止めの一撃をくらわせるつもりなのかと問いました。

それに対しポップは、大魔王を倒すのは勇者と決まっており、奥義のくらい役は自分だと答えます。

そして、両手に別々の呪文をこめたポップですが、これでは二手しかありません。

バーンは、三手目の"カイザーフェニックス"で、仲良く丸焦げだと宣告しました。

しかし、それでもやるつもりのポップ。

彼は、ダイや仲間たちとの"魂の絆"がバーンの度肝を抜くと宣言し、飛び掛かっていきました。

バーンは宣告通り、呪文を弾き、杖をへし折り、無防備になったポップに"カイザーフェニックス"を放ちます。

大爆発に飲み込まれ、丸焦げになってしまったかに思われたポップでしたが、なんと彼の胸元には"シャハルの鏡"が備え付けられていたのです。

←前回 第327話『絆にかけて・・・!』はコチラから

ここから本文

 

ポップとの闘いに敗れたシグマは、自分の代わりにポップの行く末を見届けてほしいと、"シャハルの鏡"を託しました

シグマと同じ様に、腕に装備しようとしたポップでしたが、余りにも重すぎます。

そこでシグマから、胸に仕込んでおけばよいと助言されていたのでした。

"シャハルの鏡"は、何かの役どころか最後の決め手になってくれました

それはまるで、シグマの"魂"がポップを救ってくれたかのように・・・

自らが放った、不死鳥の業火に焼かれるバーン!

これも全て、仲間たちがダイのために作った奇跡の瞬間です!!

ここで決めなければ、大魔王を倒すチャンスは永久にやってこない・・・

この一瞬に、ダイは己の全てを込めます!!

渾身の"アバンストラッシュ"を放ったダイ!

しかし・・・!?

「・・・余を・・・この大魔王バーンをなめるでないわーっ!!」

なんとバーンは、"カイザーフェニックス"をかき消してしまいました!!

・・・しのいだり・・・!

バーンは、勝ちを確信していました

あとは、目の前のストラッシュを迎撃するだけ・・・

「すべては終わりだーっ!!」

バーンが拳を振り上げますが・・・!?

その時ダイは、なんとバーンの懐に!!

次回に続く・・・

ファンなら絶対に揃えておきたい!!新装彩録版の全25巻セットです。

まとめ

 シグマは、ポップに"シャハルの鏡"を託していたのですね。

潔く負けを認め、先ほどまで敵として闘っていた相手の役に立てばと、自身の一番大切な物を預けるとは、彼もまたハドラーの武人の心を受け継いでいたのですね。

ヒムは復活しダイたちの仲間になりましたが、シグマの"魂"もまた、仲間として彼らを助けてくれました。

前回ポップが言っていた、"魂の絆"がバーンの度肝を抜くとは、まさにこの事です。

そして、仲間たちがダイのために作ってくれた、この一瞬をダイは無駄にはしません。

"カイザーフェニックス"を打ち消したバーンも流石ですが、ダイはその更に一歩先を行っていました。

バーンの予想外の動きで懐に入ったダイは、果たして決定打を与える事が出来るのでしょうか!?

次回 第329話『一瞬!!!』につづきます。

 




記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第14話 『これが魔王だ』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第13話『炎の再会』はこちらから 今回の内容は、Vジ ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第13話 『炎の再会』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第12話『その名はストラッシュ』はこちらから 今回の内容 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト