漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第279話『王手ッ!!!』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第279話 『王手ッ!!!』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

これが最後の戦いだと、覚悟を決めたヒュンケル。

そんな彼をマキシマムがスキャンすると、そのHPは21しかありません。

 そして、王の合図と共に兵士たちが、一斉に襲い掛かります。

しかし、集中攻撃を受けたはずのヒュンケルは無傷であり、彼の放ったカウンターによって1体の兵士が砕け散りました。

次に襲い掛かった騎士も、難なく砕いたヒュンケル。

彼曰く、意志を持たない駒たちの強さは、ハドラー親衛騎団とは似ても似つかないようです。

焦ったマキシマムのスキャンによって、ヒュンケルのHPは"1"しかない事が判明します。

そこへ、不意に地中から僧正が現れ攻撃を受けますが、彼は倒れず、代わりに僧正が粉々に砕け散りました。

←前回 第278話『最後の闘志燃ゆ!!』はコチラから

ここから本文

 

僧正に続いて、城兵までもを真っ二つに切り裂いたヒュンケル!

残りの兵士たちが、彼に襲い掛かります!

何とか1体は破壊する事に成功しますが、多勢に無勢です

そうしている間に、城兵の大爆発に飲み込まれてしまいました!!

しかし、マキシマムが確認した所、ヒュンケルのHPは1のまま変わっていませんでした

信じられない様な事態に、マキシマムは動揺を隠しきれません

彼のデータバンクには、"不死身"の魔剣戦士とありますが、そんなのはただの異名のはずです

そこで、更に細かく確認するために、"スーパースキャン"を施します

ヒュンケルの身体は、全身の骨にヒビが入り再起不能の状態でした

しかし、なぜ彼は動けるのでしょうか・・・?

マキシマムには全く理解できませんが、ヒムには分かります

ヒュンケルを突き動かしている、生命すらも超える力・・・

残る駒は、兵士が5つです

1ポイントの体力を奪えない訳はないのですが、ヒュンケルに超常的な力がある事も認めなければなりません

そこで、マキシマムが出した指令は・・・!?

兵士たちが、マキシマムを守るために移動しました

すると!?

なんと、ヒュンケルの姿がありません!

焦るマキシマムの背後から、彼の声が聞こえてきました!!

「・・・ここだっ!!」

いつの間にか背後を取られていた、マキシマム!

彼は振り向きざまに、思い切りヒュンケルを殴りつけますが・・・!?

目の前で王がやられていても、兵士たちは無言で突っ立ったままです

所詮は人形である彼らは、命令がなければ王を助ける義理もないのです

王であるマキシマム自身は、1コマずつしか動けなく戦力にはなりません

部下たちの強さを借りて、敵を囲み追い詰める

その戦略的な頭脳だけが、彼の唯一の能力でした

しかし、本当に最後の自信があれば、あの状況で部下を呼び戻したりはしなかったはずです!

ヒュンケルは勝ちを確信しましたが、マキシマムは諦めた訳ではありません

彼はこの瞬間、自身の頭脳にインプットされたヒュンケルの過去のデータを再検索していたのです

兵士たちを動かしても、それだけでは勝てないと考え、何か彼の決定的な弱点を探します

そして・・・!?

指を鳴らし、兵士たちに合図を送ったマキシマム!

すると!?

なんと兵士たちは、倒れて動けないヒムを担ぎ始めました!

そして、あろうことか彼の身体を城の外へと放り投げたのです!!

間一髪でした!

俺なんかにかまっている場合かと叫ぶヒム!

ヒムを助けたヒュンケルは、完全な無防備状態です!!

そんなヒュンケルを、マキシマムが思い切り踏み潰します!!

しかし彼は、血ヘドを吐きながらも、ヒムの腕を放しません!!

ヒムは、ヒュンケルが自分の事を仲間だと思っていてくれた事に、心を打たれました

しかしマキシマムは、ヒュンケルを罵倒します

そんな物は、戦士としては致命的な弱点だ!

かつては冷徹な戦士だったお前が、仲間たちの情けやら愛に触れたおかげで芽生えた、不死身の戦士の唯一の隙だと!!

・・・そうかオレは

マァムと同じ事をしたのか・・・!!

ヒュンケルは、地底魔城でマァムに救われた時の事を思い出しました

そして、ヒムに詫びを入れるヒュンケル

しかし彼にとって、情けや愛を捨ててまでの勝利とは意味をなさないのです!!

マキシマムから言わせれば、そんな物は戯言です!

彼の辞書には、"必勝"の文字しかありません!!

次回に続く・・・

ファンなら絶対に揃えておきたい!!新装彩録版の全25巻セットです。

まとめ

 HPが1になってしまったヒュンケルでしたが、不屈の闘志で戦い続けていました。

彼はもう、スキャンなどでは計り知れない領域に達していたのだと思います。

それにしても、マキシマムは汚い相手です。

肉体面の弱さだけでなく、精神面の弱さまで突いてくるとは、勝つためならば手段は一切選ばないようですね。

今となっては大事な仲間であるヒムを助けるために、完全な無防備状態になってしまったヒュンケルは、このピンチを脱する事が出来るのでしょうか!?

次回 第280話『超戦士推参!!!』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第10話 『海に消えた勇者』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第9話『第二の必殺剣』はこちらから 今回の内容は、 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト