漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第302話『闇の衣』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第302話 『闇の衣』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 ヒムの闘気にハドラーを見たミストバーン。

ヒム自身もそうあって欲しいと願っているようですが、ミストバーンには認められません。

人形風情がハドラーの生まれ変わりの様な顔をするのは、断じて許す事が出来ないミストバーンは、右手を刃に変えて襲い掛かります。

しかし、オリハルコンの身体を砕く事が出来るのは、この世にたった一人しかいないと言うヒムは、闘気を全開にしてミストバーンを返り討ちにします。

このままではまずいと、窮地に陥ったミストバーンは、バーンに"あの力"を使う許しを請いますが、ダイとの闘いに集中しているバーンには届きません。

そこでミストバーンは、己の全力でなんとかするしかないと、左手に全暗黒闘気を集中させた"闘魔最終掌"でヒムを粉々にするつもりです。

これに対しヒムは避ける事すらせず、右拳を集まっている暗黒闘気にぶつけました。

そして、見る見る内に粉々になっていくヒムの右拳。

しかし、ヒムの狙いは右拳をおとりにし、ミストバーンを懐に誘い込み、必殺の左拳である"闘気拳"を喰らわせる事だったのです。

ヒュンケルはヒムに、"闘気拳"をまともに喰らって戦闘不能状態の、ミストバーンの仮面をはげと言いました。

←前回 第301話『白銀の猛威!!』はコチラから

ここから本文

 

ミストバーンの素顔は、長年謎に包まれてきました

それは恐らく、彼の素顔こそが大魔王バーンの秘密に直結していると、ヒュンケルは睨んでいます

以前は、声すら発しなかったというミストバーン

一度口を閉ざしたら、何十年も口を開かない無口の男と言われていました

親友のキルバーンですら、喋る所を見たのは何十年ぶりだとうと言っていました

相手によってはその声すらもが、バーンにとっては、他人に知られてはならない重大な秘密なのかもしれません

ヒュンケルは、ミストバーンの素顔を見れば、バーンの秘密の一端が垣間見えそうだと考えています

そして、それをダイに伝える事が出来れば、彼が有利に闘えるかも知れない・・・

仮面を暴く事に快諾したヒム

どうせミストバーンは抵抗不能であり、倒そうと思えばいつでも倒せます

そしてヒムが、ミストバーンの衣に手をかけた、その時です!?

「まっ・・・待てっ!!」

急にヒムを止めたのは、クロコダインでした

ミストバーンの仮面を暴くのは、何か危険な気がすると言うクロコダイン

どうやら彼は、地上でロン・ベルクから伝言を預かっているようです

"闇の衣"・・・

ロン・ベルク自身にも、漠然とした表現しか出来ないという、ミストバーンが自分の力を強く押さえつけている何か

それは自身のように、出したくとも全力が出せないのではなく、何か"大きな力"で、パワーそのものを押さえられているということを、ロン・ベルクは闘いの中で知りました

つまりロン・ベルクは、ミストバーンの力を封印する"何か"を"闇の衣"と表現したのです

そして彼は、闘って倒せるチャンスがあれば、真の力を見せる前に倒してしまえと言いたいのです

ブッ飛ばすか?それとも、ひっぺがそうか?

痺れを切らしたヒムが、ヒュンケルに催促します

すると!?

突如、地響きが起こります

もう、ダイと大魔王バーンの最後の闘いが始まっているのです

そして、意を決したヒュンケルは、正体を暴かず止めを刺す決断を下します

ロン・ベルクの助言を無視できない事や、先を急ぐ必要があるからです

「・・・あばよ!ミストバーンさん!!成仏してくんな!!」

ヒムの左拳に闘気が集まり、いつでも"闘気拳"を放てる状態です!

一方、"カイザーフェニックス"と打撃の同時攻撃を放った、バーン!

それを見ていたレオナの目の前には、両者が激突した後、立ち尽くしているバーンの姿だけが・・・

そして!?

恐るべし!竜の騎士よ!!

大魔王バーンは、自身最強の技ですら止めを刺せないダイに、苦悶の表情を浮かべています!!

次回に続く・・・

ファンなら絶対に揃えておきたい!!新装彩録版の全25巻セットです。

まとめ

 ミストバーンの"闇の衣"は、ドラクエⅢのラスボス"ゾーマ"を始めとする、ボスキャラが纏っている衣と同名です。

ゲームでの"闇の衣"は、纏う者の能力や耐性を上げる、一種の"バリア"として登場しましたが、ミストバーンが纏っているのは、逆に力を押さえ込むようです。

以前、鬼岩城が破壊された際に怒りの感情が爆発し、"闇の衣"を自ら脱ぎ捨てようとした事がありました。

その時は、キルバーンに止められ未遂で終わりましたが、凄まじい力が解放されようとしていた覚えがあります。

果たしてヒムは、このままミストバーンの力が解放される前に、止めを刺す事が出来るのでしょうか!?

また、"カイザーフェニックス"と打撃の同時攻撃を受けたダイでしたが、どうやら無事どころか、バーンに一太刀食らわせていたようです。

こちらの闘いも、いよいよ佳境に入ってきました。

次回 第303話『勝負を賭けた攻撃!!!』につづきます。

 




記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第14話 『これが魔王だ』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第13話『炎の再会』はこちらから 今回の内容は、Vジ ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第13話 『炎の再会』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第12話『その名はストラッシュ』はこちらから 今回の内容 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト