漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険・第26話『卑劣なり!妖魔司教』

2020-09-01

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第26話 『卑劣なり!妖魔司教』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

ダイとクロコダインの死闘が始まりました。

ダイはメラを唱えクロコダインを驚かせますが、クロコダインの秘策の前になす術がありません。

その秘策とは、ブラスじいちゃんを呼び出しダイと戦わせる事という卑怯な戦法でした。

攻撃を躊躇したダイは、ブラスじいちゃんのメラミを正面からまともに喰らってしまったのでした。

←前回 第25話『ダイ弱点・・・!?』はコチラから

ここから本文

 ブラスじいちゃんのメラミを正面からまともに喰らってしまったダイ。

動くこともままならないダイに向かってクロコダインはとどめの一撃を放ちました。

がしかし・・・

 間一髪の所でマァムが助けに入ります!!

 マァムが魔弾銃で攻撃しようとしますが、ダイはブラスじいちゃんを気遣い制止します。

やはりブラスじいちゃんを傷付ける事は絶対にしたくないのでしょう。

するとマァムはクロコダインの卑怯な作戦に対して怒りを露わにします。

 マァムだけでなく兵士達からも卑劣呼ばわりされたクロコダインは・・・

 相当追い詰められているのか、手段を選んでいる場合ではないといった感のクロコダイン。

自分でも卑怯な手だというのは重々承知だと言わんばかりです。

一方のザボエラは笑いながらその様子を見ていました。

ザボエラはクロコダインを利用して自分の株を上げる事が狙いのようです。

卑劣極まりないザボエラですが、魔物らしいと言えば魔物らしいですね。

クロコダインが人間に近い考え方を持っていて特殊なんだと思います。

 ダイはブラスじいちゃんを魔法の筒に封じ込める作戦を思いつきます。

 マァムがブラスじいちゃんを抑えている間に、クロコダインの持つ魔法の筒を奪おうとするダイ。

  しかし・・・

 

 弱ったダイのスピードでは、クロコダインから魔法の筒を奪う事は出来ません。

クロコダインはあの技で止めを刺すつもりです!!

 

 クロコダインから放たれたのは"獣王痛恨撃"でした!!

 まともに喰らってしまったダイたち!!

 クロコダインの"獣王痛恨撃"は城壁を突き破るほどの威力でした!!

そして勝ちを確信するクロコダイン!!果たしてダイは無事なのでしょうか?

次回に続く・・・

まとめ

 クロコダインは葛藤の末に、この作戦を選ばざるを得なかったようですね。

本当は正々堂々と戦いたいという、魔物らしからぬ感情を持ち合わせているクロコダインです。

魔物の感情からするとザボエラが正常なんでしょうか?

そういった面が今後の物語に影響してきそうです。

そして、クロコダインの"獣王痛恨撃"を喰らったダイの命運は?

次回 第27話『ひとかけらの勇気!』につづきます。

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
全巻カバーイラストを稲田浩司先生が新規描き下ろし!連載時のカラーページを再現収録!ダイの大冒険ファンなら持っておきたい一冊です!

 

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

-漫画 ダイの大冒険

© 2020 ゲームアニメJサイト