漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第207話『太陽を我が手に・・・!!』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第207話 『太陽を我が手に・・・!!』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 バーンの凄まじい強さに、攻め続けなければ全滅してしまうと考えた一行。

しかし、ヒュンケルの"ブラッディースクライド"は指で止められ、マァムやクロコダインも軽くいなされてしまいます。

更に、ポップが"メドローア"を放ちますが、バーンの"マホカンタ"により跳ね返されてしまいました。

何とかもう1発"メドローア"を放ち相殺したポップでしたが、魔法力はほとんど残されていません。

そして、マァムをかばい暗黒闘気の直撃を受けてしまったヒュンケルは、バーンが桁違いの魔法力によって、こちらが1回動く間に2回動ける事に気が付きます。

魔法力の桁が違いすぎる相手に、マァムしかまともに動ける仲間がいない状況・・・

そこで、冷静に辺りを見渡したポップは、"逃げる"という決断を下します。

そして、仲間たちを集め"ルーラ"で逃げ出した彼らでしたが、なんと見えない壁に阻まれ、地面に叩きつけられてしまいました。

←前回 第206話『絶望のバトル!!!』はコチラから

ここから本文

 

バーンの強大なる魔力によって、封印されているバーンパレス

この中から"ルーラ"で逃げようとしても、無駄なあがきなのです

そんな事をしている間に、攻撃の一つでもしていた方が長く生きれただろうにと言う、キルバーン

しかし、どの道ダイたちは戦える状況ではありません

このまま全滅する他、道は残されていないのでしょうか・・・!?

「・・・終わりだな」

今度こそ、止めを刺そうと手をかざしたバーン!

すると!?

なんと彼の手に、大きな音と共にヒビが入ります!!

ひび割れた手を自ら切り落とした、バーン

実は、マァムが最初に放った"閃華裂光拳"がかすっていたのです

そして、大魔王バーンも生物である事に変わりないと、手応えを感じたマァム

しかし、彼女の心の中は見透かされていました

側近の二人は手を出さない上に、バーンは片腕です・・・

自身のピンチに千載一遇のチャンスだと煽る、バーン

戦う意志を固めたマァムが、バーンに向かって一直線に飛び掛かります!

しかし!?

それと同時に、危険を察知したポップがマァムに飛び掛かり、彼女の足を抱えました!

すると!?

なんとバーンの腕が一瞬で再生し、暗黒闘気を放ったのです!!

そしてその闘気は、マァムの髪の毛をかすっていきました!!

ポップが止めなければ、マァムは今頃バーンの暗黒闘気の餌食でした

なんとバーンは、いつでも瞬時に腕を再生できるにも関わらず、やられたふりをしてマァムをからかっていたのです

「・・・ひどい!!なんて残酷なっ・・・!」

バーンに残酷なやり方に、怒り心頭のマァム

しかしバーンは、強大な力で弱者を思うようにあしらう行為を面白いと言います

"力"ほど純粋で単純で美しい法律は無いと言う、バーン

本来、生物はすべからく弱肉強食です

バーンは、魔族も竜も例外なくそうであるのに対し、人間だけが気取った理屈をつけて、そこに目をそむけていると続けます

マァムの言葉に、バーンの表情が険しくなります

「・・・お前たちは知らぬのだ・・・!!」

彼女が言う"平和"も、より強大な力によって支えられていると言う、バーン

それは、"神々の力"によるものなのです!

バーンたち魔族が住む魔界は、人間が住む大地のはるか地底に存在します

マグマがたぎる、見渡す限り不毛な大地・・・なにより魔界には、"太陽"が無いのです

"太陽"の力を素晴らしいと称えるバーンは、彼の魔力をもってしても"太陽"だけは作る事が出来ないと言います

そのためバーンは、数千年にわたり力を蓄え、地上を跡形もなく消し去る準備をしてきました!

そして、間もなく地上は消えて無くなり、魔界に太陽が降り注ぐのです!!

今までの敵とは、スケールが違いすぎる・・・

何千年も前から、地上を消し去る準備をしていた神相手に、人間なんかがどうあがいても勝ち目はない・・・

バーンの強大さに気付かされたポップたちは、完全に心が折れてしまいました

戦う事を諦めてしまった、ポップたち

思ったよりは楽しめたと言うバーンは、今度こそ彼らを消すつもりです・・・

しかし・・・諦めていない人物が一人だけいました!?

不屈の精神で立ち上がった、勇者ダイ!

勇者の武器は、誰にでも立ち向かっていく"勇気"です!!

果たしてダイは、この戦況を打破する事が出来るのでしょうか!?

次回に続く・・・

まとめ

 力こそが、全てを司る真理だと言うバーン。

確かに彼が言うように、自然界は弱肉強食で成り立っています。

しかしそれは、弱者を喰らう強者もいずれ弱者に食われるという、循環ありきです。

強者だけが弱者を喰らい続ける世界は、自然の摂理ではないような気がします。

そして、魔界へ太陽が降り注ぐ邪魔をしている、地上を消し去ろうとしています。

確かに、人間だけが太陽を独占しているのであれば、魔族や竜が不満に思うのも無理はないですね。

しかし、だからと言って消し去ってしまうのは、いくら何でもやり過ぎです。

3者が争わず共存出来ればいいのですが・・・人間同士でも争いが絶えない事を考えると、それも難しいのでしょう。

次回 第208話『不屈の勇者・ダイ!!!』につづきます。

 




記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第12話 『その名はストラッシュ』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第11話『オトギリ姫の本性』はこちらから 今 ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第11話 『オトギリ姫の本性』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第10話『海に消えた勇者』はこちらから 今回の内 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト