漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第123話『ザボエラの息子』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第123話 『ザボエラの息子』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 手足の短さを指摘され落ち込むチウは、マァムにカッコイイ所を見せたかったようです。

一方、決勝戦に残った8人がそれぞれ、大会主催者のザムザに指示され宝玉を手に取ります。

しかしその宝玉は、組み合わせを決めるための物ではありませんでした。

宝玉を並び替えると、「GAMEOVER」の文字が・・・すると突然、決勝メンバーは袋の様なものに包み込まれ、閉じ込められてしまいます。

不敵に笑うザムザ。正体を現した彼は、妖魔士団長ザボエラの息子、妖魔学士ザムザだったのです。

会場の観客もろとも、ロモス王を抹殺すべく攻撃呪文を放ったザムザ。しかし、すんでの所でダイが呪文を防ぎました。

←前回 第122話『決勝戦の異変!!』はコチラから

ここから本文

 

王様たちをポップに任せ、ダイはザムザと戦います!

一方、マァムたちも観客の悲鳴から、魔王軍に囚われてしまった事を知ります

外に出ようと、格闘士のゴメスが思い切り檻を殴りますが、ビクともしません・・・

そして、剣で突いても、呪文で焼こうとも全くダメです

すると、ゴースト君から以外な一言が・・・

なんと!?この檻は生きていると言うのです!

檻の外ではマァムを助けようと、チウが檻に噛みついていました!

そんなチウを爆発が襲います!!

それは、ザムザの攻撃呪文でした!

生体牢獄と呼ばれるこの檻は、ゴースト君の言う通り生きている檻のようです

ザムザがチウに照準を合わせます!

しかし、ここでダイが止めに入りました!!

すかさず"メラゾーマ"を放ったザムザ!

ダイは拳に紋章の力を集中し、"メラゾーマ"を消し去ります!!

突然、ザムザは大笑いし出しました

どうやらザムザは、竜の騎士の力を見られた事を喜んでいるようです

妖魔士団は、竜の力を得る事を研究目標にしていると言います・・・

その研究こそが、"超魔生物学"だったのです

彼らは、ありとあらゆるモンスターの長所を移植手術する事によって、人工的に"超魔生物"を誕生させるつもりです

竜魔人こそ"超魔生物学"の到達点であり、究極の生物兵器であると言うザムザ

マァムたち決勝メンバーは、その"生物兵器"のための実験材料だったのです

使い捨てのモルモットにするために、体力の強い人間を集めたのでした

バランの事を"兵器"と呼ばれたダイは、怒りの表情を見せます!

ザムザは更に、バランの事を"化物"と呼び馬鹿にしました!!

「だっ・・・だまれぇぇぇっ!!」

父親を"怪物"呼ばわりされた、ダイの怒りが頂点に達しました!

紋章の力を全開にし、ザムザの顔面を思いっきりぶん殴ったダイ!!

その威力に、壁に打ち付けられたザムザでしたが・・・不敵な笑みを浮かべています

ダイが追い打ちをかけにいきます!

その様子を見ていたポップは、エネルギーを消費し過ぎているダイを心配します

ポップの心配をよそに、ダイの猛攻が続きます

そして、それを受けるザムザは、ポップの読み通り何かを企んでいるようです・・・

次回に続く・・・

まとめ

 生きているという檻に閉じ込められてしまった、マァムは出る事が出来るのでしょうか?

檻が生きているという事に気付いた、ゴースト君。見るからに謎に包まれていそうなキャラですが、彼は一体何者なのでしょうか?

そして、バランの事を"兵器"や"怪物"と馬鹿にされ、ダイの堪忍袋の緒が切れました。

これは、バランの事を父親と認めているという事に他なりません。

何か企んでいる様子のザムザは、ダイを怒らせるためにバランを"怪物"呼ばわりしました。

果たして、彼の企みとは一体・・・

次回 第124話『恐怖の超魔生物』につづきます。

 




記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第12話 『その名はストラッシュ』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第11話『オトギリ姫の本性』はこちらから 今 ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第11話 『オトギリ姫の本性』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第10話『海に消えた勇者』はこちらから 今回の内 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト