漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第99話『ダイ、出生の秘密・・・!!』

2020-11-15

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第99話 『ダイ、出生の秘密・・・!!』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 ついにバランがテラン王国に到着しました。

一方のダイは、自分を助けに仲間が来てくれたと信じています。

レオナは、ダイの記憶を呼び起こすために、思い出のナイフを手渡しました。

恐いと嫌がるダイでしたが、レオナがその場をさったあと「まえにもこんな事があったような気がする」と少しだけ記憶が呼び起こされます。

そして瀕死のヒュンケルに、ラーハルトから衝撃の事実が語られました。

それは"ソアラ"が人間に殺されたという、信じがたい過去でした。

←前回 第98話『思い出のナイフ』はコチラから

ここから本文

 

ダイの母親は人間に殺された・・・

あまりにも衝撃的な事実に、ヒュンケルは耳を疑います

ダイの母親とは一体何者なんだ?母親も竜の騎士なのか?なぜ人間に殺されたのか?

ヒュンケルは果てしなく溢れる疑問を、ラーハルトにぶつけます

するとラーハルトは、竜の騎士について語りはじめました・・・

竜の騎士はその絶大な力ゆえに、世界に一人しか存在しない一代限りのもの

寿命を迎えた竜の騎士の紋章は、マザードラゴンの宿した新たな生命に受け継がれ、マザードラゴンがいずれかの地にその子を産み落とす・・・

そのため竜の騎士は、親の顔も子の顔も見る事がないと言います

しかし、バランの代で例外が起きたようです

魔王ハドラーが世界を席巻していた時、バランは制裁に現れませんでした

何故かというと、バランはハドラーなど比べ物にならない様な強敵と戦っていたからです

地上世界をもくろむ"冥竜王ヴェルザー"を死闘のすえ滅ぼしたバランでしたが、瀕死の重傷を負ってしまいます

バランは力を回復するために、"奇跡の泉"へと向かいました

しかし、なんとか泉の近くまでたどり着いたバランでしたが、あと一息の所で動けなくなってしまいます・・・

これまでか・・・と諦めたその時!?

バランの顔に水滴がポツリと・・・

雨か?と上空を見上げると、そこには一人の女性が・・・

その女性こそが"ソアラ"でした

これがバランとソアラの出会いだったのです

ソアラはアルキード王国の王女でした

バランは王宮にも招き入れられ、二人の仲はますます深まっていきました

しかし、それを快く思わない家臣たちもいました

このままでは、次期王座をよそ者に取られてしまう

そう考えたある家臣が、バランが人間でないことを王様に伝えました

もしかしたら魔王の手下の生き残りかもしれない・・・

恐怖にかられた王様たちは、バランを城から追放しました

ソアラの元を去ろうとするバラン

そんなバランを引き止めるソアラのお腹の中には、新しい生命が・・・

一代限りであるはずの竜の騎士に、奇跡の子供が生まれました

それが“ダイ”だったのです!

二人はテランの山奥に逃げ延び、静かに暮していました

質素だけれど幸せな暮らし・・・

しかし、そんな暮らしも長くは続きませんでした

魔物に王女を取られたとあっては、国の名折れ

怒った国王は、二人の居場所をつきとめ大軍をもってとりかこんだのです

バランの力を持ってすれば、兵士たちを一掃する事などたやすい事です

しかし、人間を傷つける訳にはいかない・・・

そう考えたバランは、意を決しました!

そして、バランは公開処刑に処される事なります

死を覚悟したバランは、竜闘気を押し殺し静かに目をつぶりました

ソアラ、ディーノ・・・幸せに暮らせよ・・・

号令と共に、バランに向かって一斉に炎が放たれたました!

その時です!?

「やめてー!!」

なんとバランを守るために、ソアラが迫りくる炎の盾になったのです!!

盾となったソアラ・・・

そのおかげでバランは無傷です

そしてソアラは「ディーノを探して・・・二人で幸せに・・・」と言い残し、バランの腕の中で息を引き取りました

そんなソアラに王様は、こともあろうか「魔物をかばって死ぬとは、この恥さらしが!」と言い放ったのです!!

その言葉が、バランの逆鱗に触れてしまいます・・・

この日、アルキード王国は一瞬にしてこの世から消え去りました

人間とは何と自分勝手でクズな生き物なのだ・・・

こんな奴らを守るために、命をかけて冥竜王と戦ってきたなんて・・・

バランの心に怒りがこみ上げてきます!

バランは世界中を周りダイを探しました

しかしダイは見つかりませんでした・・・

失意のドン底にいたバランに声をかけたのが、大魔王バーンだったのです

「まず滅ぼすべきは人間ではないのか?」と・・・

全ての事実を知ったヒュンケルが立ち上がりました!

バランのためにも、このまま倒れているわけにはいかなくなったと言うヒュンケル!

果たして彼は、今の状態でどうラーハルトと戦うというのしょうか!?

次回に続く・・・

まとめ

 人間に殺されたというソアラの、その最期は壮絶なものでした。

人間とは自分勝手な生き物。人間、魔族、竜のバランスを抑制する立場であるバランからすれば、そんな人間を滅ぼそうと考えるのも無理はないのかもしれません。

失意のドン底にいたバランを、魔王軍に勧誘した大魔王バーン。彼が人間を滅ぼそうとする理由も気になります。単純に世界を魔族で埋め尽くしたいだけなのでしょうか?

そしてその事実を知り立ち上がったヒュンケルは、一体どの様にしてラーハルトと戦うのでしょうか?

次回 第100話『起死回生』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
全巻カバーイラストを稲田浩司先生が新規描き下ろし!連載時のカラーページを再現収録!ダイの大冒険ファンなら持っておきたい一冊です!

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

-漫画 ダイの大冒険

© 2020 ゲームアニメJサイト