漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第314話『バーン最大の謎』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第314話 『バーン最大の謎』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 アバンが"メガンテ"や"バーニングクリメイション"に耐えられた理由、それは彼の身体に残っていたハドラーの灰でした。

そして、炎が身体に引火したキルバーンは、一瞬にして火だるまになってしまいました。

大慌てのピロロが、呪文でなんとか消火しようとしますが、彼ひとりの力ではどうする事も出来ません。

そこで、涙ながらに助けを求められたアバンは、羽を使って炎を消してあげました。

しかし、キルバーンは生命を助けてもらったにも関わらず、ピロロが補充した"ファントムレイザー"を再びアバンの周りに配置します。

ところが、100%信用はしていなかったアバンが、異空間から自身の身体に突き刺さったままであった刃を、キルバーンの首元に仕掛けており、彼は動いた瞬間に首が千切れてしまいました。

これには、いくらピロロの粉をかけた所で、復活は出来ません。

アバンは、小さな使い魔ではどうする事も出来ないと、ピロロの生命までを取る事はせず、ポップたちの元へと駆け付けたのでした。

その頃、体力を回復させていたダイたちの上空で、暗雲が渦を巻き始めていました。

←前回 第313話『裁きは下った・・・!』はコチラから

ここから本文

 

渦巻く暗雲の中心が眩く光った、次の瞬間!?

ダイたちの目の前に、巨大な光の玉が降ってきました!

そして、その中には・・・

倒れて動かない、大魔王バーンの姿がありました

ゆっくりと起き上がり、ダイを睨み付けるバーン

自分の身体だけで立ち上がれない彼は、"光魔の杖"で身体を支えますが・・・!?

なんと"光魔の杖"は、音を立てて砕け散ってしまいました

「あやうく"様子見"で死ぬところだったわ・・・!」

バーンはダイの事を、十二分に評価していたと言います

しかしダイは、その遥かに上を行っていたのです

「このまま殺されてはたまらんよ・・・くっくっ・・・!」

一方、掴んだという大魔王バーンの最大の秘密を明かすアバン

彼は、目の前にいる男は、大魔王バーンであってバーンでないと言います

"凍れる時間の秘宝"は、自分自身でかけられる呪法ではありません

しかも、最大レベルの魔力がなければ、完全に成功させる事は出来ないのです

つまり、目の前にいる男に完全な形での"凍れる時間の秘宝"をかけられるのは、大魔王バーン以外には考えられないという事です

ミストバーンなどという男は、最初からこの世に存在しなかったと言うアバン!

"ミスト"というモンスターが、主であるバーンの肉体そのものか、もしくは分身体を預かり、それと一体化した姿こそが"ミストバーン"だったのです!!

"凍れる時間の秘宝"がかかった生物は、動かぬ人形も当然ですが、もしその肉体に融合し操る事が出来るモンスターがいれば・・・

まさに、不死身の肉体を持つ超戦士が誕生する!

「・・・フッ・・・フフフッ・・・!」

突如、不敵に笑い出したミストバーン

その声は、今まで彼が発していたのとは別人のようです

やはり、アバンの推理は当たっていました

バーンに、この肉体を隠し守り抜く事を命じられたと言う、ミスト

しかしそれと同時に、ここぞという時には、この身体の戦闘力を操って戦う事を許されているのです

もっとも、バーンの許可ありきでの話ですが・・・

「・・・ミストバーンよ・・!!」

ここで、ミストを呼ぶバーンの声がします

バーンの声にミストは、許しなく身体を使っている事を陳謝します

それに対しバーンは、咎めるつもりはなさそうです

それよりも、認めようというのです

ダイたちの力が、彼らの想像以上であった事を・・・

そして、自身もダイに殺されかけていると言うバーンは、肉体の返還を求めました

それに対し、ミストは即答します

「お返しいたします・・・天地魔界に無敵とうたわれた・・・この真の大魔王バーンの肉体をっ・・・!!」

一方その頃、ダイたちの前に、バーンの若々しい肉体が姿を現しました

限りなく永遠に近い生命を得るために、自らの肉体を二つに分けたと言うバーン

そして、皆既日食の度に"凍れる時間の秘宝"をかけ、全盛期の肉体を封印してきたのです

しかし今、それが一つに戻ります・・・

「何千年ぶりだか・・・とうに忘れてしまったがな・・・!!」

次回に続く・・・

ファンなら絶対に揃えておきたい!!新装彩録版の全25巻セットです。

まとめ

 やはり、読みが鋭いアバンは、見事ミストバーンの謎を解明していました。

それにしても、ミストというモンスターがバーンの肉体を守っていたとは、あの世にいるハドラーも驚きでしょうね。

分離したあとのミストは、一体どの様なモンスターなのでしょうか?

また、二つに分かれていたバーンの身体が合体し、一つになりました。

叡知と魔力を持った老体と、若さと力を持った肉体の融合は、まさに"真・大魔王"といった所です。

ゲームでも、ラスボスが強力な変身を遂げ絶望を味わう事がありますが・・・果たしてバーンの強さはどれ程なのでしょうか!?

次回 第315話『真・大魔王降臨!!!』につづきます。

 




記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第14話 『これが魔王だ』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第13話『炎の再会』はこちらから 今回の内容は、Vジ ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第13話 『炎の再会』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第12話『その名はストラッシュ』はこちらから 今回の内容 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト