漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第281話『さらば!闘いの日々よ』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第281話 『さらば!闘いの日々よ』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 ヒュンケル絶対絶命のピンチに、何者かが放った槍がマキシマムの頭に突き刺さりました。

その槍の持ち主は、なんと死んだ筈のラーハルトでした。

マキシマムはすかさずスキャンし、ラーハルトが素早い事と、必殺技の"ハーケンディストール"が槍の一撃である事を知ります。

槍は自身の頭に突き刺さっていると、余裕を覗かせるマキシマム。

しかし、目にも止まらぬ速さで槍を取り返したラーハルトは、襲い掛かってきた兵士たちに"ハーケンディストール"を放ち一掃します。

流石にマズイと感じたマキシマムは、一旦その場から逃げる作戦に出ますが、いつの間にかラーハルトに全身を切り刻まれていたのです。

そんな事を知る由もないマキシマムは、空中で大爆発を起こし砕け散りました。

←前回 第280話『超戦士推参!!!』はコチラから

ここから本文

 

ラーハルトが生きていた事に驚くヒュンケル

しかし彼は、生きていたのではなく、蘇ったのです

バランは、竜騎衆の3人に"竜の血"を与え、奇跡の泉の近くの森に安置しました

しかし、誰でも生き返る訳ではありません

強靭な精神力を持った者だけにのみ、その効果が現れるのです

ラーハルトが蘇ったのは、数日前です

もう少し遅かったら、ヒュンケルは助かっていなかったのです

しかし・・・!?

ヒュンケルを助けた訳ではないと言う、ラーハルト

目の前に敵がいたから蹴散らしただけ・・・負け犬を助ける趣味など、俺にはない!

彼は、ヒュンケルの甘さが招いた、まさに自業自得だと吐き捨てました!!

ラーハルトの言い草に、ヒムは我慢の限界です

しかしヒュンケルは、自分の甘さを認めます

冷徹に戦局を考え、ただマシンのように敵を倒す・・・

それが戦士という物であれば、もう彼には出来ません

例えどんな状況であれ、ヒムを見捨てる事など出来る訳がないのです

それを聞いたラーハルトは、ヒュンケルにバランやダイの運命を託した事は、間違いだったと言います

そんな有り様ではこれから先、ダイの力になれるとは思えないと・・・

すると!?

なんと槍の切っ先を、ヒュンケルに向けたラーハルト

「・・・生かしておくのも哀れな男・・・この手で介錯してやるッ・・・!!」

ラーハルトの手によって、戦士ヒュンケルは死にました!

そのため、"鎧の魔槍"をラーハルトが持っていても、誰も文句は言いません!!

先ほどまでとは変わり、優しい目でヒュンケルを見つめるラーハルトは、彼を戦いから解放したのです

強引なラーハルトの行いに怒り心頭のヒムですが、これは彼なりの思いやりなのです

彼は傷付いたヒュンケルに変わり、ダイを守るためにバランが天からつかわした、救世主なのかも知れません

あえて引導を下す事によって、その意志を使命を受け継いでくれたと、ヒュンケルの表情が穏やかなものに変わっていきました

ヒムはラーハルトが、何かヒュンケルと"特別な間柄"に見えて、焼きもちを焼いているようです

いつか、あいつにもヤキを入れてやる・・・

しかし、その前にヒュンケルとの決着があります!

そう言って、ヒュンケルの顔を覗くヒムでしたが・・・!?

ラーハルトが走り去った後、クロコダインとチウがヒムとヒュンケルを発見します

今までの経緯を知らない二人は、何が何だか分かりません

しかし、ヒュンケルの様子がおかしい事は事実です

事態を把握するため、ヒムにヒュンケルの状態を確認するクロコダイン

するとヒムは、涙ながらに言いました・・・

「・・・うるせえなっ・・・!静かにしろよ」

ヒュンケルは、初めて安らかに眠っているのでした

生まれて初めて、戦いも宿命も忘れて、傷付いた心と身体を癒しているのです・・・

一方、バーンパレス内部では、ミストバーンがオリハルコン軍団全滅を察知していました

しかしそれも、彼にとっては想定内だったようです

オリハルコン軍団を全滅させたのは、誰だ!?

さしずめ、この場にいないヒュンケルかアバンに当りを付ける、ミストバーン

「私ならここですっ・・・!!」

次回に続く・・・

ファンなら絶対に揃えておきたい!!新装彩録版の全25巻セットです。

まとめ

 ヒュンケルの甘さを指摘し、彼を侮辱しているかに見えたラーハルトでしたが、親友を戦いから解放するための言動だったのですね。

親友であり最大のライバルである二人は、多くは語らずとも、お互いを尊重し最善の答えを出せるようです。

そんな二人に、ヒュンケルを己のライバルと認めるヒムが、少し不機嫌そうだったのが印象的でした。

生死をかけて戦った男たちだからこそ、生まれた固い友情があるのです。

しかし、ヒュンケルは本当に死んでしまったのでしょうか?

以前、ハドラーとの戦いでも燃え尽きたような描写がありましたが、その後に復活していました。

今回も死んでるのではなく、安らかに眠っているだけだといいのですが・・・

それが明らかになるのは、次回以降ですね。

そして、探索に出かけていたアバンが戻ってきました。

次は、ミストバーンとの戦いです!

次回 第282話『白い宮庭の決闘!!』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第10話 『海に消えた勇者』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第9話『第二の必殺剣』はこちらから 今回の内容は、 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト