漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第103話『心を捨てた男!!』

2020-11-20

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第103話 『心を捨てた男!!』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 テラン城にバランが現れました。

クロコダインは、ギガブレイクを食らってはレオナのベホマで回復するという命がけの作戦で、なんとかバランを足止めしようとします。

そんなクロコダインに怒ったバランは、竜闘気を全開にしました。

すると、地下牢にいたダイがそれに反応し、牢屋から出てしまいました。

←前回 第102話『我が身を盾に!!』はコチラから

ここから本文

 

竜闘気を最大まで解放し、2発目の"ギガブレイク"を放ったバラン!

しかし、クロコダインは死んではいません!!

バランはそのタフさに驚きを隠せません

どうやらクロコダインは、勝つ事が目的ではないようです・・・

自身の生命を盾として、バランの体力と魔法力を消耗させる事が狙いであるクロコダイン

クロコダインは、少しでもバランを弱らせるために捨て石になるつもりです

バランの力を消耗させておけば、後で仲間が戦う時に楽になる・・・

クロコダインは、必ず仲間が来てくれると信じて、自分の役割を全うすると言います

仲間との絆によって、ダイだけでなくクロコダインまでもがそれによって、自身の持つ力の何倍も強くなる・・・

バランは、紋章の力を全開にしてもクロコダインを翻弄出来ない事に、焦りを感じだしました

大ダメージを負っているクロコダインを回復させようと、レオナが駆け寄ります!

すると!?

稲妻がレオナを襲います!!

これはバランが唱えた"ライデイン"でした!

本来なら、女性に手を出す事はないバランですが、現状を打破するために四の五の言っていられない様子です

それだけ、バランは精神的に追い詰められているという事でしょうか

そして、バランがクロコダインに止めを刺しに動きだしました!

クロコダインのピンチに、動くなと言われたレオナが助けに入ります!!

その動きをバランは見逃しません・・・

忠告どおり、レオナに"ライデイン"を放ったバラン!

レオナの頭上には、彼女に向かって一直線に走る稲妻が!!

すると!?

そこに1本の槍が投げ込まれました・・・

レオナは投げ込まれた槍によって、落雷を免れる事が出来ました!

この槍は、ラーハルトの槍!?

目の前の状況が理解できないバランは、ラーハルトを問いただそうと後ろを振り返りました・・・

しかし!?

そこにいたのはラーハルトではなく、ヒュンケルとポップでした!!

バランは、竜騎衆たちがやられた事が信じられません

しかし、彼らがここにいると言う事は・・・

ヒュンケルは、"鎧の魔槍"をラーハルトから受け継いだ事を告げました

しかしバランは、ラーハルトが人間に心を開くなどありえんと、聞く耳を持ちません・・・

ヒュンケルは、ラーハルトからバランの過去を聞いた事を告げました

バランの怒りと悲しみはよく分かると言うヒュンケル

しかし、人間が全て悪ではないと諭します

それは、バランが誰よりもよく分かっているはず・・・

人間を全て滅亡させても、ソアラを失った悲しみが消えるわけではありません

バランが今、本当にすべき事は、父親として"人の心"でダイに接してあげること・・・

ソアラもそれを願っているはずです・・・

ヒュンケルの正論に、返す言葉が見当たらないバランは、黙り込んでしまいました

目をつぶり、何かを考えている様子のバラン・・・

少しの沈黙のあと、意を決したように目を開いたバランが、レオナたちを睨み付けます

「ならば捨てよう・・・この人の心と・・・身体を!!」

バランはそう叫ぶと、左目に装着していた飾りを取り外し、力一杯握りしめました!

ダイと共に、人間を滅ぼすことが生きる支えだというバランは、それが叶わないのであれば死んだ方がマシだと言い、考えを変えるつもりは毛頭ないようです!!

目をカッと見開いたバラン!

何か・・・バランの様子がおかしいようです・・・

左手から流れる血の色が、鮮やかな赤色から魔族の血の色である青色に変化していきます!

バランは叫び声を上げ、左手に持った飾りを天高く掲げました!

すると!?

落雷がバランを襲います!!

そしてバランの身体に異変が起き始めました!?

次回に続く・・・

まとめ

ヒュンケルの必死の訴えかけにも、バランは首を縦に振ろうとはしませんでした。

ダイと共に人間を滅ぼす事が、唯一の希望であり、生きる支えになっているというバランは、死んだ方がマシとまで言っていました。

やはり、自分の信念として長年培ってきた物を、それが正論であったとしても誰かに諭されたぐらいでは捨てる事はできないのしょう。

ヒュンケルも同じだったと思います。いくら、バルトスを殺したのが実はハドラーだったと知っても、今更考えを変える事は出来ないと戦いを止めませんでした。

しかし、最終的には考え方を変えたヒュンケルと同じ様に、バランも気付く時が来るのだと思います。

そして、身体に異変が起き始めたバラン。血の色も魔族の血である、青色に変化しています。これは一体どういう事なのでしょうか?

次回 第104話『竜魔人目覚める!!!』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
全巻カバーイラストを稲田浩司先生が新規描き下ろし!連載時のカラーページを再現収録!ダイの大冒険ファンなら持っておきたい一冊です!

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

-漫画 ダイの大冒険

© 2020 ゲームアニメJサイト