漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第332話『響く闇からの声』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第332話 『響く闇からの声』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 "ピラァ・オブ・バーン"を投下したバーン。

彼がその柱の先端を映し出すと、そこには巨大な黒の結晶がありました。

それは、ハドラーに埋め込まれていた10倍以上の大きさであり、他の5本の柱にも同様に備え付けられていると言います。

更に、無差別攻撃に思われたバーンの攻撃には狙いがあり、柱が投下された地点を線で結ぶと、六芒星になる事が判明しました。

巨大な黒の結晶は、六芒星魔法陣の魔力で威力が増幅され、確実に地上を消し去るのです。

追い詰められたダイは、急いでバーンを倒そうとしますが、彼を倒して爆発は止まりません。

もし仮にバーンを倒せても、世界中に散った黒の結晶を数分以内に止める事など、不可能なのです。

ダイの目的は、バーンを殺す事ではなく、地上のみんなに平和をもたらす事・・・しかし、その地上はもう無くなってしまいます。

本当にどうしようもない事を悟ったダイは、地面に大の字になったままピクリとも動きません。

バーンパレスには、悔しさで泣き叫ぶポップの声が響き渡っていました。

←前回 第331話『地上消滅』はコチラから

ここから本文

 

・・・終わりだ・・・何もかも・・・!

自分たちの家族や、何も知らない普通の人たちも、みんな消えて無くなってしまう・・・

自分たちの力では、どうする事も出来なかったと、地面を叩き悔しさをにじませるポップ

"ピラァ・オブ・バーン"の爆発までは、投下から約6分だと言うバーン

最後の1本の始動によって、他の5本の柱の時限装置が全て同時に作動するようです

あと5分もすれば、忌まわしい地上は消えて無くなる・・・

バーンの数千年前からの願いが、今まさに叶おうとしているのです

「・・・それはそうだろうな・・・!大魔王バーン!!」

ここで、バーンの数千年に及ぶ大事業の成功に、祝辞を述べにある男が姿を現します・・・

その男とは、かつてバーンと魔界を二分した男、冥竜王"ヴェルザー"でした!

「魔界から動けんというのは、本当だったようだな・・・」

バーンの言葉に、怒りを露わにするヴェルザー

バランに敗れた彼は、天界の精霊たちにその魂を封じられたのです

地上も欲しかったというヴェルザーは、バーンが地上を破壊しようとしている事を知って、その準備が整う前に打って出ました

そして、結果として失敗に終わり身動きが取れなくなってしまいましたが、その野望は潰えていないようです

そこでバーンは、ヴェルザーが彼の元に送り込んだ死神、キルバーンが死んだ事を明かします

いざとなれば、バーンを殺させるつもりであった刺客がいなくなった事で、ヴェルザーの打つ手はもはやありません

なんと!?賭けをしていたという2人

彼らは、元々魔界で対立する立場にありましたが、その想いは同じでした

神々が憎い!

そして、魔族と竜族を冷遇し、地上の人間どもにのみ平穏を与えた奴らの愚挙が許せぬと!!

今から数百年前、彼ら2人は敵対をやめました

その時バーンは、互いに各々の戦略を進め、成功した者に従うという賭けを持ちかけたのです

もっとも、ヴェルザーがキルバーンを送り込んだ事からも分かるように、お互いに完全に相手を信用してはいませんでした

そして、ヴェルザーが身動きを取れなくなってからも、キルバーンは監視を怠る事はなかったと言うバーン

彼は、こんな姿になってからも、未だに地上を諦めていなかったらしいと言いますが・・・

地上が無くなれば、天地魔界のバランスも崩れると言うバーン

彼は、そのあと天界に攻め入って、封印を解いてやってもいいと持ち掛けますが・・・

プライドを傷つけられたのか、ヴェルザーは無言で姿を消しました

「・・・あれがオレを倒したバランの息子・・・ダイか・・・」

去り際に、ダイに気が付いたヴェルザー

その屍の様に死んだ目を見た彼は、バランには遠く及ばないと捨て台詞を吐いていきました

しかし、バーンには負け惜しみにしか聞こえません

バランよりも、あらゆる点で現在のダイの方が勝っていると断言します

古よりの宿敵であるヴェルザーが負けを認めた事で、沸々と実感が湧いてきた様子のバーン

そして、神々が創りし邪魔者である竜の騎士も、もはやもぬけの殻・・・

完全勝利を目前に、無言で喜びを噛みしめるバーン

辺りには、"ピラァ・オブ・バーン"の作動音だけが無常に響いています・・・

その時です・・・!?

次回に続く・・・

まとめ

 冥竜王ヴェルザーが登場しました。

ヴェルザーといえば、キルバーンの主ですね。

どうやら彼は、バランとの戦いに敗れた後に、天界の精霊たちによって封じ込まれていたようです。

どちらか勝った方に従うという賭けをしていた二人でしたが、遂にその決着が付きました。

数百年前からの賭けとは・・・人間からすれば、次元が違いすぎるスケールですよね。

魔界を二分していた、バーンのライバルともいえる彼が負けを認めたという事は、バーンにとって邪魔者は全ていなくなったという事です。

まさに、完全勝利を手にしたバーン。

しかし、人間たちの希望が完全になくなった訳ではなさそうです。

ポップに語りかける声・・・その声の持ち主とは、一体!?

次回 第333話『起って・・・!!!』につづきます。

 




『ダイの大冒険』最終回までに登場する、人物・魔王軍・モンスターたちに秘められた「物語」を徹底解剖! 主要キャラ20人には、今だからこそ言える三条陸先生と稲田浩司先生のコメントつき! さらに、『ダイ』の世界の歴史や呪文・技の分析、三条陸先生と芝田優作先生(『勇者アバンと獄炎の魔王』作画担当)の対談、稲田浩司先生へのインタビューなど、『ダイ』を深堀りする豪華コンテンツが盛りだくさん!

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第15話『希望の一撃』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第14話『これが魔王だ』はこちらから 今回の内容は、Vジ ...

2

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 オフィシャルファンブックの感想、レビュー記事です。 もくじ1 オフィシャルファンブックとは2 オフィシャルファンブックの構成3 人の章4 地の章5 魂の章6 まとめ オ ...

3

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 幻の続編といわれた【魔界編】の徹底考察記事です。 ※本編のネタバレを含みますので注意。 もくじ1 魔界編とは?2 仲間3 魔界編の黒幕4 魔界への入り口5 魔界編は実現 ...

4

ゲームセンターのカードゲームでお馴染みの、ドラゴンクエスト ダイの大冒険 クロスブレイドのコミカライズ作品漫画 第1話『メンタル勇者』ネタバレ、感想記事です。 最新の単行本はこちら↓ ドラゴンクエスト ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2022 ゲームアニメJサイト