漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第264話『輝け!!!破邪の秘宝』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第264話 『輝け!!!破邪の秘宝』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 わざと嫌われる発言をし、一人で殿を務めるヒュンケル。

彼はアバンの教えから、最後尾の重要性を知っていたため、その役を買って出たのでした。

そして、城の中を進むダイたちの前に、"魔宮の門"とそっくりな巨大な門が現れます。

ここで、先ほどは"リリルーラ"でみんなに追いついたと言うアバンは、なんとハドラーに敗れた日から"破邪の洞窟"で修行をしていた事を打ち明けました。

彼は、ダイとポップがデルムリン島から旅立つ姿を見ていましたが、彼らの成長の足を引っ張らないために、あえて行動を共にしない決断をしました。

そして、自身にしかできない新能力を身に付けるため、"破邪の洞窟"に挑戦し続けていたのでした。

レオナたちが"ミナカトール"を見つけた、更に下層の150階まで進んだというアバンが、門を開けるために前に出ます。

←前回 第263話『明かされた空白』はコチラから

ここから本文

 

殿を務めるヒュンケルが、無数の魔物を蹴散らす中、アバン

彼はヒュンケルの思った通り、"破邪の力"を使うようです

地下150階で得た力・・・

"ミナカトール"で25階ですから、その威力は想像もつきません

ポップは、単純に6倍と予想しますが、そんな調子よくはいかないようです

"破邪の洞窟"は、50階以降さしたる呪文もなくなり、複雑さだけが増していきました

そして、アバンの用意していた回復道具や食料も底を尽きかけた頃、彼は破邪の秘宝を発見したのです

アバンの掛け声と共に、5本の羽根が五芒星を描きました

それを見たレオナは、破邪の秘宝の秘密に気付きます

呪文そのものではなく、呪文の破邪力を増幅させる秘術・・・それが、破邪の秘宝なのです!

先ほど、魔界の炎からポップを救った時、アバンは"トラマナ"を破邪の秘宝で極大化してはなったのです

それほどまでに、呪文の効果を高める事が出来る、破邪の秘宝

今度の相手は扉です

という事は・・・!?

「・・・開けっ!古より閉ざされし魔の扉よ・・・!!」

アバンの声と共に、重たい扉が少しずつ開き始めました!

彼は扉を破壊するのではなく、自ら開けさせたのです!!

門を見た瞬間から、どうやって砕くかばかり考えていたというダイ

しかし、強引に破壊するのではなく、開かせる方法があった事で確信しました

力だけが正義だという大魔王バーンは、間違っているという事を

力だけが全てではない

知恵や心も強さの一つなのです

ダイにそう教えるアバンは、ヒュンケルに一礼をし、城の中へと消えていきました

ダイたちが城の中へ入っていった以上、魔物たちもゆっくりしてはいられません

一斉にヒュンケルを襲います!

しかし、一介の戦士に戻るという事は、思う存分暴れられるという事です!

「・・・いくらでも来いっ!今日のオレは疲れを知らん・・・!!」

次回に続く・・・

ファンなら絶対に揃えておきたい!!新装彩録版の全25巻セットです。

まとめ

 破邪の秘宝とは、呪文の破邪力を増幅させるものでした。

"グランドクルス"でも吹き飛ばなかった魔界の炎を、まさか"トラマナ"で消し去ったとは想像も出来ませんよね。

そして、扉には"アバカム"と、言われてみればなるほどと思いますが、中々思い付かない発想です。

力で何とかしようとするのではなく、知恵を使って解決するとは、流石アバンといった所です。

戦闘力ではダイの半分にも及びませんが、これからもこの知恵で彼らを助けてくれるでしょう。

また、本日2発目の"グランドクルス"を放ったヒュンケルは、アバンが現れた事でテンションが上がっているのでしょうか?

言葉には出しませんが、もしかしたら彼が一番喜んでいるのかも知れませんね。

次回 第265話『揺れる大魔宮・・・!!!』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第10話 『海に消えた勇者』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第9話『第二の必殺剣』はこちらから 今回の内容は、 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト