漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第260話『アバン復活の謎・・・!!!』

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第260話 『アバン復活の謎・・・!!!』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 ハドラーに歩み寄り、語り掛けるアバン。

彼はハドラーに礼を言いますが、対するハドラーは突如、「甘い」という言葉と共に"ヘルズクロー"で襲い掛かりました。

至近距離からの不意打ちに、動く事も出来ないアバンでしたが、ハドラーの狙いは彼ではなく、背後から襲うキルバーンだったのです。

最期の力でアバンを助けたハドラーは、「ダイたちを勝利へ導いてやってくれ!」と言い残し、アバンの腕の中で灰へと化し、あの世へと旅立っていきました。

その後、アバンの元へと駆け寄るダイたち。しかしその影では、キルバーンが・・・

←前回 第259話『復活!!!大勇者』はコチラから

ここから本文

 

見違えるほど成長した弟子たちを見て、笑みを浮かべるアバン

弟子たちの方は、涙が溢れて止まりません

ポップに至っては、顔がグシャグシャになってしまっています

しかし、ひとり背を向ける男の姿が・・・

ヒュンケルです

彼に対し、自分の素直になっていいと語りかけるレオナですが、これが彼の素直な気持ちなのです

今なら、涙でクシャクシャになったヒュンケルの顔が見れる!

ここぞとばかりにポップは、彼の背後に忍び寄りますが・・・

アバンに止められてしまいました

アバンのしるしを、フローラから受け取った事を明かしたレオナ

アバンも彼女が認めたのであれば大丈夫だと、太鼓判を押します

しかし、レオナは"メガンテ"で砕け散ったはずのアバンが、どうやって蘇ったのかが疑問で仕方ありません

彼曰く、それは簡単な事だそうです

以前、フローラがアバンに渡した、"カールのまもり"

実は、身代わりアイテムであった"カールのまもり"が、彼の生命の代わりに砕け散ったのです

そのおかげでアバンは、瀕死になりながらも一命を取り留める事が出来ました

ずっと生きていたのであれば、なぜ今まで助けにきてくれなかったのか!?

俺たちの死に物狂いの戦いを、見て見ぬふりをしてたという事なのか!?

感情がこみ上げてきたポップは、冷静ではいられません!

「・・・それは・・・」

喋りかけたアバンですが、とてつもない殺気を感じます

そして、後で話すと言い、中央の城の目前まで全力疾走するよう、弟子たちに指示を出しました

なぜ急に!?そんな事よりも質問に答えてほしいポップでしたが・・・

今、言える事はただ一つ・・・

彼は、みんなと同じ大魔王打倒のために、この場に現れた男だという事を信じてほしい!

もはや彼は、彼らの師ではなく、新たな仲間なのです!!

アバンの言う通り、全力で城まで走るダイたち

そんな彼らを見つめるアバンは、心の中で礼を言います

すると・・・!?

自身の事を不死身だと言うキルバーン

先程はハドラーに邪魔をされましたが、今度はキッチリと仕事を終わらせるつもりです

彼の直感が、アバンを生かしてはおけないと教えています

次回に続く・・・

ファンなら絶対に揃えておきたい!!新装彩録版の全25巻セットです。

まとめ

 "メガンテ"で砕け散ったと思われていたアバンですが、"カールのまもり"が身代わりになる事によって生きていたのでした。

ドラクエでいうところの、即死呪文の身代わりになってくれる"いのちのいし"のような効果が、"カールのまもり"にはあったのですね。

※"せいなるまもり"というアイテムがありましたが、こちらは"メガンテ"を完全無効にする物であり、身代わりに砕け散る事はありませんでした。

フローラが授けた王家の宝が、実はアバンの生命を救う効果があったとは、渡した本人もビックリでしょう。

そして、アバンが何故、今まで助けに来てくれなかったのかが気になります。

キルバーンに背後を取られたアバンは、果たして無事なのでしょうか!?

次回 第261話『死神との対決!!』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第10話 『海に消えた勇者』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第9話『第二の必殺剣』はこちらから 今回の内容は、 ...

-漫画 ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト