アニメ ダイの大冒険

【令和版】新アニメ ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第22話『デパートへ行こう』の見どころ、漫画版(原作)との比較、違い

令和版 新アニメ ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第22話 『デパートへ行こう』の見どころや、漫画版(原作)との比較、違い、あらすじ、感想記事です。※この記事はネタバレを含んでいます

2020年10月3日(土)AM9:30~新アニメ ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-がスタートしました。

この記事ではリメイクされた本作を、見どころや漫画版(原作)との比較を軸に、感想を述べていきたいと思います。

※第22話は、漫画版の第76話「デパートへ行こう」第77話「超竜軍団猛攻!!!」第78話「ベンガーナ市街戦」のストーリーでした。

←第21話『マァムの決意』はコチラから

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!

注意!この記事はネタバレを含んでいます!

1.デパートへ行こう

パプニカ三賢者の一人である"エイミ"は、今回の戦いで自分の未熟さを痛感しました。

そのため、ダイたちの旅に同行し腕を磨きたいと、レオナの元を訪れます。

すると、そこには"アポロ"と"マリン"の姿が・・・

なんと彼らも、エイミと同じ思いを抱いており、修行の旅に出る許しを請いに来ていたのです。

しかしレオナは、あなた達にはこのパプニカを守り抜くという大事な使命があると言い、却下します。

「・・・それと、ダイ君とはあたしが行くんだから・・・」

ボソッと呟くレオナでした。

そして、レオナに相談があるとダイが現れます。

ダイの相談とは、新しい武器が必要だという事でした。

長らく使っていた"はがねのつるぎ"は、もうボロボロです。

そこでレオナは、ベンガーナ王国にあるという"デパート"に行く事を提案します。

この、刃がボロボロのシーンですが、漫画では復興中のパプニカの城下町でダイとポップの間で行われます。

しかしアニメでは、城下町のシーンごと無くなっていました。

これによって、この後に出てくる"どたまかなづち"という武器も、デパート内でのシーンに変更されています。

場面は変わって、マトリフの元を訪れていたポップは、彼にダイの紋章の話をしていました。

マトリフは、ポップが描いた"竜の紋章"を見て驚愕します

もし、ダイが本当に"竜の騎士"だとしたら・・・

嫌な予感を感じるマトリフでした。

そんな彼はポップに餞別だと言い、"輝きの杖"と"魔導士のマント"、そしてバックルにマトリフの顔が描かれた"変なベルト"をプレゼントしてくれました。

埃まみれの装備品ですが、マトリフが若い頃に使っていたそうです。

漫画では、ポップが洞窟を出てすぐにベルトが外れない事に気付きますが、アニメではデパート内に変更されていました。

場面はパプニカに戻ります。

デパートに行ってみたい!という、ダイの言葉を確認したレオナは、なんと屋上に置いてあった気球船を盗み出してしまいます。

見張りの兵士たちを"ラリホー"で眠らせるなど、計画的犯行です。

確かに、王宮の物はレオナの物でもありますが・・・やり方が無茶苦茶ですよね。

そして、ダイがポップは連れて行かなくていいのか尋ねると、レオナは「いてもいなくても同じだと思う・・・」とこき下ろし、更に「ああいうタイプって、仲間がピンチになったら真っ先に逃げるわよ・・・!」と全く信用していない様子です。

しかし、実はポップ、気球船の下にぶら下がって付いてきていました。

散々悪口を言われた彼は、二人の前に怒りながら登場しますが、レオナは「せっかくダイ君と二人きりになれたと思ったのに」と、あまり歓迎していないようでした。

目次に戻る▶▶

「ダイの剣」や親友である「ゴメちゃん」に加え、大ボリュームの「アバンストラッシュエフェクト」が付属!

2.超竜軍団猛攻!!!

ベンガーナ王国に着いたダイたち。

馬車を操るレオナは、どんどんスピードを上げていきます。

その性格に驚愕するポップでしたが、ダイとしては今のレオナの方が、生き生きしていてレオナらしいと感じるのでした。

パプニカにいる時のレオナは、国を束ねる王女です。

気を張り詰めていて、少し近寄りがたいオーラが出ているのでしょうね。

そうしている内に、デパートが見えてきました。

それは、ポップがお城と間違えるほど巨大な商業施設です。

アドバルーンが上がり、『ベンガーナ百貨店』と書かれた入り口。作りこそドラクエらしい中世ヨーロッパ風ですが、デパートに間違いありません。

デパートはB1階から5階の構造となっており、エレベーターで移動します。

ここで、漫画では真っ先に5階の鎧や服を見に行くのですが、アニメでは「まずはデパ地下」と、B1階に向かいます。

ここから、アニメオリジナルシーンが続きます。

まずは、"スラまん"というスライムの形をした饅頭?です。

更にレオナは、"スラタピ"というスライム型のつぶが入ったジュースを飲んでいました。

因みに、スラまん2つとスラタピ1つの合計で10ゴールドでした。

そして、ポップの食べていた"スラまん"の中から、何か固い物が・・・

なんとそれは、ドラクエではお馴染みの"ちいさなメダル"でした。

店主から大当たりと祝福されますが、今の所使い道はなさそうです。

次に3階の日用雑貨フロアを訪れたダイたち。

そこに売られていたのは、黄金に光輝く"うまのふん"でした。

超高級品であるという"黄金のうまのふん"は、眩しくて何も見えない程の光を放っていました。

同じフロアで、ポップは見知らぬ男から話しかけられます。

なんでも男は、ポップが腰に巻いている"へんなベルト"を500ゴールドで売って欲しいそうです。

思いもよらぬ高額を提示されたポップは、ベルトを外そうとしますが・・・何をしてもベルトを外す事が出来ません。

それを見た男から、「呪われていますね」と断言されてしまいました。

漫画では、マトリフの洞窟を出てすぐにベルトを外そうとするシーンがありましたが、アニメではここに変更されたようです。

続いて、4階の服・鎧のコーナーに移動しました。

そこで、漫画では復興中のパプニカ城下町で売られていた、"どたまかなづち"が登場します。

攻撃と防御を兼ね備えたという"どたまかなづち"ですが、見た目がカッコ悪すぎます。

一つ買えば、もう一つおまけが付いてくると言われたダイたちでしたが、当然のごとく買いません。

辺りを散策していると、とてもカッコイイ鎧がダイの目に止まります。

しかし、価格は3800ゴールドとたいへん高価です。

そこでレオナは、なんと5000ゴールドまでなら好きな物を買っていいと言い出します。

なんでも、パプニカの金属や布は高値で売れるそうで、レオナが着ているドレスを売れば30000ゴールドぐらいになるようです。

そんなレオナも、"天使のレオタード"を試着します。

するとポップから、「そんな格好した賢者がどこにおるか!もっと地味なのにしろ!!」と突っ込まれてしまいました。

漫画では、水着を試着していたレオナでしたが、アニメでは天使のレオタードに変更されたようです。

やはり水着は、露出度が高すぎるのでしょう。

ここからレオナが、様々なコスプレ姿を披露してくれました。これは全て、アニメオリジナルです。

"きぬのエプロン"から始まり、"女商人"、"遊び人の服"、"ネコのぬいぐるみ"まで様々な衣装に着替えるレオナ。

そして最後に、「・・・ま、こんなトコかな・・・!」と、賢者らしい服に着替え終了です。

そしてダイも、気に入った鎧を買いました。

しかし、完全にサイズが合っていない気がします・・・

5階の武器フロアを訪れると、そこにはなんとドラゴンの皮膚をも容易く貫くという、"ドラゴンキラー"が売られていました。

一刀限りの入荷だという"ドラゴンキラー"には値段が付いておらず、オークションが行われるようです。

周りの大人たちに、子供の小遣いじゃ買えないと馬鹿にされたレオナは、ムキになって落札しようと言い出しました。

しかし、相場は15000ゴールドです。手元には16000ゴールドほどありますが・・・

「やめといで・・・!!」

そう言い放ったのは、二人組の占い師の一人でした。

後で明らかになるのですが、老婆は"ナバラ"、若い女性は"メルル"といいます。

自分の力量以上の武器をつけ、強くなった気になりたいバカの仲間などになるなと言うナバラ。

騒然とするその場をメルルが取り繕い、彼女たちは去っていきました。

因みに、占い師のメルルは、ドラクエ4に登場した"ミネア"がモデルになっていると言われています。

突如、身体を震わせるメルル。

占い師である彼女は、何か恐ろしい力を持った生き物がたくさん来ると、危険を察知したようです。

彼女の言う通り、ベンガーナ近海に5本の首を持つ大型モンスター、"ヒドラ"が出現しました。

ベンガーナ兵たちは、大砲の弾を撃ち込みますが・・・"ヒドラ"の硬い身体には、キズ一つ付ける事が出来ません。

そうしていると今度は、砲台の下から"ドラゴン"たちが現れました。

目次に戻る▶▶

キャラクターの必殺技、特徴的なシーンを、アクリルフィギュアで立体再現!「このナイフをきみにあげるわ!」

3.ベンガーナ市街戦

ドラゴンキラーは、18000ゴールドまで吊り上がっていました。

熱くなり冷静さを欠いているレオナは、予算をオーバーしているにもかかわらず、19000ゴールドを提示しようとしますが・・・

とっさにゴメちゃんが口を塞ぎ、事なきを得ます。

レオナは、あんな連中に立派な武器を渡すなんて!と怒っていますが、当のダイはどんな安い武器でも敵に勝てばいいと楽観的です。

どうやら落札したゴッポルという商人は、転売目的で手に入れたようです。

そんなやり取りをしていると、突如、地震のような強い揺れに襲われました。

しかし、これは地震ではありません。表を見ると、魔王軍の超竜軍団が街で大暴れしています。

"ヒドラ"一匹に"ドラゴン"が五匹・・・流石に分が悪そうですが、レオナは戦う決断をしました。

あんな連中でも守ろうとするレオナに、心を打たれたポップ。

レオナの事を見直したという彼は、"ドラゴン"5匹は任せておけと飛び去っていきました。

レオナは、店の人たちの避難誘導にあたります。

ダイもポップに続けと、窓辺に立ちますが・・・鎧の重みにバランスを崩し、地面へと真っ逆さまに落下してしまいました。

その後、なんとか地面に空いた穴から這い出てきたダイは、鎧の必要最低限の部分だけを装着し、その他の部分をその場に脱ぎ捨てて行きました。

ドラゴン5匹と対峙したポップは、そのあまりの迫力に度肝を抜かれてしまいます。

そして、怖気づいてしまったのか、その場から逃げ出してしまいました・・・

一方、デパートから逃げ出たナバラとメルル。

すると、助けを呼ぶ女の子の声が聞こえてきました。

ナバラは、占い師の自分たちが行っても何も出来ないと放っておこうとしますが、メルルは助けに行くつもりです。

占い師の力によって、魔王軍が来る事を人より先に察知し、難を逃れてきた彼女たち。

しかしメルルは、人が傷ついたり死んだりする事が分かっている街を後にして逃げる事が、もう耐えられないのです。

女の子の母親が、大きな岩の下敷きになっていました。

しかし、当然ながらメルルには岩をどかす力などありません。

そうこうしているうちに、ヒドラが目の前まで迫ってきてしまいました。

ヒドラの口から吐かれた炎が、メルルたちを襲いますが・・・間一髪の所で、ダイ"海波斬"を放ち炎を切り裂きました。

目次に戻る▶▶

まとめ

ベンガーナのデパートは、現代とドラクエの世界がうまく融合したつくりでした。

デパ地下で売っていた、スラまんとスラタピは是非とも商品化してほしいですね。

そして、メルルが初登場しました。彼女の今後の活躍が楽しみです。

魔王軍最強と呼ばれる"超竜軍団"と戦うダイたち。果たして、どんな激しい戦いになるのでしょうか?

次回は、第23話『竜の騎士』です

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
『勇者アバンと煉獄の魔王』の単行本がついに発売されました!

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

オススメ記事です

1

ドラゴンクエスト ダイの大冒険の外伝的なスピンオフ作品である、 勇者アバンと獄炎の魔王の第6話 『あぶない魔導書』ネタバレ、感想記事です。 ←前回、第5話『新天地への旅立ち』はこちらから 今回の内容は ...

-アニメ ダイの大冒険

© 2021 ゲームアニメJサイト