漫画 ダイの大冒険

【ネタバレ】漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ・第43話『決着の瞬間・・・!!』

2020-09-18

漫画版ドラゴンクエスト ダイの大冒険の第43話 『決着の瞬間・・・!!』ネタバレ、ストーリー振り返り感想記事です。

※漫画版ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は注意。

前回のあらすじ

 特訓の末、ライデインを百発百中で当てる事が出来る様になったダイとポップ。

彼らは地底魔城への侵入に成功します。

しかし、そこには2人を闘技場へと追い詰めるというヒュンケルの思惑がありました。

一方、マァムは服の中に隠れていたゴメちゃんのおかげで牢屋から抜け出す事に成功します。

ヒュンケルの思惑どうり闘技場へと追い詰められたダイとポップでしたが、そこは地上であり空が見える場所でした。

←前回 第42話『潜入!死の迷宮』はコチラから

ここから本文

 

ダイとポップの前に現れたヒュンケル

ダイの命さえもらえば、マァムは逃がしてやると言っています

そして、ポップにも逃がしてやろうか?と問いました

どうやらヒュンケルの標的は、ダイ1人のようです

剣をふるうまでもないと言うヒュンケルは、剣を抜かずにダイ達を攻撃します

なんとか攻撃をかわすダイとポップ

しかし、これではポップが雨雲を呼ぶ暇がありません

なんとかポップに雨雲を呼ぶ隙を与えるために、ダイは1人でヒュンケルを引き付ける作戦に出ます

ヒュンケルを引き付けるために猛攻を仕掛けるダイ

なんと!以前ヒュンケルと戦った時よりも、ダイの動きは良くなっていました

一度戦ったことのある、ヒュンケルの動きを読んでいるのでしょうか?

一方、牢屋を抜け出したマァムは通気口を通り、外へ出ようとしていました

すると、通路の壁に光が漏れている箇所を見つけます

光が漏れている箇所を調べると、なんとそこには隠し部屋がありました!!

そして、そこには宝箱も・・・

人食箱かもしれない!と、開けることを躊躇するマァムでしたが開けてみる事にしました

宝箱を開けてみたマァムの目に飛び込んできた物は・・・!?

やはり、ダイの動きは以前よりもスピードアップしていました!

たった一度の戦いで自分の動きを読むようになったダイに、ヒュンケルは驚きを隠せません

ヒュンケルの攻撃を正面から食らってしまったダイでしたが、すぐに立ち上がり攻撃に転じます!

驚くヒュンケルでしたが、ダイはバダックに貰ったくさりかたびらを忍ばせていたのでした!!

不意を突かれたヒュンケルに一瞬の隙が生まれました!

そして、ダイはヒュンケルの顔面に飛び膝蹴りを食らわせます!!

顔面への攻撃を喰らったヒュンケルは怒り心頭です!

我慢ならないヒュンケルは額の剣を抜き、息の根を止めにかかります!!

ダイはこの時を狙っていました!

剣を振りかざしたヒュンケル!

ポップの準備は整っています!

ダイの合図と共に、ポップがラナリオンで雷雲を呼びます!!

ヒュンケルの頭上に雷雲が集まります・・・

そしてダイは、ヒュンケルめがけてライデインを放ちました!!

ライデインは見事ヒュンケルに命中しました!!

落雷をうけ、ヒュンケルの体からは煙が立ち上ります!

ヒュンケルに致命傷を与えることが出来たのでしょうか?

次回に続く・・・

まとめ

 ダイとポップの前に現れたヒュンケルの姿は、すでに鎧をまとっていました。

ヒュンケルは、マァムだけでなくポップも逃がしてよいと言います。

ヒュンケルの狙いは、ダイ一人に向けられているようです。

女性であるマァムや、明らかに格下の魔法使いであるポップに手を下すことは、父の教えに背く事になるからでしょうか?

しかし、ダイも一筋縄ではやられません。

一度戦った事のあるヒュンケルの動きを読み、顔面に一撃を食らわす事に成功します。

流石はダイ。アバンが認めるほどの戦闘センスは伊達ではありません。

さらに、狙い通りライデインを食らわせたダイ達。ライデインの直撃を受けたヒュンケルは果たしてどうなったのでしょうか?

そして、マァム開けた宝箱の中身とは?

次回 第44話『ダイ、魔剣に死す・・・!!?』につづきます。

 

記事一覧、サイトマップへはコチラから→

Prime Videoならダウンロードが可能♪いつでもどこでも見たい時に視聴可能です!
全巻カバーイラストを稲田浩司先生が新規描き下ろし!連載時のカラーページを再現収録!ダイの大冒険ファンなら持っておきたい一冊です!

👇最新記事更新をお伝えします♪フォローお願いします!

     ブログランキング・にほんブログ村へ

👆ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

 

-漫画 ダイの大冒険

© 2020 ゲームアニメJサイト